フラワーエッセンスの魅力

フラワーエッセンスや植物の魅力を分かち合う情報を発信しています。
2020年01月 ≪  1234567891011121314151617181920212223242526272829 ≫ 2020年03月
TOP■ 好きなモノ・コト、思う事 ≫ ●サクラとスミレ

●サクラとスミレ

晴れて桜が満開の4月最初の日。
近くの豊島園周辺を歩きました。

sakura01.jpg

サクラの季節を迎えるたびに、いろいろなことを感じますね。
「いよいよ春が来た!」という喜びにワクワクする感覚。
道行くほとんどの人がサクラを見上げて歩き、写真を撮り、
感嘆のため息をつく。
心を高揚させ、ポジティブなエネルギーに身を任せて酔いしれる…。
(度を超えると、酔っぱらった(?)ような感覚にもなります・笑。)

サクラという植物(樹木)を前に、心を一つにして喜び合う…
その様子を見た外国の方々は、最初戸惑うことがあると
聞いたことがあります。

この時期に雨が降れば、何よりもまずサクラを心配し、
風が吹けば、散ってしまうと憂う…
「どうしたんだ、この国の人たちは??」ということのようです。

サクラは日本では本当に特別な存在ですが、
その下でひっそりと咲く植物にスミレがあります。

sumire02.jpg

石神井川横の塀のすぐ下に咲いていました。
あまりのかわいらしさに心惹かれ、よく見てみると、
この花はかわいらしい、つつましいだけではなく、
強いんだと実感。

最初の「かわいい」「つつましい」という印象は
主観的な感じ方ですが、この植物の強さは、
実際の生き方(植物の示すジェスチャー)にも
あらわれています。

短く太い根をしっかりと張って毎年花を咲かせ、
山あいにも都会にも生育する。都会ではコンクリートの
ひび割れた所からも顔を出します。

FES(北米のエッセンス・メーカー)のエッセンスに
バイオレット」という種類があります。

内気ではずがしがりやさんのためのエッセンスですが、
この植物がどこにでも力強く咲く様子は、この状態の人の
調和のとれた一面を表していると言えるでしょう。

もし人の中で自分を表現することに難しさを感じたり、
しり込みしてしまう時があったなら、スミレを思い出してみましょう。
もちろん「バイオレット」のエッセンスもサポートになりますね。

道端でひっそりと咲いていても、太い根を大地に張ってたくましく生き、
華やかなサクラの下でも臆することなく自分らしさを表現する…。
sumire01.jpg

植物の生きる様子から学ぶことがたくさんあります。

いろいろな花が咲き、木々の葉も美しいこれからの季節…。
植物との心地よい共鳴を楽しみましょう。

人間と植物の共鳴については、この本に詳しく出ています。
『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』
バッチ博士のフラワーエッセンスの植物を入り口に、
自然界やこの世の秩序(調和)をさまざまな方向から読み解いた
素晴らしい本です(イラスト入り)。
(著者:ジュリアン・バーナード、発行:フラワーレメディー・プログラム)

どうぞお元気でお過ごしください。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

Thank you.
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ