フラワーエッセンスの魅力

フラワーエッセンスや植物の魅力を分かち合う情報を発信しています。
2020年01月 ≪  1234567891011121314151617181920212223242526272829 ≫ 2020年03月
TOP■ フラワーエッセンスとは? ≫ ●バッチ博士と数字

●バッチ博士と数字

numbers-780.jpg


バッチ博士は数字に強い関心を持っていたと

言われています。


博士は自身の研究を

とくに「7」と「12」に

まとめることが

多くありました。




7 number-780


」は

一般的に

「ラッキー・セブン」として知られ、

幸運を意味する数字ですね。


「6」が象徴する調和や美の一段上にあり、

さらに高い調和や美を表すとも言われています。





12-gate-780.jpg



12」は

一つのまとまりを表す数字。

たとえば、時計の文字盤や

1年のカレンダー

占星術の星座が

12でひとめぐりします。


私たちはその1つのめぐりを基礎に

生活しています。




バッチ博士は

腸内細菌を研究し、

7種の細菌グループを発見して

慢性病の治療に役立てました。



その後、病気の本当の原因は

病原菌やそれに類する細菌ではなく、

心理的な不調和だと考えるようになってからも、

魂の学びや人間の基本概念などを

7つにまとめて発表しました。



7 rocks-780


フラワーレメディについては、

12の魂のタイプ(性格のタイプ)を基本に

12種類のレメディ(12ヒーラーズ)が

作られました。


その後、

その働きを助けるレメディとして

7種類(7ヘルパーズ)を発見しました。


全38種類の体系が完成した後は

心理状態によって

7つのカテゴリーに分類しています。



7 colors-2-780



人間のエネルギー・センターと言われる

チャクラは

おもに7色で表現されますが、

バッチフラワーの

7つのカテゴリーは

チャクラに対応しているのではないか?

と私たちは興味を掻き立てられます。



その点について

バッチ博士自身が残した

文章はありません。



けれども、

かつて博士は

各グループのために

色を選んだことがあるそうです。


その色を通して

チャクラと

7つのカテゴリーとの結びつきを

自由に考察していくことができます。



これはとても興味深い作業です。

レメディについて

新しく気づくことがありそうですね。


参照
バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき
(ジュリアン・バーナード、英国f.r.p.)p.135, 333


7 colors-1-780



38種類の全体をとらえる時、

バッチ・カラーポスター」など

図示したものを役立てるのは

とても参考になります。


数字の面など、

フラワーレメディにまつわる

目に見えない背景も含め、

ことばで理解するだけでなく、

視覚的にイメージを通しても

記憶に落とし込むことができます。



バッチ博士のお誕生日である

9月24日(火)と29日(日)に

この美しいカラーポスターを導きに

バッチフラワー38種全体を概観する

ワークショップがあります。


実際に色を塗るなどのワークを通じて

バッチフラワーの全体像を

有機的、立体的に捉えていく内容です。

皆様のご参加をお待ちしています。


9月24日(火)10:00~14:30
クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン主催
Dr.Bachお誕生日会&38種のフル・ピクチャー


9月29日(日) 13:00~15:00
バッチフラワー・ポスター講座

poster01.jpg

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

Thank you.
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ