フラワーエッセンスの魅力

フラワーエッセンスや植物の魅力を分かち合う情報を発信しています。
2020年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2020年05月
TOP こんな時にエッセンスを ≫ ●8月2日(水)フラワーエッセンス体験ワークショップ【詳細】

●8月2日(水)フラワーエッセンス体験ワークショップ【詳細】

Aug2_photo.jpg



「幸せ?」と聞かれたら

あなたは何と答えますか?



「幸せ」と答える人が

多いかもしれません。



「足るを知る」という言葉も

あります。



どんな時も

今与えられている物事に

感謝して過ごすのは

大事ですね。




けれどその一方で、



言葉に表現しにくい

「満たされない」感覚があることも

多いように思います。





一人になると

どこからか湧いて来る不安..




このままでいいのかな、


自分はどうしたらいいのだろう、


いつまでこんな気持ちを持ち続けるのか、


何を変えたらいいのかわからない、など..。





人といる時は

楽しい話をして

気分よく

忘れてるけど、



一人になると

湧いて来る不安な気持ち..






そんな不安が

習慣になってしまうと、


気づかぬうちに

大きなストレスとなって

日常の気分や行動に

影響するようになります。



苦しくなって初めて

それまで無意識だったことを

意識的に見る気になる




「見て見ぬふりはできない」と

感じるようになるのです。




もしあなたが今

そんな気持ちを持っていたら


ぜひフラワーエッセンスを

体験してみてください。


000_004.jpg


フラワーエッセンスは、

80年前にイギリスの医師、

エドワード・バッチ博士によって

完成された植物療法です。



36種の植物と石清水を使い、

マイナスに傾いた心を、

調和のとれた状態へと調整し、



その人が本来の魅力や実力を

発揮できるように働きかけます。


・感情を受け止めることができる

・「良くない」面からではなく、
 物事の全体をみることができる

・自分の欠点ではなく、
 長所を見直すことができる

・心が穏やかになり、
 日々を軽やかに過ごすことができる

・リラックスして
 人と接することができる




わたし自身

「何かが違う」

「もう見ないふりはできない」と

感じたのは20代後半~30代前半でした。



当時、

恵まれた条件の会社に勤め

申し分のない

「幸せな」毎日を

過ごしているはずでした。



年に2週間

連続した休暇がとれたので


毎年旅行を楽んで

好きな美術館を訪れていました。




仕事は忙しく

ストレスもありましたが、

それ以上に恵まれた面があったのです。


monet home



けれど、

その一方で

いつもどこかに

満たされない感覚があり、



自信がなく、

このままでいいのだろうか、と

思っていました。



人といるのは楽しいけれど

どこか疲れてもいました。



(自信がないので、

それも自然な事なのですが。)



それから何度も

この気持ちを繰り返しました。






「このままでいいのか」という

漠然とした気持ちは


何かのきっかけで

必ず

「もう見ないふりはできない」という

切羽詰まった

ギリギリの感覚に変わっていきます。




「もう見ないふりはできない」という

気持ちは



これから自分らしく

さらに変化し

成長していくための

予兆(サイン)であり

背中を押してくれる

後押しです。



201708_ws案内写真1_2



わたしは

「もうこのままではいけない」

自分らしく生きるにはどうしたらよいのか、と

模索している時に

フラワーエッセンスに出会いました。





それまでの

自分なりの努力では


自信がない面を乗り越えられず、


自分を否定し

自分には価値がないという思いを


変えることができませんでした。






自分を受け入れ、好きになるために、

いろいろなセラピーやワークショップに

参加しました。



けれど、


どれだけすばらしいセラピーや

ワークショップを受けても、


時間がたてばもとの

思考パターンや感じ方に

戻ってしまう。



そんな自分がいやで、

自分を責めるサイクルに陥ることも

あるなかで

フラワーエッセンスに出会ったのです。





エッセンスをのみながら

エッセンスについて学び、

その時々の感情や思考パターンを

受け止めることで、


少しずつ自分を責めるのをやめ、

受け入れる方向へと道筋ができていきました。





もちろん今でも

ネガティブな思いが湧くことはあります。



失敗や間違えも多くあります。



が、反省し、

その時の心理状態に対応する

エッセンスをとることで、



自分や周りを責めたり、傷つける

感情にはまり込み続けず、


現実や自分(他者)の思いも受け止めて

今に集中できるよう

意識を切り替えることができます。







「もう見ないふりはできない」という思いは

変化への後押しです。




これまで

「見ないふり」をしてきた部分を

きちんと「見よう」と

心の準備が整った

サインと言えるのです。




door open 2





フラワーエッセンスは、

本当の自分と調和の取れていない

状況を脱し、


今本当に必要なことに目を向ける

後押しになります。




開発者のエドワード・バッチ博士は、

外科医、内科医を経て、


免疫学の研究で高い評価を得た

有名な医師でした。


腸内細菌が健康にとって重要であることを、

今では多くの人が知っていますが、


博士は80年以上前(日本では大正時代)に、

慢性病やガンと腸内細菌の関係について

論文を発表し、レメディー(治療薬)を開発

しました。




その博士が最終的に気づいたのが、

病気に対する心理状態の影響でした。



病気の根本的な原因は、

ネガティブな感情、心の状態にあると考え、

それを調整するものを、自然の野山に育つ

野草(ハーブ)に見出したのです。




フラワーエッセンスは薬ではないので、

副作用や依存性もなく、

アロマテラピーのように、香りもありません。


自然豊かな場所に育つ植物の生命力を

役立てる植物療法です。


*当日はこんなことを学びます

 ・「もう見ないふりはできない」心に向き合う

 ・助けとなるフラワーエッセンスの紹介

 ・不調和な心の状態からわかる、本来の可能性

 ・心を整える植物療法「フラワーエッセンス」の説明と使用法

 ・成り立ちと開発者、英国人医師バッチ博士

 ・あなたに寄り添う植物をみつける

 ・花が示すこと




このワークショップでは、

今のご自分に必要なフラワーエッセンスを選び、

トリートメント・ボトル作っていただきます。



作ったボトルを持ち帰り、

実際に活用し

ご自分の変化を感じることができます。




*このワークショップで・・・

 ・心の中で蓋をしてきた事柄に意識的になれます

 ・「見ないふり」から「取り組む」自分への

  心の変化を感じ取ります

 ・本当の問題を前向きにとらえ

  向き合っていくきっかけを得られます

 ・気持ちが落ち着きます

 ・自分の感覚を信頼する気持ちが湧いてきます





●「もう見ないふりはできない」と感じている人のための
  フラワーエッセンス体験ワークショップ」

 講 師: 谷口みよ子
     (フラワーエッセンス講師・訳者・プラクティショナー)

 持ち物: 筆記用具

 日 時: 8月2日(水)19:00~21:00

 会 場: JR新宿/代々木駅から徒歩5分
     (アクセスの詳細をお申込確認メールでお知らせします)

 会 費:
 【早期お申込み・7月22日(土)まで】
   3,000円
 【7月23日(日・新月)以降】
   3,500円  
 (いずれも税込み、テキスト、調合ボトルのおみやげ付)

 持ち物: 筆記用具

 主 催: フラワーエッセンスの魅力|スペースハナ 

      
 お申込み >>
 

20170108_essence bottles
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

Thank you.
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ