フラワーエッセンスの魅力

フラワーエッセンスや植物の魅力を分かち合う情報を発信しています。
2019年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年11月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2019年10月
ARCHIVE ≫ 2019年10月
      
≪ 前月 |  2019年10月  | 翌月 ≫

●【ご感想】ポスター講座と「7ヘルパーズ」

insects-780.jpg



9月30日に実施した

バッチフラワー・カラーポスターを題材にした

ポスター講座について、

ご許可をいただき、

参加者様のお声を

紹介させていただきます。


このポスターを見ることで、

バッチフラワー38種類の

発見順のグループも

よくわかります。


バッチ博士は38種類を発見した後、

心理状態を7つのグループに

分類しました。


通常私たちが感情状態を目安に

レメディを選ぶ時、

指標にするのが

7つのグループ(カテゴリー)です。


一方、発見順のグループは、

*12ヒーラーズ

12の魂のタイプ(その人の気質)に対応する

12種類のエッセンス

*7ヘルパーズ

生まれてから

環境とうまく折り合うために

本人が後天的に身に着けた

行動・思考・心理状態のパターン。


バッチ博士は

12ヒーラーズを処方していくなかで、

12種のタイプがはっきりしない場合にも

出会いました。


場合によっては、

患者の状態が12ヒーラーズの

どのレメディにも該当しないように

思えることがあります。...



そのような人は自分の個性、

自分の性格の多くを失っています。
」と

記しています。


該当する12ヒーラーズの

レメディを知るためには、

凝り固まった、決まりきった考え方、

決まりきったやり方から

抜け出す助けが必要です
」と

記しています。


そして

本人の個性が

十分に取り戻されるまでに改善したら、

申し分のない健康を回復するために、

どの12ヒーラーズを必要としているのかが

わかるようになります
」と

考えました。


このような経緯で

7ヘルパーズは発見されました。


このポスターを概観することで

38種が発見された順番や

その背景を

あらたえてとらえることができます。

(参考:ジュリアン・バーナード
バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき

英国f.r.p.)p.140-141


バッチ・フラワーレメディ38種類の全体像をとらえる

楽しく意味深い内容です。

(次回は来年の春に実施予定です。)

「7ヘルパーズ」の読書会>>

~~*・~*・~*・~*・*・~*・~*・

【ご感想】

*一番印象に残ったこと

38種類があのような形で

ぴったり収まっているのが

すごくびっくりしました。

12、7、19の数字が、

偶然ではなかったということに

驚きました~



*バッチの38種類の全体像を概観したことは、
これからのエッセンスの利用に役立つと思いますか?


玉ねぎのどの部分なのかなと

考えたりするのが

役に立つような気がします。

あと、1本1本の意味を

もう少し深く考えるようになる気がします。




*全体のご感想


今まで個別の臨床例ばかりを

読み解いてきましたが

初めて俯瞰でエッセンスの全体像を見たので、

すごく驚くとともに

ズドンと腑に落ちるような

感動を味わいました。

最初にこの全体像から入っていたら、

また違った印象だったと思うので

順番が逆でよかったと思います~



*もしポスターの作者に伝えられるとしたら、
どんなことを伝えたいですか?


何となくステンドグラスみたいな雰囲気ですね!


~~*・~*・~*・~*・*・~*・~*・


N.T.さま、お声をお聞かせいただき、

ありがとうございます。


おっしゃるように、

私たちは普段レメディを使う時、

おもにレメディの意味(心理状態)を

中心に選びます。


バッチフラワーの全体像を知ることで

あらためて

レメディの特徴について

わかる点も多くありますね。


全体的な視点も持って

レメディを選ぶことで

実践に生かす可能性も

広がるように感じます。


●・〇・●・


今月から「7ヘルパーズ」を読む

読書会が始まります。

バッチ博士が最初に発見された

12ヒーラーズと呼ばれる

12種類のレメディ・グループの後に

発見された

12種類を「ヘルプ(補助)」する

7種類のヘルパーズ(癒し手)のレメディ

ゴース、オーク、ヘザー、

オリーブ、ヴァイン、ワイルド・オート



それぞれに

ジェスチャーと、

対応する人間の心理状態があり、

特徴的な物語があります。


この興味深いグループについて

ご一緒に読み進めていけることを

とても楽しみにしています。

どうぞお気軽にご参加ください。


10月からの新読書会

~・*~・*~・*~・*~・*~・*
『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』
「自由への探求~その先のバッチ・フラワーエッセンス」 

~・*~・*~・*~・*~・*~・*

10月20日(日)  27日(日)
 第9章 4ヘルパーズ
 (ゴース、オーク、ヘザー、ロック・ウォーター)

11月17日(日)  24日(日)
 第10章 「7ヘルパーズの完成」 p.167~
 (ヴァイン、オリーブ、ワイルド・オート)

12月15日(日)  22日(日)
 第11章「後半のレメディーの始まり」 p.181 ~
 (チェリー・プラム、エルム、アスペン)

ウェブ講座


●会場
 下北沢・マヒナファーマシーストア

●ガイド役
 谷口みよ子(花療法家、訳者)

●会費(資料代・税込み)
 5500円※
 ※3回まとめてのお申込み:15,000円

●持ち物
 筆記用具、
ジュリアン・バーナード著/編
バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき
『バッチフラワー 内なるエッセンス』
『エドワード・バッチ著作集』

●定員
 8名

●主催
 フラワーエッセンスの魅力|スペースハナ

●後援
 フラワーレメディー・プログラム・ジャパン

~・*~・*~・*~・*~・*
   お申込み>>
~・*~・*~・*~・*~・*
関連記事
Thank you.
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ