フラワーエッセンスの魅力

フラワーエッセンスや植物の魅力を分かち合う情報を発信しています。
2020年01月 ≪  1234567891011121314151617181920212223242526272829 ≫ 2020年03月
TOP■ 好きなモノ・コト、思う事 ≫ ●今の経験の意味

●今の経験の意味

lake_pixabay.jpg

久しぶりの投稿になります。お元気ですか?
このブログを見ていただいて、本当にありがとうございます。

先日の満月に寄稿させていただいたMahina Pharmacyさんの
Webマガジン
に、英国ウェールズに伝わる「ミッドファイの
薬草医
」の言い伝えをご紹介しました。
http://www.mahinapharmacy.com/mmselfcare01.html

この物語はウェールズでは「Lady of the Lake」という有名な
民話とのこと。
バッチ・フラワーレメディーの国際的な第一人者、ドイツの
M.シェファー女史と文化人類・民族植物学者のW.シュトルル氏の
共著『魂の植物』(フレグランスジャーナル社)にも
記載されています。

Webマガジンの原稿を書きながら、地図で場所を確認してみると・・
驚くことがわかりました。

実は、私たちはちょうど10年前にこの湖を訪れていたのです。

今となっては懐かしい思い出ですが、この時のことを、先日久しぶりに
一緒に旅した仲間とも話しました。この湖とその先の山に登る行程は、
ほぼ全員にとって本当に苦しいものだったようです。

「苦しい」というのは、山が険しいからではなく、一人ひとりの心の
奥深くに眠る、底なしの闇の部分に無理矢理触れさせられている
ような感覚でした。

くもり空の下、一歩進むたびに足の裏が地中に沈んでいくような道と、
同時に心理的にも、心のより深い闇にどんどん沈み込み、上がって
来られないような暗く重い気持ちで、だらだらと続く坂道をみんな無言で
登りました。

その途中、休憩したのがこの湖、Lyn-y-Fan Fach です。
(写真は似たようなウェールズの湖なのですが、実際の湖では
ありません。)

今となっては大切な、思い出深い経験です。



経験しているその瞬間にどんな思いをしていようと、後になって
その意味がわかることは多いものですね。

あらためてそれを実感し「信頼」という言葉が胸に浮かびました。

もう10年も前になりますが、旅をともにした仲間と、ウェールズの
気候風土、ガイドをしてくださった方々に、そして湖の妖精に、
深く感謝しています。

どうもありがとうー。.

あなたは今どんな経験をしていますか?
どうぞ素敵な秋をお過ごしください。

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

Thank you.
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ