フラワーエッセンスの魅力

フラワーエッセンスや植物の魅力を分かち合う情報を発信しています。
2019年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年11月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2019年10月
ARCHIVE ≫ 2019年10月
      
≪ 前月 |  2019年10月  | 翌月 ≫

●【ご感想】新読書会 part2 「7ヘルパーズ」

oak5-leaves-780.jpg


10月20日から新読書会(Part 2)が始まりました。

バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき
自由への探求~その先のバッチ・フラワーエッセンス」 
 ~Part 2 「7ヘルパーズ」を読む


ご許可をいただき、

参加者様のお声を

紹介させていただきます。


本書に書かれた

7ヘルパーズ」発見の背景やきっかけを読むたびに、

深い感動があります。


一連の12ヒーラーズのレメディの発見後、

バッチ博士が持論にとらわれず

新たにレメディを発見していく過程は

とてもドラマティックで情熱的です。


見えない大きな導きの力にも感じ入ります。


皆で読み進めることで

プラス/マイナスの(調和/不調和)状態を超え、

レメディの植物やレメディの状態の意味深さと可能性に

あらためて深く感じ入ることも多いのです。


27日(日)に同じ内容でウェブ講座を行います。

あと2名様にお申込みいただけます。

どうぞご参加ください。

  詳細>>




oak3-leaves-1-780.jpg


~*・*~・*~*・*~・*~*・*~・*~*・*~・*~


●一番印象に残っこと
 
お話の中でムードレメディとタイプレメディは

はっきり区分けはできないけれど、

発見順も気にしつつ全体を見ていくことの

大切さについてうかがったことです。


●今回読んだレメディに共感した点
 
オークの木がすかっり朽ち果てて

崩れそうになっても新しい葉や花、

果樹を付け、

鳥や動物たちの避難場所と

食べ物を与え、

困難でも奮闘し続け、

自分の限界をはるかに超えているのに

やめることをしない点です。


それは一見とても良いことに思えるのですが、

自己犠牲の上に成り立っていて

とても苦しい状態です。
 
バランスが取れると、

与えることと同時に受け取ることを知り

全体性のプロセス中で調和できるということです。


●全体のご感想
  
今回もとても深い時間で、

一つ一つのレメディの解説を聞きながら

読み進めていく時間が

とても勉強になります。


今回のように著作集を参照しながらの進め方は

レメディの背景がわかりやすくてよかったです。

著作集っておもしろい!と思いました。

今までただ読むだけだったのですが、

流れを感じて読み進めていくと

もっと分かることが増えていくような気がしました。


~*・*~・*~*・*~・*~*・*~・*~*・*~・*~


K.T.さま、ありがとうございます。

貴重なお声を今後の会に生かさせていただきます。


今回は本章の導入部分で

『著作集』にある講演の記録も参照しながら

ゆっくり読んだことで、

オークまでとなりました。

来週のWeb講座でも同様に

オークまで読み進めていく予定です。

10月27日(日)Web講座
   詳細>> お申込み>>



来月はヘザーロック・ウォーターを読み、

古代ケルトにゆかりの深い植物等について触れた後、

時間の限り第10章のヴァインオリーブ

読んでいきたいと思います。

11月もどうぞよろしくお願いいたします。


まだお席に余裕があります。

ピンと来られた方はどうぞご参加ください。>>



●新読書会
「自由への探求~その先のバッチ・フラワーエッセンス
(part 2 第2回)」


 11月17日(日)/※24日(日)
 13:00~17:00
 ※ Web講座

 *第9章 4ヘルパーズ
 (ヘザー、ロック・ウォーター)

 *古代ケルトにゆかりの植物とバッチフラワー

 *4ヘルパーズに見る四大元素

 *第10章 「7ヘルパーズの完成」 p.167~
  (ヴァイン、オリーブ、ワイルド・オート)※

 ※一部次回に繰り越される可能性があります。

   詳細>>  お申込み>>
関連記事
Thank you.
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ