フラワーエッセンスの魅力

フラワーエッセンスや植物の魅力を分かち合う情報を発信しています。
2018年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年08月
TOP■ 植物のかたち ≫ ●木と人間14 草木塔2

●木と人間14 草木塔2

20161206_04ireitou.jpg

草木慰霊塔の存在を
先日初めて知りました。

草木慰霊塔とは、
多くの樹木、灌木を切り倒したことから
全ての草木の霊を供養するために
立てられた慰霊碑です。

都内で、草木との関わりが少ない環境でも、
時に一本の大木を切ると、

その後良くないことが起こったという話を
何度か耳にしたことがあります。

草木の霊を供養するための塔は
とても大切な存在と感じました。

20161207_tree.jpg


調べてみると、

草木塔の例はあまり多くはないようですが、

熊を相手にした猟師たちが
「熊霊供養塔」を立てたように、

山から木を切り出す仕事をした人々は
樹木の霊を祭ったそうです。

熊の供養塔の場合は、
熊の霊の報復を恐れたのが理由の一つ。

もう一つの理由は、
熊も人間も同じ感覚(感情)を持った存在だ
という共感、仲間意識であり、

さらには人間と動物を
同じ存在だととらえる
同化の視点があったようです。

20161207_bear.jpg

人間と動物を同類とみなした神話が生まれ

(例えば日本の「鶴の恩返し」では、
人間と動物(鶴)は夫婦になりました)

儀礼(仕留めた動物の骨に飾りをつけて霊を送るなど)も
行われていたそうです。

それと同じように、

植物(草木)と人間も
同じ存在だと感じて

草木を祭る気持ちが自然に湧いたのでしょう。

人間と植物のつながりを伝える神話は
世界中に数多くあります。

なかでも樹木を人間の祖先ととらえる神話は、
何度読んでも
とても興味深いと感じます。

。*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・

●《いよいよ明日 開催です》

20161113_03ws.jpg


「軽やかに新年を迎えたい人のための
  フラワーエッセンス体験ワークショップ」

12月8日(木)10時から港区南青山にて

年末に向けて慌ただしさが増すなかで、
過去から自由になり、軽やかに過ごす
サポートにもなるエッセンスについて学びます。

これからエッセンスのことを知りたい方に
体験を通して学んでいただく機会です。

少人数の体験会です。
どうぞお気軽にご参加ください。


 ■詳細>>   ■お問合せ>>  ■お申込み>>

関連記事

Comment

イベント
編集
今日のイベント、参加してくださった方に植物の素晴らしさが伝わりますね。
それでも、ご盛会をお祈りしております♪
今日は広尾で頭から湯気を出しながら気学の勉強です。
2016年12月08日(Thu) 08:59












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL