フラワーエッセンスの魅力

フラワーエッセンスや植物の魅力を分かち合う情報を発信しています。
2020年01月 ≪  1234567891011121314151617181920212223242526272829 ≫ 2020年03月
TOP ご感想 ≫ ●【ご感想】新読書会第3回(第2章・4章)

●【ご感想】新読書会第3回(第2章・4章)

tree-moss-500x.jpg


毎月訳書『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』を読む

読書会を行っています。



先日の日曜の会について

ご許可をいただいた方のご感想を

紹介させていただきます。


次回は5月19日(日)14時からに行います。※

ウェブ参加可能な会は5月27日(月)


いつからでも自由にご参加いただけます。

どうぞお気軽にご参加ください。


~・*~・*~・*~・*
  

●一番印象に残ったこと

第4章 p.70の下の方で、

バッチ博士が誤解や誤用を恐れて、

フラワーレメディの霊的な

物質を超えた世界の実在について

伝えなかったのであろうという部分。


バッチ博士でさえも誤解されずに

伝えらることが難しいと考えていたこと思うと、

私が人にお伝えするときに難しいと感じることは

自然なことなのだと思えました。


目に見えず、物理的に証明できないものの力を

伝える難しさは今も昔も変わらないことを感じました。
  


●全体のご感想

クレマチス、ミムラスと読み進んで、

植物の知恵の素晴らしさを今回も感じました。

汝自身を癒せがどういう状況で書かれたのか、

次回の読書会も楽しみです。  


~・*~・*~・*~・*
  

ff-map-780x.jpg


T.I.様、ありがとうございます。


私たちは時に

フラワーレメディ(エッセンス)を伝えることの

難しさを感じることがあります。


物質的に証明できないものを

いかに伝えるかは大きな課題です。


またその背景にある考え方や心の調和、

霊的な側面を伝えることについては

さらに難しい場面にも直面します。



本書を通じて、

バッチ博士がどのように伝えられ、

どのように生きたのかを知ることは

とても参考になり、

また私たちの大きな勇気のもとでもあります。


来月も深く楽しく本書を読んでいきたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。


次回は5月18日(日)13時から下北沢にて。

バッチフラワーをより深く学びたい方、

どうぞお気軽にご参加ください。
   
詳細>>   お申込み>>



★ウェブ参加可能な会はこちら

詳細>>

ウェブお申込み>>


新読書会:
『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』(F&F)
「自由への探求~その先のバッチフラワーエッセンス講座」<Part 1>

ジュリアン・バーナード
バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

Thank you.
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ