フラワーエッセンスの魅力

フラワーエッセンスや植物の魅力を分かち合う情報を発信しています。
2019年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年01月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2019年12月
ARCHIVE ≫ 2019年12月
      
≪ 前月 |  2019年12月  | 翌月 ≫

●2020年・新読書会「セカンド19」について


7helpers-780.png


毎月

バッチのフラワーレメディー
 植物のかたちとはたらき
』の

読書会をおこなっています。


今月の会で

7ヘルパーズ」を読み終え、

セカンド19」の最初の3種のレメディに

入る予定です。


second-19-3remedeis-780.png


その後、2020年1月から

本格的に「セカンド19」のグループの

レメディを読み進めていきます。

~・*~・*~・*~・*

7ヘルパーズからセカンド19への流れ


*7ヘルパーズ


バッチ博士は、

自分の生き方のパターンとして

固化してしまった

感情や思考、振舞いのパターンを

やわらげ、本当の自分につながる

助けになるレメディとして

7種類をレメディに加えました。


ゴース、オーク、ヘザー、

ロック・ウォーター、

ヴァイン、オリーブ、

ワイルド・オート
です。


これらの発見過程について

文献はほとんど残っていませんが、

本書を導きに、

レメディの状態や

植物のジェスチャーを

詳しく調べると、

とても興味深い繋がりが

要所で感じられます。


バッチ博士が持論にとらわれず

高木(オーク)や灌木(ゴース、ヘザー)、

湧き水(ロック・ウォーター)からも

レメディを作り、

また海外の知人に依頼してでも

新しいレメディに加えた

植物があったことも

興味深い事実です

ヴァイン、オリーブ)。


そして

終の棲家となったソットウェルに移った後、

7ヘルパーズの7番目のレメディ

ワイルド・オート」を

加えました。


bach-centre-780.jpg


7ヘルパーズは、

「12ヒーラーズ」から

適切と思えるレメディを処方しても

改善が見られない場合に

その下準備をするものと

バッチ博士は考えました。


とくに最初の4種については

いずれも失望した状態にあり、

「自分は変われない」と思い込んで

希望を失っています。


4helpers-780.png


4ヘルパーズは、

このあきらめた状態を克服させ、

12ヒーラーズの治療範囲にまで

回復させるためのものでした。


セカンド19の発見

7ヘルパーズを完成させた

翌年の春のこと。

バッチ博士は、

ご自身の心身の不調のために

助けになるレメディを

探したことがきっかけで

セカンド19

(後半の19種のレメディ・グループ)を

作るようになりました。


その不調和な心理状態は、

博士個人のものであると同時に

多くの人が日常で経験する

苦しみや痛みの感情、

過去の記憶や

思考パターンでもあります。


セカンド19について

著者ジュリアン氏は、

こころの表層にごく近い

状態を表していると記しています。


強い否定的な感情や

理由のはっきりしない不調和、

傷ついた心、

止まらない思考パターンなど、

日常のさまざまな心理状態が

含まれています。


この3つのグループは

玉ねぎの皮にたとえられます。

p278-19-2.jpg
(本書 p.281より)


~・*~・*~・*~・*

1月からの新読書会

1月からセカンド19を読むことで、

こころの表層にある、

日常経験している感情状態と、

その状態に対応する植物について

理解を深め、

フラワーエッセンスを

より実践的に活用していくことを

目指します。


植物のジェスチャーを通して自分を知る

毎回、対象のバッチフラワーを飲みながら

仲間とともに読み進めます。

できる限り

感想やご自身の体験、気づきなどもシェアし、

あらゆる角度から

エッセンスとその植物を味わっていきます。


レメディの植物のジェスチャーを知ることで

その植物との共鳴力や

レメディの心理状態に対する共感力は

不思議なほど増していきます。


自分に対する理解

(陥りやすい心理的なパターンや感情、

受けた影響への反応や

深い心の傷などについての理解)が

深まることで、

否定的な感情、不調和に対する感覚も

より鋭敏になり、

それを受容していく力になります。


そしてネガティブ・ポジティブを超えて

全体をとらえる、

生きたレメディの活用/実践に

繋がっていくでしょう。


heal-thyself2-780.png


本書を通じて

バッチ博士が本の題名にされたように

自分自身を癒し、

本来の幸せで健康な状態へと

こころを整える

きっかけとなれば幸いです。


まずは自分から─。


ご一緒に本書を読みながら、

植物や自分自身、

宇宙の調和の世界観(ユニティ)に

より深く触れてみませんか?



こんな方々におすすめです

・バッチフラワー、バッチ博士が大好きな方

・本書を愛読されている方

・本書を持っているけれど、なかなか読めないと思っている方

・バッチフラワーをより詳しく理解し深めたい方

・植物と人間とのつながり・共鳴に興味のある方

・ご自身のレメディ経験と植物との関連について知りたい方

・バッチ博士の生き方や考え方に関心のある方

・植物の神秘性に触れたい方

・植物療法に興味がある方

・バッチフラワーをより実践的に活用したい方

・ご自身のお仕事や日常にバッチフラワーをもっと取り入れたい方

・花療法家、プラクティショナーの方 など


second-19-780.png


~ ・*~・*~・*~・*~・*
新読書会:
『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』(F&F)
「自由への探求~その先のバッチフラワーエッセンス」(Part 3)
~・*~・*~・*~・*~・*


実施内容

(予定)※内容は前後することがあります。
関連記事
Thank you.
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ