フラワーエッセンスの魅力

フラワーエッセンスや植物の魅力を分かち合う情報を発信しています。
2020年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2020年05月
TOP 意味・使用法・製法など ≫ ●フラワーエッセンスとは

●フラワーエッセンスとは

0000_fr02s.jpg

植物の調和した生きる力のパターン(情報)を、人間の心の
不調和(イライラや落ち込み、怒り、不安など)に役立てる自然の
療法です。
日常で経験するさまざまなストレスや不調和な感情のバランスを
取る助けになります。

1936年に英国人医師エドワード・.バッチ博士によって体系化され
ました。おもに自然豊かな場所に自生する植物の花を使って、
38種類のレメディーが作られています。また緊急用の(レスキュー)
レメディーとして、5種類の花を組み合わせたレメディーもあり
ます。

植物は一番生命力に満ちている時に、花を咲かせます。その花を
満開直前に摘み、自然界の4つの力 ―「大地」「水」「火」「風」の
力― を生かして作られます。物質的な薬効成分は含まれていません。
植物の生命力をフルに生かした自然で調和的なセルフヒール/セル
フケアのサポートとして、世界中で役立てられています。


0000_fr01s.jpg

●フラワーレメディー(エッセンス)の特徴

・自然で安全です。
・依存性もなく、副作用の心配もありません。
・医療や他の療法とも併用でき、調和的・相乗的に作用します。
・誰にでも(赤ちゃんからお年寄りまで)、動物や植物にも使えます。
・いつでもどこでも使えます。
さまざな使い方ができます。


●フラワーレメディーが発見されるまで
開発者のバッチ博士は、医師としての臨床経験と研究の結果、
病気の根本的な原因は心理的な不調和にあると考え、心を癒す
レメディー(治療薬)を探すことにしました。それまで腸内
細菌から7種類のワクチンを作り世界的に認められていた博士は、
7種の腸内細菌の割合が本人の心理状態と深く関わっていること
に気づき、心の不調和な状態を調和した状態に導くレメディーを
自然界の植物に求めました。

博士が開発した38種のレメディーは、おもに野草と樹木の花から
作られていますが、その中には石清水や樹木の新芽から作られた
レメディーもあります。

●38種類のレメディーのキーワード
  《不調和な状態》《バランスを取り戻した状態》 の目安

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

Thank you.
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ