フラワーエッセンスの魅力

フラワーエッセンスや植物の魅力を分かち合う情報を発信しています。
2020年01月 ≪  1234567891011121314151617181920212223242526272829 ≫ 2020年03月
TOP ≫ CATEGORY ≫  関連の話題
CATEGORY ≫  関連の話題

●フラワーエッセンスの示す可能性

20150402_01.jpg 20150402_02.jpg

昨日から4月になり、気分がすっかり変わりました。
さすが4月1日、始まりの日です。

学生から社会人へと新しいスタートを切った方も多い日。
今年は桜が満開の華やかな初日になりましたね。
おめでとうございます。

 
わたしもちょうど15年前の昨日から
フラワーエッセンスに関わる仕事を始めました。

とてもたくさんの方にお世話になり、教えを受け、
多くの意味深い経験をさせていただいてきました。

今は会えない人もいるけれど、きっとまた笑顔で会えると
信じています。この世界でも、もう一つの世界でも―。
 
20150402_03.jpg 20150402_04.png

フラワーエッセンスを学び始めた頃、ある方の講義の中で、
フラワーエッセンスはその人の可能性を示している、という
お話を聞きました。

この時聞いたことが、わたしのフラワーエッセンスに関わる
理由であり、原点です。
 
フラワーレメディー、フラワーエッセンスは、通常心理的な
不調和に対応する種類を選び、心がバランスを取り戻す助け
として利用されます。
 
それが開発者のバッチ博士の説明された基本的な使い方です。
 
講座であの時先生が語られていたのは、不調和な状態は常に
調和のとれた状態への可能性を示している、ということでした。

その要素がなければ、不調和な状態にさえ
なりようがないのだと―。

この視点で苦しい心の状態をとらえれば、それも肯定的に、
少し楽観的に受けとめられます。
と同時に、わたしはこの時の内容をただの「とらえ方」ではなく、
「事実」として受け取りました。

何の要素もなければ、不調和な状態さえ起こり得ないからです。
 
そしてこの時から、フラワーエッセンスに対するわたしの視点は、
「不調和な状態を改善するためのレメディー」から一歩進み、
「この不調和な状態を持つ自分の本質は何か」という
自己探求の視点に変わりました。

20150402_05.jpg

単にマイナスからプラスに変える作用を持つ以上に、
全体的なバランスを取るためのエッセンスという認識に
変わったのです。

この探求は今も続いています。
 
告白すれば、自分の中の不器用で未熟で足りない点は、
今も昔もあまり変わっていません。

「フラワーエッセンスを知っているのに!」という声が
どこからか聞こえてきますが、足りない点にばかり注意を向けて
自分を追い詰めることは少なくなったとは言えるかもしれません。

その意味で、フラワーエッセンスは別人になるような、
理想形の自分になるための「魔法の薬」ではなく、
自分を受け入れ、仲良くなるために寄り添ってくれる仲間のような
存在です。
 
自分自身を癒すこと、とバッチ博士は記されましたが、
その癒しには、自分を好きになり、受けとめ、
自分との関係をよくすることが含まれているように
思います。

そしてそれがきっと、全ての始まりなのです。
 
こんなことを思いながら、4月の初日を迎えました。

これまでお世話になった皆さま、ともに学んでいる仲間の
皆さまに心から感謝いたします。ありがとうございます。

20150402_06.jpg
 
またフラワーエッセンスを実用的に使うための講座を
させていただこうと思っています。

後日ご案内させていただきます。

●光の世界へ

【光の世界へ】

20141017_01s.jpg

10月13日 『フラワーエッセンスヒーリング バッチ花療法 光の中へ』
(説話社刊)の著者であるホワード(上野)七歩子さんが光の世界へ
旅立たれました。

ことほぎの香りのHPのコラムに訃報が掲載されました。

●今を生きること

20141016.jpg


幸福になる ほんとうの秘けつ


それは 現在に生きること


いつまでも 過去のことを 悔んだり


未来を思いわずらったりしていないで


今 この瞬間から


最大限の 喜びを さがすこと


         ― ウェブスター




●心の声―自己批判

20140831_04.jpg

前回の投稿で、自己批判の思いにとらわれたことをお話しました。

自分を否定する思いや厳しい判断を下す思考はよくエゴの声と呼ばれ、
自分の本当の性質とは異質なものです。
私たちの本質は調和であり、愛である、とフラワーレメディーの
開発者のバッチ博士も記しています。

20140831_08.jpg

一方で、心(マインド)には思考や感情が含まれ、否定的な
ものの見方や感じ方、心地よくない感情と深い関わりがあります。

自分や人に対する批判的な見方はこのマインドで起こっています。
けれど、そのマインドを悪ものにするのではなく、それも現実に
あるものと受けとめてバランスが取れたら最高です。

あるものを無理やり消し去ろうとするより、できれば仲良くしたいと
思います。あっても気にならなくなるように…。
その方法のひとつが不愉快な感情や思いを感じ切るということでした。

これはやってみると本当に不思議と心が軽くなるのでおすすめです。
チャレンジは変わらずあり続けても、その事に対する自分自身の感覚が
変化します。
とらわれる度合いがかなり減って少し心に余裕が生まれます。
私の場合は良い意味で「しかたがない」と手放してお任せするような
感覚になります。
気持ちが軽くなった分、別の見方をするようになったり、現実的な
行動パターンを変える気持ちも出てきます。

20140831_01.jpg

この過程でフラワーレメディー(エッセンス)は力強いサポートに
なります。自分とより仲良しになる後押しとして役立つのです。

自己批判をしている時に助けになるレメディーは、状況によって
いろいろ考えられますが、いくつかご紹介します。

レメディーは美しい音楽のように…

0-drop-2.jpg

バッチ博士の言葉に
レメディーは、美しい音楽のように、あるいは
インスピレーションを与え、気持ちを素晴らしく高揚させる
あらゆるものと同じように、まさに人間の本性を高め、
魂の近くへと引き上げる力を備えています。
この働きによってこそ、心に平和がもたらされ、
苦痛を和らげることができるのです

という記述があります。

この数週間、レメディーは博士の言葉の通り、
美しい音楽のようだと思いながら過ごしました。

Thank you.
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ