フラワーエッセンスの魅力

フラワーエッセンスや植物の魅力を分かち合う情報を発信しています。
2020年01月 ≪  1234567891011121314151617181920212223242526272829 ≫ 2020年03月
TOP■ 好きなモノ・コト、思う事 ≫ ●本『自然との対話 木や草花、動物たちとつながる生き方』2

●本『自然との対話 木や草花、動物たちとつながる生き方』2

flower_1.jpg


『自然との対話

 草や草花、動物たちと

 つながる生き方』

イレーネ・ファン・リッペ=ビースターフェルト著

風雲舎



この本の著者

イレーネ王女は

1939年(日本では昭和14年)



ちょうど

第二次世界対戦が

始まった年、

オランダに生まれました。




世界中が戦争で

闇に包まれていた時代に

成長し、


結婚後はスペイン人の夫と

スペインで

社会活動に取り組みました。


離婚後

4人の子どもを抱えて

オランダに戻り、
  

シングルマザーの
  
キャリアウーマンに

なったそうです。

  
車の運転さえ

したことのなかった

王女が

さまざまな問題に直面し、
    
苦難を乗り越えるために、
     
自己成長のための

ワークショップを

受けるようになったとのこと。
     
  
生まれは違っても、
  
人生の悩みが

きっかけとなって
  
  
自分を探求し
  
成長の道筋を探す
  
プロセスは、
   
私たちと変わりはないように思えます。



華やかな暮らしを

しているように見えても、

とても孤独だった幼少期、


寂しさを慰めたのが

木や草花、虫などの

自然界の生き物だったそうです。


大人になって

問題を乗り越え、

本気で自分の人生を

生きようと決心した時、

心の世界を探求するのと同時に
  
幼いころから感じていた

自然との

絆を深めていったのは

とても自然なことでした。



。*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・


フラワーエッセンスを

使っていると、


気分が落ち着いて、

自然と自分の問題に取り組む

前向きな気持ちが湧いてきますが、



興味深いのは、

それだけでなく



まわりの自然に

目が向くようになることです。



道端に咲く草花が気になったり、

太陽の光に感謝できたり、

天気や季節の変化に対する

気持ちがが変わったり・・



「たいへんな自分」という

殻に閉じこもった心が

自由になって

広い世界へと

視点が変わり、

視野が広がります。



「自然の一部」という

見方が自然とよみがえってくるのも

フラワーエッセンスの

働きかけと言えます。


。*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・

7月のフラワーエッセンス体験ワークショップ


体験WS_0704s


*日時 2017年7月4日(火)
    10:00~12:00

*場所 港区北青山にて
   (地下鉄「青山一丁目」駅から徒歩2分)

*会費
  3,500円  
(いずれも税込み、テキスト、調合ボトルのおみやげ付)

*内容
 ・自分ばかりが損をしていると思う心
 ・「自分は不幸だ」という思いから
  自由になるアプローチ
 ・心を整える植物療法「フラワーエッセンス」の説明と使用法
 ・成り立ちと開発者、英国人医師バッチ博士
 ・あなたに寄り添う植物をみつける
 ・花が示すこと

 詳 細 >>   お申込み >>
 
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

Thank you.
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ