フラワーエッセンスの魅力

フラワーエッセンスや植物の魅力を分かち合う情報を発信しています。
2019年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年09月
TOP■ 好きなモノ・コト、思う事 ≫ ●本『私の体を鞭打つ言葉』

●本『私の体を鞭打つ言葉』

20141224_02s.jpg

メリークリスマス!☆”。・°
素敵なクリスマスをお過ごしと思います。

今日は『私の体を鞭打つ言葉』という本をご紹介します。
(原田まりる著、サンマーク出版)

これはとてもわかりやすい、生きた哲学の書です。
ニーチェやショーペンハウアー、キルケゴール、プラトンをはじめと
する数々の哲学者の言葉を、著者の原田まりるさんはご自身の
印象深い(というか強烈な)経験を実例に、生きた知恵として
紹介してくれています。

先日出版記念のトーク・イベントでお話を伺いましたが、
原田さんはとても若くて元気な美しい女性です。
元レースクイーンでアイドル、現在は哲学ナビゲーターとして
活躍中。今の彼女のご様子からは想像できないほど
波乱万丈な経験を乗り越えてこられたことが書かれています。

かと言って決して「苦労しました」という類の本ではありません。
どんな経験もユーモアを交えたまじめな視点で語られ、彼女の
当時の思いに共感できます。

20141224_01s.jpg



小学生時代のイジメから始まるさまざまな出来事の渦中で
支えになったのが哲学者たちの言葉だったとのこと。
その数々の経験とともに紹介される言葉はとても心に響きます。

遠い存在だった偉人が一気に「となりのおじさん」のような
存在になり、生きた言葉として胸に響くのです。まりるさんが
自分の経験を読者に包み隠さず伝えるのは、とても勇気の
いることだったと思いますが、彼女の情熱と哲学者の言葉が
相まってガンガンと読者の胸に響きます。

この本を読んでいて、「人生は予期せぬ出来事の連続」という
言葉が何度か出てきます。
「何が起こるか?」ではなく、起こった時に「どう生きるか?」が
人生の命題だと。

その時に必要なのは、自分らしい選択をすること。その選択は
常に自由であり、自分に任されている。人や社会の価値観
ではなく、いかに自分らしい選択をするのか―。
私たちには常に「自由」という可能性があり、その自由には
常に「孤独」がついてまわります。

この本を読んで、その孤独も人生の一部として愛し、自分らしい
人生を生きようとあらためて思いました。失敗することがあっても
いいじゃないかと。。

勇気の出る言葉がたくさんちりばめられた良書。おすすめです。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。
素敵なクリスマスをお過ごしくださいね。☆“。・°

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

Thank you.
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ