フラワーエッセンスの魅力

フラワーエッセンスや植物の魅力を分かち合う情報を発信しています。
2020年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2020年07月
TOP 関連の話題 ≫ ●フラワーエッセンスの示す可能性

●フラワーエッセンスの示す可能性

20150402_01.jpg 20150402_02.jpg

昨日から4月になり、気分がすっかり変わりました。
さすが4月1日、始まりの日です。

学生から社会人へと新しいスタートを切った方も多い日。
今年は桜が満開の華やかな初日になりましたね。
おめでとうございます。

 
わたしもちょうど15年前の昨日から
フラワーエッセンスに関わる仕事を始めました。

とてもたくさんの方にお世話になり、教えを受け、
多くの意味深い経験をさせていただいてきました。

今は会えない人もいるけれど、きっとまた笑顔で会えると
信じています。この世界でも、もう一つの世界でも―。
 
20150402_03.jpg 20150402_04.png

フラワーエッセンスを学び始めた頃、ある方の講義の中で、
フラワーエッセンスはその人の可能性を示している、という
お話を聞きました。

この時聞いたことが、わたしのフラワーエッセンスに関わる
理由であり、原点です。
 
フラワーレメディー、フラワーエッセンスは、通常心理的な
不調和に対応する種類を選び、心がバランスを取り戻す助け
として利用されます。
 
それが開発者のバッチ博士の説明された基本的な使い方です。
 
講座であの時先生が語られていたのは、不調和な状態は常に
調和のとれた状態への可能性を示している、ということでした。

その要素がなければ、不調和な状態にさえ
なりようがないのだと―。

この視点で苦しい心の状態をとらえれば、それも肯定的に、
少し楽観的に受けとめられます。
と同時に、わたしはこの時の内容をただの「とらえ方」ではなく、
「事実」として受け取りました。

何の要素もなければ、不調和な状態さえ起こり得ないからです。
 
そしてこの時から、フラワーエッセンスに対するわたしの視点は、
「不調和な状態を改善するためのレメディー」から一歩進み、
「この不調和な状態を持つ自分の本質は何か」という
自己探求の視点に変わりました。

20150402_05.jpg

単にマイナスからプラスに変える作用を持つ以上に、
全体的なバランスを取るためのエッセンスという認識に
変わったのです。

この探求は今も続いています。
 
告白すれば、自分の中の不器用で未熟で足りない点は、
今も昔もあまり変わっていません。

「フラワーエッセンスを知っているのに!」という声が
どこからか聞こえてきますが、足りない点にばかり注意を向けて
自分を追い詰めることは少なくなったとは言えるかもしれません。

その意味で、フラワーエッセンスは別人になるような、
理想形の自分になるための「魔法の薬」ではなく、
自分を受け入れ、仲良くなるために寄り添ってくれる仲間のような
存在です。
 
自分自身を癒すこと、とバッチ博士は記されましたが、
その癒しには、自分を好きになり、受けとめ、
自分との関係をよくすることが含まれているように
思います。

そしてそれがきっと、全ての始まりなのです。
 
こんなことを思いながら、4月の初日を迎えました。

これまでお世話になった皆さま、ともに学んでいる仲間の
皆さまに心から感謝いたします。ありがとうございます。

20150402_06.jpg
 
またフラワーエッセンスを実用的に使うための講座を
させていただこうと思っています。

後日ご案内させていただきます。

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

Thank you.
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ