フラワーエッセンスの魅力

フラワーエッセンスや植物の魅力を分かち合う情報を発信しています。
2020年01月 ≪  1234567891011121314151617181920212223242526272829 ≫ 2020年03月
TOP■ 好きなモノ・コト、思う事 ≫ ●「エドワード・バッチ 魂の植物」読書会

●「エドワード・バッチ 魂の植物」読書会

tamashii1_2s.jpg

M.シェファー&W.シュトルル
『エドワード・バッチ 魂の植物』
(フレグランスジャーナル社)

この本の読書会が毎月横浜・日吉にある
トトラボ植物療法の学校で行われています。

ファシリテーターは、長年バッチ国際教育プログラムの
講師を務めるバッチ財団登録プラクティショナー、
京ヶ島弥生先生。本文中の自然科学、生物学に関する
内容については校長の村上志緒先生が解説されます。

。*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・
著者の一人、シェファー女史は
『バッチの花療法 その理論と実際』の著者として
ご存知の方も多いと思います。
1981年にバッチ博士の業績をドイツ語圏に導入した
パイオニア。30年以上の実践活動と研究で国際的に
知られています。

共著のシュトルル博士は、
文化人智学者、民族植物学者。米国、スイス、インドで
教え、世界各地で研究と民俗学のフィールド調査を
行っています。
。*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・

ちょうど今年から
「第1部 バッチの花療法への新しい洞察」の
「6.ケルトの遺産」に入りました。

バッチ博士とケルトとのつながりをさまざまな視点
―火と水の癒しの力や暦の上での4つの基分点、
ウェールズのケルト文化や植物との関わりなど―
から掘り下げる、ワクワクする内容を読み進めています。

著者の奥深い知識とイマジネーションあふれる詩的な
表現を味わいながら、感じたこと、気づくことを
自由に話し合い、疑問点を明らかにしています。
考えを共有することで、新しい視点を得たり理解を
深める刺激的な時間です。

シュタイナー研究者であり実践者である著者の
文章の背景にはシュタイナーの世界観があります。
また薬草の役立て方や言い伝えなどについては
世界共通のことも多く、ケルトの独自性と世界の
共通性を知るとてもよい機会です。

ケルト文化とバッチ博士、フラワーレメディとの
繋がりを知りたい方やこの本を深く読んでみたい方、
著者のファン、著者の視点でとらえたレメディに
ついて知りたい方 など、
多くの方におすすめの読書会です。



●4月以降の日程が決まりました。
4月13日、5月25日、6月15日、7月13日、
8月17日、9月28日
月曜 10時30分~12時30分

●定員:10名 

●会費:1500円(税込)

●場所:横浜日吉・トトラボ植物療法の学校(東横線日吉駅より徒歩10分)
http://www.totolab.com/2013/09/post-c5a8.html

●詳細はこちらをご覧ください。
・フロスヴィータ
http://flosvita.typepad.jp/blog/2014/12/%E3%82%A8%E3%83%89%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%81-%E9%AD%82%E3%81%AE%E6%A4%8D%E7%89%A9%E3%82%92%E8%AA%AD%E3%82%80%E4%BC%9A%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99.html
・トトラボ
http://www.totolab.com/2013/09/post-3bf1.html

●お申込み:
・フロスヴィータ http://form1.fc2.com/form/?id=426994
・トトラボ:E-mail: school@totolab.com /Fax: 044-856-4278
 ※ お名前、電話番号、ご住所を明記ください。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

Thank you.
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ