フラワーエッセンスの魅力

フラワーエッセンスや植物の魅力を分かち合う情報を発信しています。
2020年01月 ≪  1234567891011121314151617181920212223242526272829 ≫ 2020年03月
TOP■ 好きなモノ・コト、思う事 ≫ 理想に見える方法も…

理想に見える方法も…

CIMG1037-0.jpg
とても久しぶりに箱根の山に行きました。
目的はお参りです。芦ノ湖畔の龍神様にお参りした後、
いつものようにロープーウェイで駒ケ岳山頂にいくはずが…
「強風のため運休」とのこと…
駒ケ岳は標高1327m。気温も3,4度違います。
芦ノ湖畔で気持ちの良い風も、山頂では
ロープーウェイを運行できないほどの強風になっているのでしょう。

予想外のことで、しばし呆然。
今回の目的は、龍神様にお参りした後、駒ケ岳から神山を抜けて
冠ケ岳でお参りをすることでした。
富士山も美しく、空は快晴。
とりあえず箱根園で休憩です。その間にロープーウェイも
動くかもしれないと望みを抱きながら。。

温泉に入って美しくおいしいケーキをいただいて
帰ることも検討しつつ、、うーむ。。
何かが違います。




しばらくボーっとしていたら、大涌谷から登ることを
思いつきました。駒ケ岳─神山─冠ケ岳─大涌谷/早雲山のコースを
逆に登るのです。

今思えば、もっと早くに気づきそうなものですが、
私の頭の中には、ロープーウェイで行くことしかありませんでした。
その行き方が最善の道、その後神山を登るために体力を使わずに
済む理想的な道だと思いこんでいたからです。

早速大涌谷に移動しました。

CIMG1033-0.jpg

箱根の山は、初級コースと記されていても、
結構ハードです。時々コースがわからなくなります。

以前登ったときには、そのハードさを知らず
とても気軽に山に入り大変な思いをしました。
その日は前日の雨で道がぬかっている所も多く
なおさらだったようです。
一緒に登った友人にとても助けられました。

この記憶から今回は気を引き締め、食糧だけは
たくさん持って(笑)行きました。

大涌谷は誰もが知る観光地です。
当然インフォメーションセンターもあり、
そこで山頂までの説明と分かりやすい地図のコピーを
入手し、安心して登ることができました。

CIMG1038-0.jpg

友人のたじちゃんのリードで、ハードながらも
とてもスムーズに行くことができました。

冠ケ岳の山頂に行く分岐の鳥居をくぐり、先に進むと
今回の目的地の祠(ほこら)があります。

この周辺をお掃除してお参りをした後、山頂へ。
「何もないよ!」と言われる通り、何もありません。
見晴らしもよくないので、わざわざ登る人は
あまりいないでしょう。

でもここは特別な山です。縄文時代にはこの山が
神様の住まう場所としてあがめられていた、
という話もあります。


大涌谷から約2時間半で、本当にスムーズに往復する
ことができました。

最初に考えていた理想の行き方=「ロープーウェイで行くこと」は、
ただの一つの方法に過ぎず、もっとスムーズな方法があったのです。


今回のことは、今の私たちにとって
とても大きなメッセージのように思えました。

一番のベストだ!と信じる方法も、実は一つの方法にしか
すぎません。逆の方法が一番ということもあるのですね。

人は考えを深めていく過程で、その思考を固めていくことが
あります。そして、それしか正しい道はないように思えてしまう。

熟考は大切だけれど、柔軟にね。という
とても大切なメッセージをいただいたように思います。

CIMG1070-0.jpg

龍神さま方、そして冠ケ岳の女神さま、どうもありがとうございます。
さっそく今の現実の生活に生かさせていただきます。

CIMG1057-0.jpg

皆さんはどんな秋をお過ごしですか?
どうぞ素敵な時間をお過ごしください。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

Thank you.
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ