フラワーエッセンスの魅力

フラワーエッセンスや植物の魅力を分かち合う情報を発信しています。
2020年01月 ≪  1234567891011121314151617181920212223242526272829 ≫ 2020年03月
TOP■ 好きなモノ・コト、思う事 ≫ ●シュタイナーの宇宙観に包まれた夜

●シュタイナーの宇宙観に包まれた夜

20141114_002.jpg

先日、mahina pharmacyが主催するシュタイナーのワークショップ
『冬至、星の道をたどって?シュタイナーの思想から』に参加させて
いただきました。

講師は、仙台でシュタイナー虹のこども園を主宰する虹乃美稀子さん。
相変わらず、素敵なお話しに、心がゆったりほどけていきました。

シュタイナーの世界観は難解なことも多いと思いますが、みきこさんが
日頃子供たちとの体験を例に挙げてお話ししてくださるので、本当に
いつもわかりやすく、その世界に自然と身を置くことができます。

アタマで理解するのではなく感じること、そして日常から少し離れた
視点で物事をとらえることが、本当に自然とできるのです。

今はちょうど冬至に向かって闇が深くなる時...。シュタイナーは闇を
青色ととらえていたとのこと。この季節、子ども園では
トランスパレントで折り紙をして、青色の星を作るのだそうです。



みきこさんのお話しを伺いながら、私たちもこの青い星づくりを
しました。
そして、季節がめぐっているように、宇宙の存在はすべて
めぐりめぐっていることに、あらためて思いをはせながら、
みつろうろうそくを作りました。
みきこさんの講座はいつもそうなのですが、童心にかえる、
楽しく安らかな時間です。

20141114_001.jpg

シュタイナーはバッチ博士とほぼ同時代に生きた人です。
二人の生きた時代はちょうど今と同じように、大変化の困難な
時代でした。
彼らの世界観(宇宙観)は、私たちが今の時代を生きる
ヒントとして、きっと参考になるでしょう。

このテーマで、来年の響探求会でみきこさんにお話し
いただこうと思います。
おもにシュタイナーの英知と、それに基づいて運営されている
施設を視察して感じられたことなども含め、私たちが日々を
調和的に過ごすヒントを得られればと思っています。

とても楽しみです。詳細が決まりましたら、またお知らせしますね。

寒くなりました。暖かくしてお過ごしください。

20141115_01.jpg

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

Thank you.
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ