フラワーエッセンスの魅力

フラワーエッセンスや植物の魅力を分かち合う情報を発信しています。
2020年01月 ≪  1234567891011121314151617181920212223242526272829 ≫ 2020年03月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ■ 講座・ワークショップ

●【ご感想】新読書会「7ヘルパーズ」第3回

stained-glass-780.jpg


先日、

バッチのフラワーレメディー

植物のかたちとはたらき
』の

リアル読書会、

7ヘルパーズ」第3回(最終回)が

終わりました。>>

Web講座は22日(日)実施予定【お申込受付中】です>>


ご感想をご許可をいただき、

紹介いたします。


~・*~・*~・*~・*~・*~・*

●ご感想

先日はありがとうございました!

いつもながら、ジェスチャーから

お花のことを読み取るのは

とても勉強になります。


ロックウォーター

お花という制限から離れて、

というのは、なるほど、と思いました。


あと、セカンド19の意味づけが

今ひとつハッキリ分かっていなかったので、

それを知れて良かったです。


ワイルドオート

中心に備えた図についての

発想はとても素晴らしいし、

その通りなのでは、と思いました。


特に自分に共感するレメディというのは

ありませんでしたが、

とても興味深かったです。


動画を毎回見れるのも

とても勉強になりますし、

とても嬉しいです。

~・*~・*~・*~・*~・*~・*

Y.M.さま、ありがとうございます。

バッチ博士が

ソットウェルに移った後

ワイルド・オートを発見し、

翌年の春の初めから

セカンド19」のレメディを

発見していく過程は

本当にワクワクしますね。

次回からの新シリーズ

よろしくお願いいたします。


来年1月から

いよいよ本格的に

セカンド19」を読み進めていきます。

明日、12月21日(日)まで

おまとめでのお申込みは

会費が早期割引価格となります。

どうぞご活用ください。

second-19-780.png

2020年1月19日(日)スタート
~ ・*~・*~・*~・*~・*
新読書会:
『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』(F&F)
「自由への探求~その先のバッチフラワーエッセンス」(Part 3)

~・*~・*~・*~・*~・*

●【ご感想】月と太陽のフラワーカード・ミニリーディング

mahina-flower1-780.jpg



先日、「月の冬じたく展」

@mahina pharmacy

フラワーカード・ミニリーディング

第1日目が終了しました。

ご参加くださった皆さま、

ありがとうございました。


ご許可をいただいた方のご感想を

ご紹介します。

~*・~*・~*・~*・~*・

●ご感想

「同じところをグルグル回っていて、

抜けられない」というつらさから

抜けるきっかけになったように思えます。

巫女の託宣をきくような、

メディスンマンの治療を受けているような

心持になりました。

(そういった経験はないのですが…)

古代の神社はこういう感じ

だったのではないでしょうか?

自分でもなんとなく

フラワーエッセンスを使っていますが、

この日に作ったトリートメントボトルには、

特別な何かを感じます。

「前に進むきっかけがほしい」

「今の自分を客観的に見たい」という人に

オススメです!


この日のトリートメントボトル、

ポーチに携帯して気軽に使っています。

ありがとうございます。

~*・~*・~*・~*・~*・

N.U.さま、

グルグルしたところから

抜け出すきっかけになったとのこと、

お聞かせいただきありがとうございます。


花のカードを引くという

ささやかな行為ですが、

それを通して

本来のご自身や

より大きな世界との繋がりを

確認する機会として

お役立ていただけたら

これ以上嬉しいことはありません。

ご参加ありがとうございました。


2020年1月22日(水)10:30~12:30
フラワーエッセンス体験ワークショップ

●新読書会「7ヘルパーズ」第3回、ご参加ありがとうございました

Wild Oat armin-780


先日の日曜日、

バッチのフラワーレメディー

植物のかたちとはたらき


(ジュリアン・バーナード)

読書会(リアル講座)
が終わりました。

ご参加くださった皆様、

ありがとうございました。

Web講座は22日(日)実施予定【お申込受付中】です>>

7ヘルパーズ」最後のレメディ

ワイルド・オートを読み、

いよいよ「セカンド19」に入りました。


「セカンド19」は、

バッチ博士が1934年に

ソットウェルに移った翌年、

約5か月間で作られた19種類の

レメディ・グループです。


bach-centre-780.jpg


動画の中で

著者ジュリアン・バーナード氏は、

植物のかたちの見方は

3つの発見順のグループによって

異なると説明しています。


3つのグループの中で、

セカンド19」は

物事に対する反応として

経験するものであり、

生活の中での複雑さや

独自性に関わる経験に由来しています。


second-19-first-3-780.png


12ヒーラーズ」の植物のように、

ジェスチャーが

そのままタイプに直接

結びつく場合だけではありません。

神話や物語、象徴性からも

掘り下げられるでしょう。


バッチ博士がセカンド19のレメディを

これまでのものとは

違う次元に作用する
」と考え、

より精神的、霊的に働きかけ、

人の心に必ず宿っている

大いなる自己が成長する助けとなる


と記したレメディ・グループです。


1月からまたご一緒に読み進めていけることを

心から楽しみにしています。

お申込み、受付中です。>>

★21日までのおまとめでのお申込みには
早期申込み割引があります。ご利用ください。
>>


■1月からの新読書会(Part 3)
 「セカンド19」>>


second-19-780.png


★今回の内容をWeb講座でご参加いただけます
 新読書会(Part 2)「7ヘルパーズ」第3回
 (ワイルド・オート、チェリー・プラム、エルム >>

dodkushokai-7helpers-780.png

●明日は満月!

moonlight-tree-780.jpg


明日は満月ですね。

冬至前の満月で、



ふたご座の位置にあります。


占星術で、

ふたご座のキーワードとしてあげられているのは、

情報、コミュニケーション、

創意工夫、軽快なフットワークなど。


sunlight-flower-780.jpg


一方、満月

物事の節目ゴール

実りを受け取る収穫の日にあたります。


明日のふたご座の満月

生かすとしたら、

自分のコミュニケーションのしかた

(人との関係性)や

情報の扱い方

(受け取り方や

発信・表現のしかた)などを振り返り、

得られる実りを受けとること。

あらためて創意工夫の

可能性をさぐること。

そして、欠けていく新月に向けて

不要なものを手放し、

物事をシンプルにしていくことのように

思えます。


sunlight-flower-yellow-780.jpg


加えて、

太陽星座を踏まえて

月のめぐりをとらえることも

とても興味深く、参考になります。


そのタイミングが

自分にとって

どのような方向性を持つのかを

知ることができるからです。


gemini.png


例えば、

明日(ふたご座の満月)、

ふたご座の人なら

特別な時間を過ごす日に

なるようです。

人生の大きな節目になる

可能性の高い日です。


おうし座の人にとっては

これまでの願い

(特にお金やものに関わるような物質的なこと)に

向けた努力が実る時であり、また

そのような「欲」を手放す時でもあります。


すこし詳しく見ていくと

太陽星座によって

月のめぐりには

それぞれ意味合いがあり、

そのタイミングは

月の周期、約28日ごとに

やってきます。


flower-card-01-2.jpg


毎日を忙しく生きる私たちに

この情報はとても役立つように思えます。


これを

今回の花のカードリーディングに

盛り込みました。


盛りだくさんの内容になりますが、笑

明日と21日(土)の

月と太陽の

フラワーカード・ミニリーディング
」では

月のめぐりと太陽星座もふまえて

花のカードをご一緒に読み解きます。


holly-berry2-780.jpg


植物

月と太陽のもとで

ともに生きる存在です。


冬至という

大きな節目の前に

導き出される花のメッセージを

楽しみにしています。


自分を整え、

冬至を良きタイミングとして

自分らしい、新たな一年を始めるヒントに

お役立てください。


スケジュール帳をご持参ださいね。✨


mahina-flowrcard-reading-780.png

冬至からのはじまり
~月と太陽のフラワーカード・ミニリーディング

  @ mahina pharmacy


12月12日(木)、12月21日(土) ※要予約

※残席状況
*12日(木)17:30〜
*21日(土)15:30〜 / 17:30〜

詳細 >>  お申込み>>

●【ご感想】新読書会 part2 「7ヘルパーズ」第2回

vine4-780.jpg


11月の

バッチのフラワーレメディー
 植物のかたちとはたらき』読書会では

7ヘルパーズ」の

ヘザー、ロック・ウォーターと、

ヴァインオリーブを読みました。

ご感想をご許可をいただき

紹介させていただきます。


~・.*~~・.*~~・.*~~・.*~

*一番印象に残ったこと

7ヘルパーズは、

生きるために対処してきたパターンを

表しているということです。

大きな視点を持てず、

目の前の出来事だけに反応する癖、

とても思い当たります。


バッチ博士が

花ではないロックウォーターのレメディを

作った後の変化が

興味深く思いました。


水の自由な形態は

いろいろな凝り固まった

信念を緩めてくれるようです。


rockwater99-780.jpg



*一番共感したレメディについて

枝を切られ

人間の都合の良いように

成長をコントロールされても

それに応え

与え続けるヴァインの生命力です。


そのような過程を改めて本で読むと、

ヴァインのマイナス状態も

理解できるような気がします。


コントロールは

新たなコントロールを生み出してしまう。

そんなことを感じながら

自分自身を省みたり

周りの状況を考えていました。


*全体のご感想

本の内容を理解するのはとても大切ですが、

それ以上にみなさんの何気ない会話から

理解が深まったり確認できたりするのが

私にとってかけがえのない時間です。


正解があるようでない、

理解できたようで

まだまだ全く分かっていなかったり、

いろいろなことが

あるときパッと繋がったり。


いろいろな学びが

周辺から中心に向かっているように感じています。


trees01-780.jpg



~・.*~~・.*~~・.*~~・.*~

K.T.さま、
ありがとうございます。



上のご感想にもありましたが、

バッチフラワーの中には

有史以前からの長い間、

人間が都合の良いように

栽培(コントロール)しても、

それに応えて

与え続けてくれる植物が

いくつかあります。

ヴァイン(ブドウ)もその1つです。


そのような植物の

寛大さや

たくましい生命力に

私たちはどれだけ助けられ、

養われているのかと思う時、

「コントロールしている」

つもりになっている

人間の小ささも感じます。


植物や

それをはぐくむ自然界への

深い感謝とともに、

共生を願う気持ちは

一層強くなります。


これも調和(合一)への

プロセスと言えるのでしょう。

忘れずにいたい、大切な点です。

バッチ博士の言葉も

思い出されます。

願わくは、人間の癒しのために、

野にハーブを授け給うた

慈悲深き神に、

人々がつねに感謝を捧げんことを。


エドワード・バッチ
『汝自身を解放せよ』(1932年)より


0607_b00k_780.jpg




今月の読書会では、

7ヘルパーズ」最後の

ワイルド・オートを読み、

いよいよ「セカンド19」の

レメディを読み始めます。


1名様の残席があります。

ピンときた方、どうぞご参加ください。

皆さまのご参加をお待ちしています。 

12月15日(日)13時から

dodkushokai-7helpers-780.png

 詳細 >>  お申込み>>

来年の日程 >>
Thank you.
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ