フラワーエッセンスの魅力

フラワーエッセンスや植物の魅力を分かち合う情報を発信しています。
2019年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年01月
TOP■ 植物のかたち ≫ ●花のチカラ

●花のチカラ

20140818_01.jpg

5月から学んでいる「植物形態学:植物のカラダのかたち」
第4回目は、花のかたちについて学びました。

村上先生に花の役割やつくり、分類などの基本的な
要点を説明していただいた後、外に出かけていくつかの
花を採取し、持ち帰って観察しました。

盛夏の今、外ではヒマワリをはじめ、オシロイバナや
ツユクサ、エビヅル、フヨウ、ヤブガラシ、センニンソウが
咲いています。戻ると、採取した花をまず皆で愛でました。

20140818_05.jpg

どの花も本当に魅力的です。前回まで茎や葉を観察して
とても興味深い時間を過ごしましたが、今回の花の観察は
皆のテンションが違います。自然と気分が高揚するのです。

あらためて花はある一つの目的を持って(子孫を作ること)、
外界に力の限り(おもに昆虫たちに)アピールしている
のだと実感しました。

20140818_03.jpg

センニンソウは今が満開です。バッチのフラワーレメディー
「クレマチス」の近縁種なので親近感もあり、わたしは
この花を観察しました。



20140818_08.jpg

とても小さく(1.5cm位)、華奢ですが本当に美しい花です。
けれど、観察には難しい花でもありました。花びらに見える
ガクも、雌しべ、雄しべも、全てが真っ白なので、ルーペで
どう目を凝らしても、はっきり見えません。雌しべは4本に
も2本に見えるので、花式図がうまく書けないのです。
十字の花の形と雌しべ、多数の雄しべをおぼろげに
絵にしました。

 後で調べたら、センニンソウの雌しべは先端が8方向に
 割れて広がっているようです。そうは見えなかったなぁ。。


20140818_07.jpg

集中して花を見て絵にしている間、この花に吸い込まれ
どこか別の世界を旅しているかのようでした。(仲間の声が
遠くに聞こえました。)これはまさにクレマチスの状態です。

この植物の種が空を舞う様子にも、満開の花がヴェールで
垣根を覆うような様子にも、別世界を旅するような、心
ここにあらずの状態が見られますが、花をよーくみるだけでも
その感覚になりました。

花にはその植物の特徴が凝縮されていることをあらためて
感じる出来事でした。

また仲間のフヨウやオシロイバナの観察を通じて、花が持つ
規則性にも感動しました。

20140818_09.jpg
フソウは5の規則性を持っています。5は自然界の調和を象徴する数です。

クレマチスのように規則性があまりみられない様子にも、
またはっきりとした規則性がある花の様子にも、その植物が
独自に持っている生命の秩序(生命力のパターン)が表れて
いるのだと思えます。

これが水に転写されているのがフラワーエッセンスなのだと
実感しました。自然界の秩序ある調和に同調する時、私たちは
シンプルで調和のとれた本来の状態の戻れるのでしょう。

自然の中に身を置くこと、植物に触れることは、本来の自分に
立ち戻るとても大切な機会ですね。わたし自身、近くの公園や
神社の樹木に触れるなど、身近なところからもっと自然と交流
していこうと思いました。

20140818_10.jpg

 ヒマワリの筒状花

 種のできる中心部分は
 一つひとつが花なのです。



 村上先生、今日も自然で自由なエッセンスを含んだ
   情報満載の授業をありがとうございました。  
   仲間の皆さん、豊かな時間をご一緒できて幸せです。
   どうもありがとう。

夏の疲れの出る頃です。どうぞご自愛くださいね。

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

Thank you.
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ