フラワーエッセンスの魅力

フラワーエッセンスや植物の魅力を分かち合う情報を発信しています。
2019年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年01月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2019年12月

●今年もありがとうございました

wreath01-780.jpg


いよいよ年末、年始に向けて

カウントダウンですね。

マツの枝が、家々の門や玄関を

飾るようになりました。


ケルトにも通じる

日本の旧暦は

太陰太陽暦


おおみそかは、

月相に由来する言葉で

月の最終日(30日)を意味し、

つごもり(晦)」と

呼ばれていました。


snow-tree-780.jpg


とくに一年の最後の日、

12月31日の大みそか(大晦日)は

おおつごもり」、

その前日(30日)は

小晦(こつごもり)」と呼ばれました。


「つごもり」とは、

月が隠れる、月籠り(つきごもり)を

さすそうです。


winter-tree-light-780.jpg


毎月、新月を第一日目とした旧暦では

月末は新月に近づいて

月が姿を隠していく

「つごもり」の頃でした。


小晦(こつごもり)の前日の29日は、

「9」が「苦」につながることから

28日までに大掃除を済ませるように

していたとのこと。


今日は28日

昔の人は今日を目安に

大掃除を終えていた…と思うと

少々あせりますが、笑

たとえ全部がかなわなくても

大切なところを清めて

新年を迎えたいものですね。


tsubaki00-780.jpg


今年もありがとうございました。

どうぞ良いお年をお迎えください。

来年もよろしくお願いいたします。

1月のワークショップ・スケジュール

関連記事
■ お知らせ | Comments(-) | Trackbacks(-)

●【ご感想】月と太陽のフラワーカード・ミニリーディング

daisy01-780.jpg


先日終了した「月の冬じたく展」

@mahina pharmacyでの

フラワーカード・ミニリーディングについて、

ご許可をいただいたお二人のご感想を

ご紹介します。

~*・~*・~*・~*・~*・

●ご感想

昨日は、ありがとうございました。

とても静謐な環境のなか、

みよ子先生の静かな温かいただずまいの

カードリーディングは、

とても安心出来ました。

確かな知識と的確なリーディングに

とても納得ができました。


太陽や月だけで考えるので無く、

太陽と月のめぐりで、

体験したことや出来事、

予定などをみていくと

関連性が理解できて

なるほどそうだったのかと驚きました。


フラワーエッセンスは安全で

穏やかに深く作用していくので、

ずっと使っていきたいです。

(M.H.さま)

~*・~*・~*・~*・~*・


自分を見つめる良い機会になりました。

とても分かりやすくて丁寧なセッションで

あたたかい気持ちになれました。

(Y.S.さま)

~*・~*・~*・~*・~*・

M.H.さま、Y.S.さま、

ご感想をありがとうございました。

いただいたお声を有難く

今後の参考にさせていただきます。


daisy02-780.jpg


フラワーカード・ミニリーディングは

季節ごとに行われる mahina pharmacyさんの

フェア「月のしたく展」で実施しています。


来年は1 Day ワークショップ

フラワーカード・リーディング実用講座」も

計画中です。

詳細が決まりましたら、お知らせいたします。

(過去に実施した実用講座>>


daisy00-780.jpg


花のカードを引くという

ささやかな行為ですが、

それを通して

本来のご自身や

より大きな世界との繋がりを

確認する機会として

お役立ていただけたら

これ以上嬉しいことはありません。


またの機会を楽しみにしています。

ご参加ありがとうございました。


1月のワークショップ・スケジュール

関連記事

●こんな時にこころのサポートを(598)

pine by Armin-780-2


「あぁ、ごめんねー。

私がもっとうまくできたらよかったのに。

結果オーライでも

申し訳なくて..」



そんなに悪い状況でもないのに

自分の力が足りないために

満足な結果が得られていないと

感じることはありませんか?


そんな時は

パイン」のフラワーエッセンスが

おすすめです。


cones01-780.jpg


もっとうまくできたはずだと

自分を責めてしまうような時、

私たちは知らないうちに

とても消耗しています。

言ってみれば、生きる力を

無駄に使ってしまっています。


パインのエッセンスは、

前向きに、建設的に

自分のエネルギーを使う

助けになります。


私たちは時に

自分に対して厳しい見方をして

自分は足りないと

罪悪感を抱いてしまうことがあります。


それが心のクセになっている場合は

いつも無意識に

自分を責め、

消耗するパターンが

できあがっているでしょう。


罪悪感を不快に思う一方で、

心のどこかで魅力も感じ、

安心を得ているような状態です。


pine-cone-02-780.jpg


それは過去の経験によって

また幼少期の環境などによって

パターン化しているかもしれません。


自分に価値があると思えず、

ここにいてよいのだと思えない、

自分の居場所がないような

不安定な状態です。




確かにこの植物を見ると

長い間、過去の記憶を

持ち続ける

ジェスチャーが見られます。


通常の木は、

花が受粉すると

果実になり、

種子を落とすか

飛ばすなどして

散布した後、越冬します。

けれども、マツの場合は

3世代の松かさ(過去の雌花)が

1本の枝についたまま

2度、3度と冬を越すのです。

(その年の新しい松かさ、

種子を内部に抱える

前年の松かさ、

種子が風に飛ばされた後も

落ちずに枝に残っている

2年前の松かさです。)
scots-pine-00-780.png


また同時に、この木には

始まりを示すジェスチャーも

見られます。


パイン(ヨーロッパアカマツ)は

北ヨーロッパで

1~7万年前の

最後の氷河期を生き抜いた

唯一のマツです。

氷河期後の不毛の大地に

シラカバとともに再びよみがえり、

巨大な原始林になって

後に広葉樹が育つ環境を

つくりました。


scots-pine-2-780.jpg


古い枝を落として

光に向かって高く伸びていく

性質もあります。


パインのジェスチャーを知ると、

この植物のエッセンスが

過去の記憶をとらえ直し、

自身の進むべき光の方向へ

まっすぐに進んでいく

助けとなることがわかります。


過去からの影響を乗り越えて

前向きに、新しい可能性を見出して進む

後押しとなるエッセンスです。


scots-pine-1-780.jpg


ケルト暦の一説では

冬至後の12月23日は

パインの日であり、

誕生、始まりを

象徴していました。>>

12月23日の翌日、24日から

1月20日までは

一番目の月、

シラカバの月です。


マツシラカバ

最後の氷河期が終わると、

大地に最初に復活し、

新しい世界が始まる

土台を整えました。


パインのエッセンスは、

私たちが

過去からの自責の念をとらえ直し

自分の居場所を整えて

新しい未来へと進む

力強いサポートとなるでしょう。


実際に日本でも、

クリスマス、お正月に

パイン、マツの枝は欠かせません。

kadomatsu-small.png
Photo by (c)Tomo.Yun


この木が実際にそうであるように、

私たちにとっても

新しく始めるための

導き手であり、守り手なのです。




happy-holidays-1-780.jpg


🎄Happy Holidays.

素敵なクリスマスをお過ごしください。





000_w400.jpg




バッチ・フラワーエッセンスは

おもにイギリスに自生する植物の

満開の花と

湧いたばかりの新鮮な水を使い、

自然界の四大元素を生かして

作られています。


約80年前に英国人医師

エドワード・バッチ博士によって

開発されて以来、

英国王室や

欧米のセレブリティも愛用する

ヒーリング・アイテムです。


こころを整え、

すこやかな毎日へと促すだけでなく、

私たちが変化し

成長していくために必要となる力

(理解力や受容力、行動力など)を高め、

前に進むサポートになります。


体験ワークショップ0-780

2020年1月22日(水)10:30~12:30
詳細はこちら>>


second-19-780.png

2020年1月19日(日)スタート
~ ・*~・*~・*~・*~・*
新読書会:
『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』(F&F)
「自由への探求~その先のバッチフラワーエッセンス」(Part 3)

~・*~・*~・*~・*~・*
関連記事

●ケルトの暦:12月23日とパインの木

christmas-1223-780.jpg


昨日の冬至

「死と復活」の大きな節目の日。


日本の旧暦と同じ、

太陰太陽暦である

ケルトの暦の一説では、

一年を13の月に分け、

各月に

その月を象徴する

聖樹(守護樹)の

名前をつけていました。


celtic-year-780.jpg


また13の月に加え、

一年の節目となる日、

冬至、夏至、春分、秋分などにも

聖樹が当てられています。


昨日の冬至は、

イチイの木を

聖樹とする日でした。


冬至は闇の時間が

一番長い日です。

この日を境に

光の時間が徐々に長くなっていきます。


yew-tree1-780.jpg



ドルイド(古代ケルトの神官)は

地下世界からこの世に

太陽神を呼び戻して

復活させるために、

イチイ」と「マツ」の大焚火をしたと

言われています。


永遠の生命を信じた

古代ケルトの人は、

生と死のサイクルの象徴として

イチイを「死」の木、

マツを「誕生」の木として

大切にしていました。



scots-pine-1-780.jpg


マツ

バッチフラワー

パイン」です。


パイン(ヨーロッパアカマツ)は、

1~7万年前の最後の氷河期に

生き残った唯一のマツと言われています。


氷河期が終わると、

シラカバとともに

巨大な原始林を作り、

そのあと広葉樹が育つように

環境を整えた植物です。


人間、とくに

北ヨーロッパに住んだ

古代ケルト人

マツを「火の木」と呼び、

木に火を灯して

明かりとして役立てました。


女性に縁の深い木でもあり、

ギリシャ神話の月の女神や、

ケルトの白い女神とも

つながりがあります。


マツは

月の女神、

狩猟と純潔の女神でもある

アルテミスの聖樹です。

アルテミスは出産、

子どもの誕生を

司っていました。


baby-2-780.jpg



この女神との繋がりからも

マツは「誕生の木」、

新しい生命の始まりを

守護する木と

とらえられました。


今でも北ヨーロッパでは

誕生日にマツの木を飾る風習が

残っているそうです。


christmas-decorations1-780.jpg


25日のクリスマスは

キリストの誕生日を

祝う日ですが、

昔は

12月23日に祝っていたとのこと。


人々は、キリストの誕生と、

「光の半年」の始まりを一緒に

12月23日に祝っていたのです。

マツに火をともし、

太陽の復活を喜びました。


fire03-780.jpg


太陽は生命の源の光であり、

その光は、

暗い冬の間も

マツのような

常緑の植物の中に

蓄えられていると

考えられました。


pine-leaves01-780.jpg


このような

マツと人間のかかわりの

長い歴史の一端を知ると、

今日という日が

あらためて

太陽や源の光とつながる

とくべつ大切な、

タイミングなのだと

思えます。


今日は

心に光を呼びもどし

光につながる日。


そして、

古いものが死んで

新しい何かが誕生するような

切り替えの時です。




happy-holidays-1-780.jpg


クリスマス、年末に向けて

だんだんあわただしくなってきました。

こんな時だからこそ、

大切に時間を過ごしたいですね。

Happy Holidays.

どうぞお元気でお過ごしください。


1月のワークショップ・スケジュール
関連記事

●「月と太陽のフラワーカード・ミニリーディング」終了しました。

f-c-mini-reading2109-12-3-780.jpg


ご参加くださった皆さま、

ありがとうございました。



第2日目の昨日は、

ちょうど月がさそり座に移った日。

さそり座の方にとって、

昨日は新しいサイクルの

スタートとなる日でした。


そのことを、

わたしも、来られた皆さんも、

まったく意識していなかったのですが、

ほとんどの方の太陽星座

さそり座だったことに驚きました。


気づいても、気づかなくても、

天体や自然のめぐりの中で

私たちは生かされているのだと

納得するような1日でした。


引かれたカードも

今のご自分に力強い

後押しになるようなメッセージ。

この冬至という

ターニング・ポイントに

ぴったりの内容であったように感じています。


それを他の誰でもない

ご自身が偶然のようにして引いた

フラワー・カードが物語っていました。


mini-reading-780.png


あらためて

ご自分の内に答えがあること、

そしてそれを導く

見えない力の存在に感じ入っています。

~・*~・*~・*


自然のめぐりに呼応するわたしに出会う

フラワーカード・リーディング

次の機会を今から楽しみにしています。

ありがとうございました。




1月のスケジュー


体験ワークショップ0-780

2020年1月22日(水)10:30~12:30
詳細はこちら>>


2020年1月19日(日)スタート
second-19-780.png

~ ・*~・*~・*~・*~・*
新読書会:
『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』(F&F)
「自由への探求~その先のバッチフラワーエッセンス」(Part 3)

~・*~・*~・*~・*~・*
関連記事
Thank you.
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ