フラワーエッセンスの魅力

フラワーエッセンスや植物の魅力を分かち合う情報を発信しています。
2020年01月 ≪  1234567891011121314151617181920212223242526272829 ≫ 2020年03月
TOP ≫ CATEGORY ≫  その他の会
CATEGORY ≫  その他の会

●月のサイクルと私たち

20190524-fullmoon-plant-780.jpg


先日の満月、

素晴らしかったですね。


あの力強い満月を過ぎ、

今は6月3日(19:03)の

新月に向かって

月が欠けていく流れにあります。
  

浄化(ディトックス)や

不要なものを手放すのに

ぴったりのタイミングです。



新年度が始まり、

新しい時代(元号)も迎えた

時の流れや気運に呼応するように、

ご自身の中でも


新たな始まりを含む

夢や願い、ヴィジョンも

よりはっきりしている頃かもしれません。



そんな時、

太陽や月のめぐりも後押しとして

私たちの毎日に

生かすことができます。


20190524-human-star-780.jpg



私たち自身も

天体の星と同じ要素でできた、

地球という星に生きる

ひとつの生命体です。





満月から新月に向かいながら

不要なものを手放し、


新月に新しい気持ちで

ご自身の目指す方向に向けて行動し

(新月→満月)

満月のタイミングで

自分なりの

成果と言えるものを

受け取る(満月)というように、


月のサイクルを意識して

日々を過ごすことで

毎日がより豊かなものになります。



20190524-star-tree-780.jpg



月のめぐりを意識して

毎日を過ごすことは、

天体(宇宙)とともに生きることであり、

自分もその一部として

どう呼応して生きているのかを知る

ワクワクする「実験」のようなものとも言えるでしょう。




●生まれた時の月の位置が示す性質


占星術では、

誕生時に月がどの星座に位置していたかを

知ることで、自分の潜在的、個人的な性格を知る

ことができると言われています。


誕生時の月の配置は

太陽の配置ほど一般的ではありませんが

(「星占い」は太陽の配置に基づいています)、

検索すると

ご自分の生まれた時の星の配置全体

(ホロスコープ、出生図)を

知ることのできる無料サイトが

いくつもあります。

例:www.astro.com



horoscop780-revised.jpg



月が位置する星座の

キーワードを簡単にあげると、

以下のような面があります。

(参考:『西洋占星術』
 ジャニス・ハントリー、河出書房新社)

---------------------------

おひつじ座の月

苛立ち、激しい反応、
マイペース、押しが強い、
自己中心的、子どもっぽい、
探求心旺盛、精力的、強烈な魅力


おうし座の月

家庭的、実際的、世話好き、
母性的、忍耐強い、
実利主義、細かいことにうるさい


ふたご座の月

移り気、落ち着きのない、
口数が多い、おしゃべり、
高い知性、心の抑制が難しい、
機知に富む半面皮肉屋


かに座の月

傷つきやすさ、シャイ、自信がない、
母親的なものへの強い愛着、
安定志向、堅実な家庭生活、
自由奔放を嫌う、子育てに熱心


しし座の月

演出上手、華やか、派手な反応、
失敗に寛大、賞賛・注目を好む、
認められないと感じた時の強い反応


おとめ座の月

物静か、まじめ、冷静(冷淡)、
細かい日常の仕事で落ち着く、
健康に気を遣う、潔癖症、
内心の混乱とその抑制


てんびん座の月

魅力的、人気がある、頭がよい、
穏やかな外面、社交
時にわがまま、冷淡、
会話好き、良好な人間関係


さそり座の月

深く激しい感情の持ち主、
穏やかな外見の裏の強い感情、
直観力・洞察力に富む


いて座

移ろいやすい、気分屋、
集中力と誠実さに欠ける、
(低俗な)ユーモアセンス、
理想主義、楽天的、
ヒステリック、遊び好き


やぎ座の月

感情の抑制、厳格な母親の影響、
実利的な手段、安定、目的達成の方法、
堅実、根気強い、野心的、自制心に富む


みずがめ座の月

さりげないユーモア、
愛想よいが、親密な人間関係を避ける
独立心、変わり者、独創的な才能、
他人の気持ちに鈍感


うお座の月

夢見がち、豊かな想像力、
神経過敏、目的意識に欠ける、
ロマンチック、詩人肌、直観的、
芸術家肌、現実逃避、不安定な感情、
移り気、無責任、信頼性に欠ける、
やり過ぎの傾向

---------------------------


6moon_500.jpg



また、

生まれた時に

月がどんな形をしていたか

(=月のサイクルの

どのめぐりにあったか)を

知るのも、

自分について

興味深い示唆を与えてくれます。


~●*~〇*~●*~〇*~●*~〇*~●*~〇*

【太陽と月に呼応して
 地球で生きる自分のためのワークショップ】

6月3日(月)新月
11:00〜13:00/19:30〜21:30
「フラワーエッセンス・わたしのための月と太陽のレメディ作り」
主催:mahina pharmacy


夜の会に少し残席があります

~●*~〇*~●*~〇*~●*~〇*~●*~〇*

●太陽と月と私たち

2moon_780.jpg

  
地球に生きる私たちは

天体の星々の影響を

常に受けています。


たくさんの星がある中で

最も身近なのは太陽と月ですね。



4sun_780.jpg




太陽は、

太陽系の中心であり、

太陽の光がなくては

私たちは生きられません。


太陽は地球の生命に不可欠な、

とても大事な存在です。


太陽から受け取る

光の時間の長さと強さによって

季節はめぐっています。


今は太陽が夏至に向かって

徐々に高い位置に上がり、

光の時間も長くなっていく時─


太陽は象徴的に

私たちの意志の力や行動力と

深いつながりがあるので、

今はちょうど

私たちのなかの意志力や行動力が

活発になる時期です。



目標をもって、行動し

努力を重ねていく時。


太陽が一番高く、

日照時間も一番長い

夏至がひとつの節目になります。



夏至を境にして

今度は12月の冬至に向けて

(間に秋分をはさみます)

日照時間は短く、

太陽の高度も低くなり、


それに呼応して

私たちも内省のサイクルに入ります。




1moon_780.jpg



月も、

地球と縁の深い存在。

月は地球の唯一の衛星です。



地球の周りを

約28日周期で回っています。


太陽が私たちの

意志の力や行動力と関連するなら、

月は無意識、潜在意識と関わっています。


占星術では、

月は感情やフィーリング、

反応の仕方や気質をあらわすと言われ、

私たちの性格傾向といった内面と

深いつながりがあります。



一方太陽は、

私たちの自我や個性といった

全体的な性格の核となる本質で、


自己の内面をどのようにとらえ、

人生とどう向き合うのかに

かかわっています。




フラワーエッセンスの開発者、

バッチ博士も

エッセンスを発見した初期に

人間と月の関係に着目した

時期がありました。


私たちが生まれた時に、

月が位置していた星座が

性格のタイプや

人生での目的となすべき仕事、

そのための後押しとなるレメディが

わかると考えたのです。



博士自身はその後

この考えを発展させることはなく、

専門家に任せることにしましたが、

月とのつながりは

私たちにとても大切な、

自分らしく生きるヒントを示していると

言えるでしょう。




4plant_780.jpg



フラワーエッセンスの働きかけは

意識される感情だけでなく、

無意識にも及ぶと言われます。



月のサイクルで

フラワーエッセンスをとっていくことも

無意識の心の領域を含めた

自分との繋がりを強くする

よい方法と言えます。




●月に呼応する自分


新月がスタートのタイミングとすれば、

その約1週間後の上弦をはさみ、

翌週、満月がやってきます。


満月の後、下弦をはさんで

また新月に戻ります。



自分の今のテーマに対して

フラワーエッセンスをとる時、

例えば、2週間~3、4週間を

目安にする場合があるのは、

月のサイクルに

呼応しています。



(一時的な感情の乱れには、

その時の気持ちに対応する

エッセンスを選んで

とることもできます。)



エッセンスをとるだけでなく、

月の満ち欠けで

自分がどう反応しやすいのか

(体調面や心理的な傾向など)を

知っていることも

自分とうまく付き合うヒントになるでしょう。




6moon_500.jpg




満月の時に人は感情的になりやすく、

事故や事件が起こりやすいというのは

良く知られています。

伝説の「狼男」への変身も

満月の夜の出来事ですね。


ついかっとしてしまう、

頭痛がする、気が重くなるなど、

人によって反応はさまざまですが、

月のサイクルに自分はどう反応する傾向があるのかを知っていると、

バランスが多少乱れても

あまり動揺せずにすむでしょう。


必要以上に気にして

自分を責めたり、反省し過ぎて

自己嫌悪に陥るというようなことも少なくなり、


自然に呼応する自分を

笑えるくらいの

心の余裕も出てくるかもしれません。


よりシンプルに

自分や現実の物事をとらえる

助けになります。


~●*~〇*~●*~〇*~●*~〇*~●*~〇*

【太陽と月に呼応して
 地球で生きる自分のためのワークショップ】

6月3日(月)新月
11:00〜13:00/19:30〜21:30
「フラワーエッセンス・わたしのための月と太陽のレメディ作り」
主催:mahina pharmacy


夜の会に残席があります

~●*~〇*~●*~〇*~●*~〇*~●*~〇*

●6月3日(月)新月の「わたしのための月と太陽のレメディ作り」

mahina WS 2019夏至_bs


6月3日(月)の新月、下北沢・マヒナファーマシーさまで

フラワーエッセンスのワークショップを行います。


わたしのための月と太陽のレメディ作り


これまでフラワーエッセンスを

利用してこられた方も

いつもと少し違った視点で

ご自身をとらえ、整える機会として

お役立ていただければと思います。



今回は

事前にバースチャートをご用意し、

太陽と月との関連と、

地球に生きる今の自分という

3つの要素をブレンドした

エッセンスボトルを作ります。




私たちは

生まれる時、

その時間や場所、両親、環境を

選んで生まれてきたと言われます。


baby_mother780.jpg


それを踏まえるなら、

自分が生まれた時、

空に太陽、月、星々が

どの位置にあったのかは、

自分を知る

大切な手がかりになります。



バッチ・フラワーエッセンスの開発者、

バッチ博士もレメディを発見した初期に

誕生時の月の配置に注目した

時期がありました。



stars_780.jpg



夏至の前、

私たちの行動力や意識が活発になる時に

太陽、月、地球と関連する

自分のためのレメディを作ります。



*私たちが生まれた時の

太陽の位置していた星座

(いわゆる星占いの星座です)と、


*月がどの星座に位置して

どんな「かたち」をしていたか

(=満月:まん丸、下弦:半月..というように)、


そして

*地球に生きる今の「わたし」のテーマ


という3つの要素を調和させる

「わたしのためのレメディ」です。



高まる太陽のエネルギーに呼応して

自分の行動力や意識が活発になる時期、

思いや感情も動きやすくなります。


新しい時代の始まりに

気持ちも高揚したり、

逆についていけない感覚も湧いたりと

アップダウンも感じやすいかもしれません。


そんな時にご自分を

宇宙に生きる一存在としてみつめ

地球という星で

自分らしく生きるために

心を整える機会として

お役立ていただければ幸いです。

皆様のご参加をお待ちしています。

詳細/お申込み>>


horoscop780.jpg

●春のフラワーカード・ミニリーディング セッション

blue-sakura-500x.jpg


下北沢・マヒナファーマシーさんの

恒例イベント「月の春じたく展」で

4月13日(土)、17日(水)に

フラワーエッセンスの

フラワーカード・ミニリーディング セッションを予定しています。

13日(土) 17:30~18:00 の時間枠が空いています。

ご興味おありの方、詳細はこちらになります。

ご都合よろしければ、ぜひおでかけください。

新たなスタートに光を・こころを整える
  フラワーカードリーディング



花のカードを通じてご一緒に新しい方向性を
感じ取っていけることを楽しみにしています。


mahina 2019 spring-500x

●月のサイクルとともに

moon01.jpg


「月占い」というのを

ご存知ですか?


通常の「星占い」は

生まれた時、

太陽がどの星座にあったかを

基礎にしています。


この「月占い」は

生まれた時の

月の「かたち」(月相)で

性格と運勢がわかるというものです。


ご存知のように

月は新月から満月へ、満月から新月へと

満ち欠けを繰り返しています。


この「月占い」では

およそ30日周期で満ち欠けを繰り返す

月のサイクルを8つに分け、

人間の性格を8タイプに分類しています。



月のサイクルと呼応する

人間の性質を考える上で

とても興味深いと思います。


その時期と性格を

簡単にキーワードをご紹介しますね。


-----------------------------------

1.ニュームーン
 (新月~3日目)
*新月。闇から生まれる
生まれたばかりの赤ちゃんのような
ピュアなエネルギー

2.クレセント ムーン
 (4~6日目)
*三日月の期間。
旺盛な好奇心、活動的、
過去に引っ張られる、
自信のなさ

3.ファースト クウォーター
 (7~10日目)
*上弦の月の期間。
アクティブ、生涯を乗り越えようとする
強いパワー

4.ギバウス ムーン
 (11~14日目)
*満月に向かう期間
豊かなバランス感覚、品の良さ、
「まだ足りない」という欲求

5.フルムーン
 (15日目・満月~18日目)
*満月の期間。
大きな存在感、自己矛盾、
客観性

6.ディセミネイティング ムーン
 (19~22日目)
*ディセミネイティング=種まきの意。
得たものを社会に還元する、
人の世話をする

7.サード クウォーター
 (23~25日目)
*下弦の月の期間。
社会性、名より実を取る大人、
常識に縛られる

8.バスサミック ムーン
 (26~29日目)
*月が闇に消えていく期間。
幻想的な雰囲気、ロマンチスト、
優れた直観力、豊かな感受性
スピリチュアルなものにひかれる

-----------------------------------


アメリカの伝説的な占星術家、
D.ルディア(Dane Rudhyar, 1895-1985)が
生み出したと言われています。



2moon_780.jpg





満月に生まれた人は、

「5.フルムーン」のサイクルにあり、

華やかでアピール上手。


新月生まれの人は、

「1.ニュームーン」のサイクルで、

正直で行動的と説明されています。


12星座より納得する方もいるそうです。


ご自身の月齢を調べるには

月占い」「月齢」「バースデームーン」などで

検索してみてください。

いくつかWebページが出てきます。





3plant_780.jpg



例えば私の誕生日は

満月直前の

「ギバウス ムーン」というサイクルに当たります。

このサイクルは、

満月に近づく=機が熟し物事が完成に

近づくことから

バランス感覚にすぐれる半面、

完成に向けて「まだ足りない」という

欲求不満の状態も示すとのこと。


この占いを知ったのはずいぶん前になりますが、

腑に落ちる感覚がありました。


世の中には占星術、九星気学をはじめ、

伝統ある占いが数多くあります。


「当たる・当たらない」と実感する

程度の差や

ご本人との相性もあるかもしれませんが、

ピッタリくると感じるものは

自分を知るきっかけになりますね。


(もしかしたら、ピンとこないものもそうなのかもしれません。

自分の影になっている認めたくない面もあるでしょうから..)


占いの内容を

妄信する代わりに、

自分の潜在的な一要素を示す可能性や

青写真ととらえて

役立てていけたらと思います。


自分をより深く知り、

自然と呼応して生きる手立てとして

生かしていきたいものです。


占いの始まりも、昔の賢人たちが

自然界の神羅万象、

天の氣、地の氣、人の氣を

よーく観察してまとめ上げた

データの結果であり、

ひとつの学問なのですから。
  


ご自身の月相は何でしょう?

ご興味持たれたら、チェックしてみてくださいね。


今日は上弦、満月に向かって満ちていくタイミングです。


太陽や月のサイクル、天体の星々の力も受け取りながら

こころもからだも、自然に沿って日々を過ごしたいですね。

どうぞお元気でお過ごしください。


参考書籍:『月占い』 鏡リュウジ、武田ランダムハウスジャパン


mahina_ws_moon.png


2019年3月~(全4回)
~月のサイクルで
フラワーエッセンスを体験する4回コース~
わたしに出会うフラワーエッセンスシリーズ vol.9
宇宙の時間軸を月と共に生きるフラワーエッセンス」

主催: mahina pharmacy

残席わずかになりました。 満席となりました。次回は秋に開催予定です。

詳細はこちらからご覧いただけます
Thank you.
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ