フラワーエッセンスの魅力

フラワーエッセンスや植物の魅力を分かち合う情報を発信しています。
2020年01月 ≪  1234567891011121314151617181920212223242526272829 ≫ 2020年03月
TOP その他の会 ≫ ●「今に生かすシュタイナー博士とバッチ博士の教え」

●「今に生かすシュタイナー博士とバッチ博士の教え」

20150313_hibiki_5photos.jpg

昨夜は2カ月に一度の響探求会の日。
昨日も豊かな探求の機会をいただきました。

お話し手を務めてくださった虹乃美稀子さん、参加してくださった
みなさま、ありがとうございました。

まだ言葉にならない部分が多いのですが、興奮冷めやらぬ
うちに(笑)感じたことをシェアさせてください。

(ほとんどひとり言です。お時間のある時、お付き合いください。)

。*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・

「今に生かすシュタイナー博士とバッチ博士の教え」

虹乃美稀子さんのお話はいつも本当にやさしい。と同時に力強い
メッセージに溢れている。

まさに「天使のようにやさしい戦士」である。

シュタイナー博士とバッチ博士の生きた時代をあらためて
見直すことで見えてきた、暗く厳しい時代性。政治的対立の
背後には秘教的な戦いが隠れていたとのこと。

そのような社会でシュタイナー博士は霊的側面を中心に
据えた思想を多方面で展開し、バッチ博士は『汝自身を癒せ』
をはじめとする著作で霊的自己や永遠の魂について人々に
訴えかけた。これはある意味で、命がけのことだったのかも
しれない。

今は当時よりもっと極端に物質主義が進んだ時代。その結果
生み出した現実に、私たちは解決策を見出すことができない。

けれども日々、子どもたちに関わる美稀子さんは言う。

「大人が希望を持ち続けることが何よりの責務。明日が
どんなになっても(どんなに過酷な現実が待っていようと)、
希望を持ち続け、一人ひとりが目ざめた意識で、地上に
生きる喜びを伝えていくことが人類を前進させる力になる」

永遠の生命という視点からみると、私たちは魂に必要な
学びを得る機会として場所も時代も選んでこの世に生まれて
いる。これはこの二人の博士に共通する世界観。

この考えが心に響く人々にとって、一生とは、不遇な時が
あろうと何とかそれを受け入れ、希望を持って前進することが
求められているのだとあらためて感じる夜になった。

美稀子さんは壮大で時に難解なシュタイナー博士の哲学を、
とても小さな現実からやさしく解説し、気づかぬうちに大きな
宇宙に繋げてくれる。

参加者の皆さんとご一緒にたくさんの勇気をいただいた。
美稀子さんと参加者の皆さんに感謝。本当にありがとう
ございます。

来年またお話を伺うのが今から楽しみです。

。*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・

どうぞ素敵な週末をお過ごしください。

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

Thank you.
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ