フラワーエッセンスの魅力

フラワーエッセンスや植物の魅力を分かち合う情報を発信しています。
2020年01月 ≪  1234567891011121314151617181920212223242526272829 ≫ 2020年03月
TOP 体験スペシャル講座 ≫ ●7月4日(火)体験ワークショップのお知らせ

●7月4日(火)体験ワークショップのお知らせ

体験WS_0704s



こんな気持ちになることはありませんか? 


・人生は不公平だ

・わたしばかりが損をしている

・どうしてこんなことを
 しなければならないのか

・意地悪な考えが思い浮かぶ

・楽しい会話で
 つい暗い話をする

・周りの人が楽しそうに
 しているのとイラっとする

・不満でいっぱい

・物事のマイナス面ばかり目につく

・物質的な幸せや見た目の
 美しさが大事

・人が成功を自分と比較して悔しくなる


12.jpg



多かれ少なかれ

私たちはこんな思いを

抱くことがあります。



けれど、その気持ちにフォーカスすると

苦しいので、


たいていは焦点を当てず

できるだけ穏便に過ごそうとします。



でも、



焦点を当てないだけでは

やがて済まないことも

出てきます。




長い間

そんな思いを持ち続けていたら、



だんだんと見ないふりが

できなくなります。



ストレスに押しつぶされそうになったり、

それが

体の不調につながることも

多いものです。



要所でマイナスの思いや感情を

整理して手放す必要があります。


1.jpg



フラワーエッセンスは

心を整え、

本来の魅力や実力を

発揮できるようにうながす

英国生まれの植物療法です。



7月のフラワーエッセンス体験ワークショップ


体験WS_0704s


*日時

 2017年7月4日(火)
 10:00~12:00

*場所

 港区北青山にて※
 (地下鉄「青山一丁目」駅から徒歩2分)

 ※詳細を受付確認メールでお知らせします。

*講 師
 谷口みよ子(フラワーエッセンス翻訳者、講師、花療法家)

*持ち物
 筆記用具

*会費
 【早期お申込み・6月24日(土)まで】
  3,000円

 【6月25日(日)以降】
  3,500円  

(いずれも税込み、テキスト、調合ボトルのおみやげ付)

  ※事前にお振込みをお願いいたします。
   振込先はお申込み確認メールで
   お知らせします。

  ※やむを得ずキャンセルされる場合は、
   7月1日(土)までにお知らせ
   ください。
   7月4日(日)以降のキャンセルは、手配の都合上
   返金いたしかねますのでご了承ください。

*主催
 フラワーエッセンスの魅力|スペースハナ


*内容
 ・自分ばかりが損をしていると思う心
 ・「自分は不幸だ」という思いから
  自由になるアプローチ
 ・心を整える植物療法「フラワーエッセンス」の説明と使用法
 ・成り立ちと開発者、英国人医師バッチ博士
 ・あなたに寄り添う植物をみつける
 ・花が示すこと


 ■お申込み >>

000_320x213.jpg




心の中にマイナスに現れている

調和の取れていない面が

あるとすれば、



それは、

バランスの取れた

プラスの面があることを

示しています。



・成長する機会は皆に与えられていると思える

・どんな人にもたいへんな事はあるのがわかる

・経験には意味がある

・今の取り組みを前向きに
 とらえられる

・人との会話を楽しめる

・周りの人が楽しそうに
 していると、
 楽しさが伝わってくる

・不満を周りのせいにしない

・不満の原因を考えて
 改善するために行動できる

・物事の全体をとらえられる

・内面的な幸せや美しさも
 大事

・人の成功を喜び、
 自分も努力できる



3.jpg





わたし自身、長い間

マイナスの思いグセで

悩んできました。




アタマではわかっている

つもりでも、


・自信がない

・どうせ自分なんて、
 と思ってしまう

・また悪いことをしたと
 反省を通り越して
 深い自己嫌悪にはまる

・自分は悪い人間だ

・自分には能力がない、
 魅力も、美しさもない

・人生をよくするために
 何をしたらよいのかわからない

・行動できない

・いつも人や自分に
 厳しい見方をして苦しい

・心もからだも硬い

・ストレスで緊張している

・人の何気ない一言を
 真に受けて深く傷つく

・無防備だ

・人から傷つけられるのではと
 いつもびくびくしている

・人の評価が気になる

・自分も人も好きになれない



その時々で

程度の差はありましたが、


心のどこかにいつも

こんな思いを持ちながら

過ごしていました。



4.jpg




当然のことながら

限界が来ました。

30代半ばのことです。



卒業後、社会に出て十数年、

自分なりに努力をしてきた

つもりでしたが、


不安と不満を抱えながら

抑えて働き続けることに

限界が来たのです。



からだの限界─


からだの要である腰を痛め、

重いものを持てなくなりました。


突然の痛みで

動けなくなることもあり、


またいつそうなるかと

びくびくしていました。


5.jpg



心は不満だらけで

今思えば

周りに不満をまき散らしていました。


本当に恥ずかしいことです。



改善するために

話しているつもりでも、


実際は不満を上げつらねて

いただけで終わることも多く、



不満を話し始めたら

止まりませんでした。




どうしたら、健康で

自分らしい人生を

生きられるのか─?



試行錯誤を繰り返しながら、

答えが見つからず

悶々と過ごしました。



そしてある時

一度ゼロにして

どうしたら自分らしく生きられるのか

探してみようと思ったのです。



6.jpg



退職し、

腰の治療を受けながら、

それまでしていなかった、

興味のあること、必要なことを

ひとつひとつ経験しました。




実際面では

運転免許をとったり、

旅行をしたり、

全く進んでいなかった

ある資格のための

勉強を終わらせました。




心の面では、まず

どうしても好きになれない

自分を好きになり、


自己否定や罪悪感を

手放したいと思いました。



そのために、

著名な方のセラピーを受け、

良いワークショップに

参加しました。




けれども

それでわかったことは、

どんなにすばらしいセラピーや

ワークショップを受けても、


時間がたてばもとの

思考パターンや感じ方に

戻ってしまうということ。




そんな自分がいやで、

結局また自分のパターンである

自分を責めるサイクルにはまることも

ありました。




フラワーエッセンスに出会ったのは

そんな頃でした。



20170108_essence bottles



エッセンスをとりながら

心の不調和と

調和のとれた状態について学び、



その時々の感情や思考パターンを

受け止めることで、


少しずつ自分を責めるのをやめ、

受け入れる方向へと

道筋ができていきました。




2.jpg



もちろん今でも

ネガティブな思いが湧くことはあります。


が、その時に対応するエッセンスを

とることで、


感情にはまり込み過ぎず、

自分の思いを受け止め

今できることに集中するよう

切り替えることができます。




気づかないうちに

できない自分、

足りない自分を責めて


さらに緊張し

ストレスを大きくして

しまう傾向も


ただの「心のクセ」と

受け止められるように

なりました。





不調和に陥れば、

バランスを整えればよいのだと

以前よりおおらかに

とらえられるようになりました。



そうすることで、

周りのせいにしたり、


自分をかわいそうと思って

行動しない言い訳にしたりせず、



改善のために

小さなことから

始めることができます。



8.jpg





わたしたちは

自分を責めることで、

前に進めない言い訳にしたり、



「自分は悪くない」と

開き直って自分を守り、

周りのせいにしたり、



「どうせだめだ」と

投げやりになって、

あきらめたりします。




「それではいけない」と、

心のどこかでわかっているので、


また自分を責めて否定する感情の

サイクルにハマり、


ストレスを大きくしてしまうことも

多いものです。



11.jpg




フラワーエッセンスは、

自分や周りを責めたり

傷つけるのをやめ、



物事を現実的に、

あるがままを

落ち着いて受けとめる

後押しになります。





9.jpg



開発者のエドワード・バッチ博士は、

外科医、内科医を経て、

免疫学の研究で高い評価を得た

有名な医師でした。



腸内細菌が健康にとって重要であることを、

今では多くの人が知っていますが、

博士は80年以上前(日本では大正時代)に、

慢性病やガンと腸内細菌の関係について

論文を発表し、レメディー(治療薬)を開発

しました。


7.jpg



その博士が最終的に気づいたのが、

病気に対する心理状態の影響でした。



病気の根本的な原因は、

ネガティブな感情、心の状態にあると考え、

それを調整するものを、自然の野山に育つ

野草(ハーブ)に見出したのです。




10.jpg




フラワーエッセンスは薬ではないので、

副作用や依存性もなく、

アロマテラピーのように、香りもありません。



自然豊かな場所に育つ植物の生命力を

役立てる植物療法です。




12.jpg



このワークショップでは、

ご自分に必要なフラワーエッセンスの

調合ボトルを作って持ち帰り、

体験していただけます。



飲むことに抵抗がある方は、

体の周りにスプレーする、

入浴時に浴槽に入れるなどの方法で

体験できます。



*このワークショップで
 こんなことを知って体験できます


・自分ばかりが損をしていると思う
 心のパターン

・「自分は不幸だ」という思いから
 自由になるアプローチ

・心を整える植物療法
 「フラワーエッセンス」の説明と使用法

・成り立ちと開発者、英国人医師バッチ博士

・あなたに寄り添う植物をみつける

・花が示すこと





7月のフラワーエッセンス体験ワークショップ


体験WS_0704s


*日時

 2017年7月4日(火)
 10:00~12:00

*場所

 港区北青山にて※
 (地下鉄「青山一丁目」駅から徒歩2分)

 ※詳細を受付確認メールでお知らせします。

*講 師
 谷口みよ子(フラワーエッセンス翻訳者、講師、花療法家)

*持ち物
 筆記用具

*会費
 【早期お申込み・6月24日(土)まで】
  3,000円

 【6月25日(日)以降】
  3,500円  

(いずれも税込み、テキスト、調合ボトルのおみやげ付)

  ※事前にお振込みをお願いいたします。
   振込先はお申込み確認メールで
   お知らせします。

  ※やむを得ずキャンセルされる場合は、
   7月1日(土)までにお知らせ
   ください。
   7月4日(日)以降のキャンセルは、手配の都合上
   返金いたしかねますのでご了承ください。

*主催
 フラワーエッセンスの魅力|スペースハナ


*内容
 ・自分ばかりが損をしていると思う心
 ・「自分は不幸だ」という思いから
  自由になるアプローチ
 ・心を整える植物療法「フラワーエッセンス」の説明と使用法
 ・成り立ちと開発者、英国人医師バッチ博士
 ・あなたに寄り添う植物をみつける
 ・花が示すこと


 ■お申込み >>
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

Thank you.
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ