フラワーエッセンスの魅力

フラワーエッセンスや植物の魅力を分かち合う情報を発信しています。
2020年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2020年07月
TOP ご感想 ≫ ●【ご感想】新読書会第5回(第6章)

●【ご感想】新読書会第5回(第6章)

book book_bs


毎月訳書

バッチのフラワーレメディー

植物のかたちとはたらき


(ジュリアン・バーナード著)を読む

読書会を行っています。


先日の第5回は、

アグリモニーの後半から

チコリーヴァーベイン

セントーリーまで

読み進めました。


これらのレメディーは

1930年、

バッチ博士が太陽法を開発された後

クローマーで発見されたエッセンスです。


アグリモニー、チコリー、ヴァーベインは

ハーブ療法でも使われている

多年生の植物で、

共通点も多くあります。


これから開花の時期を迎えます。

観察するのが楽しみな花たちです。


~・*~・*~・*~・*~・*~・*~・*

ご感想

今回は2回目でしたので、

とてもリラックスして参加出来ました。

時間もあっという間に過ぎて

終了になってしまいました。

バッチ博士のこと、バッチフラワーレメディのこと、

知れば知るほど奥深く、

その素晴らしさに圧倒されます。


バッチ博士も、各々のお花を発見した時には、

例えばインパチェンスは一年草だとか、そういうことは

あまり知らなかったと思うのですが、

それでもインパチェンスの花の特徴を

即座に正確につかんでレメディにしていったのは

すごいなと思いました。


ヴァーベインは、やり過ぎのレメディだということは

分かっていましたが、

インパチェンスとの違い、

感情的と思考的など、なるほどと、とても納得しました。


植物のジェスチャーから

いろいろなことが読み取れるというのは、

とても興味深く、とても納得出来ます。


参加されている方のレベルがとても高いので、

私もがんばろう!と思います。

テーブルが一つだと一体感があっていいなと思いました。

また来月もどうぞよろしくお願いいたします。


~・*~・*~・*~・*~・*~・*~・*

vervain-armin-780.jpg


Y.M.様、ありがとうございます。

レメディの心理状態の違いを

植物のジェスチャーからとらていくと、

その個性や違い、似ている点も

よくわかりますね。

次回は物語の多い「セラトー」から

読み進めます。


バッチ博士の考えられた

フラワーレメディ(エッセンス)は

ご存知のように、誰もが自由に使える

セルフヘルプの植物療法です。


「レベル」ということはさておき、

自由な心で興味を持って

植物とフラワーレメディの奥深い世界を

探求していけたらと思います。


来月もよろしくお願いいたします!


   ~*~

次回の日曜の会は、

7月21日 13~17時です。

セラトー、スクレランサスを読んだ後

第7章に入り、

ウォーター・バイオレット、

ゲンチアン、ロック・ローズの発見まで

読んでいく予定です。

残席が少しあります。

ピンと来られた方、

どうぞお気軽にご参加ください。>>

~・*~・*~・*~・*~・*~・*~・*  

~新読書会~
『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』
「自由への探求~その先のバッチ・フラワーエッセンス」

■7月21日(日)13:00~17:00
第6回
クローマーで発見した植物~愛するクローマー(第6章 p.109~)、12ヒーラーズの完成(第7章)
 詳細>>  お申込み>>


ウェブ同時開催の読書会は、6月24日(月)10時~13時。
【お申込み受付中】です。


■6月24日(月)10:00~13:00(Web受講可)
第4回
バッチ博士の著作の特徴と主な概要(第4章 p.80~)
花のレメディ探し~植物の特徴と歩いた場所(第6章)

 詳細>> お申込み>> ウェブ講座お申込み>>

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

Thank you.
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ