フラワーエッセンスの魅力

フラワーエッセンスや植物の魅力を分かち合う情報を発信しています。
2020年01月 ≪  1234567891011121314151617181920212223242526272829 ≫ 2020年03月
TOP■ 好きなモノ・コト、思う事 ≫ ●ことばの力

●ことばの力

book.jpg


「善悪の間に」~ルーミーの詩から


「善悪の彼岸に庭がある。

そこであなたに会おう」



Somewhere between right and wrong
there is a garden.

I will meet you there.



これはイスラム(スーフィズム)の

神秘主義詩人ルーミーの詩の一説です。



この詩を知って以来、

この言葉は常に

心のどこかにあり、


静かに見守り、支え、

導いてくれたように

感じています。



私たちは皆

「正しいことをする」のが当たり前で、

「間違ったこと」を決して

してはいけないと教えられて育ちます。


成長の過程で、

正しさを貫き通すことは

できない場合もあることを知り、


時には間違いを犯したり、

目をつむることも覚えます。



けれどそのような時、

心のどこかで罪悪感や自己嫌悪が湧き、

自分を傷つけてバランスを崩すことも

多いものです。


フラワーエッセンスは

こんな心理状態にもサポートになります。



その一方で、

冒頭のルーミーの詩は

別の視点ももたらしてくれます。



正誤の間にある

ガーデンとは何か─



ひとつには

「真実」

ではないでしょうか。




真実には

正しいも間違いもなく、

1つの事実しかありません。



シンプルな「事実」に付随する

正誤の判断は、

宇宙でも自然でもなく、

人間が行うものです。



個人的には、

ルーミーもこの詩で

人はもっと

とらわれから

自由になれることを

教えてくれているように

思えます。



そして、

正誤の間の

ガーデン(庭園)にこそ

調和があり、



フラワーエッセンスが

後押しする

バランスのとれた状態がある。



そのバランスのとれた

調和があってこそ


人はより深い

魂の領域への扉を開け、


自分らしい人生を

生き切ることができるのでしょう。





言葉には力があります。


人を癒し、安らぎを与え、

心を引き上げて

勇気や希望をもたらしてくれます。



4月1日~15日まで行われる

下北沢・マヒナファーマシーストアの

「月の春じたく展」


今回のテーマは

スピリットの目覚め

~呼吸とことば~



とても楽しみなイベントです。

いつものように

フラワーエッセンスのミニセッション

4月7日(土)13日(金)にさせていただきます。

どうぞ遊びにいらしてください。



mahina spring


「月の春じたく展」4月1日~15日

スピリットの目覚め

~呼吸とことば~


http://www.mahinapharmacy.com/evnet/

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

Thank you.
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ