フラワーエッセンスの魅力

フラワーエッセンスや植物の魅力を分かち合う情報を発信しています。
2019年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年07月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2019年06月
ARCHIVE ≫ 2019年06月
      
≪ 前月 |  2019年06月  | 翌月 ≫

●こころ豊かなカフェ時間

0607_florist.jpg


5月のある日のこと。

ぜひB子さんと

植物カフェをご一緒したいと

数か月前から約束し、

楽しみにしていたミーティング。


やっと実現しました。



素敵な花屋さんの上が

カフェになっています。



0607_florist5.jpg



広尾は

月に一度、

広尾88アカデミー

バッチフラワーの

インストラクターの先生方を対象とした

フォローアップ講座に

お伺いしていることなどで

縁のある場所です。



講座の後は

参加された先生方と

ランチをご一緒するので、

当然こちらにも

立ち寄ったことがあります。


けれど、4月から

毎週火曜日定休になったとのこと。

講座はちょうど火曜日のため

食事ができませんでした。


(→今回カフェの方に伺うと、

実はそれは花屋さんだけで、

カフェは営業していたそうです。)




0607_florist6.jpg



入口の上のツリー・ハウスが目印です。


3Fは室内のテーブル席、

4Fはテラス席になっていました。



階段のコーナーには

植物モチーフの

素敵なオブジェが。


0607_florist3.jpg


この日はお天気が良く

気持ちの良い風が吹いていたので、

テラス席に座りました。

まだ蚊もいない時期で、

とても気持ち良かったです。




メニューは

健康に配慮した野菜中心の食事や

ナチュラル系のドリンクが中心です。


迷った末、

ヘルシーランチをいただきました。


0607_florist4.jpg


野菜が豊富なだけでなく、

食べていると、こころも満たされる

豊かで幸せなランチ。


忙しいとつい忘れがちですが、

食事とは本来そういうものですね。


プレートにのせられたお惣菜も

ちょっとした工夫で

普段も作れそうなもののよう。

参考になりました。




植物が大好きな方、

心地よい風の吹く素敵なお店です。


Cafe Les Grands Arbres

カフェ レ・グラン・ザルブル

(「大きな木」という意味だそうです)


★火曜日もカフェは営業しているとのこと。

インストラクターの先生方、

講座の後、ぜひご一緒しましょう。


0607_green_500.jpg
関連記事

●【ご感想】新読書会第4回(第4章・6章)

0607_b00k_780.jpg



毎月訳書『バッチのフラワーレメディー
植物のかたちとはたらき
』を読む

読書会を行っています。


5月の会のご感想を

ご許可をいただき紹介させていただきます。
  

~・*~・*~・*~・*
  
●印象に残ったこと
  

病気というものが、

自分の生き方を変える明確な機会となること

(74・75ページ)。


このフレーズを読んだり、聞くたびに、

自分の経験を振り返ります。


15年ほど一緒に歩んでしまった病は、

自分にとってどんな意味があったのか、

これから自分をどう変えていくことが大切なのか等を考えますが、

まだ気づけていない、取り組めていないとも思っています。


まだ、向き合えていないのかもしれないと内省も始まります…。


自分に気づく・自分を変える・変える

勇気を持つことが大切かなと思います。
  


●全体のご感想
  

皆さんと学ぶということに、

本当に意味があると思います。


私にはない価値観や気づきを

いただける貴重な機会です。


また、疑問や感想を発信することで、

様々な解釈をみよ子先生よりいただき、

解釈の幅が広がります。


言葉にして、自分から出すことの大切さも

実感しました。 


自分に置き換えながら、読み進めています。

いつもながら、頭で考えすぎかも…と思いますが、

自分を俯瞰してみる良い機会にもなっています。
 

~・*~・*~・*~・*
  

R.S.様、ありがとうございます。


バッチ博士ご自身も30歳で

癌を患い、余命3か月と言われながら

復活した経験をお持ちです。


その後の人生は、

「なぜ自分は病気になったのか」という疑問も含め、

人はなぜ病気になるのか、

どうしたら回復するのかを

明らかにする過程でもありました。


毎回本書をご一緒に読むことを通じても

「自分を癒す」機会を

さまざまな角度から与えられているように思います。


*各レメディについて知ること、

*植物のかたちとはたらきの詳細を知ることで
その背後にある見えない意図を探ること、

*当時のバッチ博士の状況や研究過程を掘り下げること など...


次回も

その発見過程とレメディを知ることを通じて

あらためて自分を知り癒す機会になればと思います。


どうぞよろしくお願いいたします。


--------------------------
  

次回は6月16日(日)13時から下北沢にて
  

バッチフラワーをより深く学びたい方、

どうぞお気軽にご参加ください。


■お申込み>>

~・*

※ウェブ参加可能な会は6月24日(月)10~13時


いつからでも自由にご参加いただけます。

どうぞお気軽にお申込みください。
  
関連記事

●夏至直前のサポートに

0607_mahina wild rose


6月3日(月・新月)

ウェブマガジン mahina pharmacy に寄稿させていただきました。
  

夏至の前に振り返り、気持ちを整えて

ハートに暖かさを取り戻す助けになるレメディをご紹介しました。


ピンク色のハート形の花びらを持つ

ワイルド・ローズ」は

夏至の頃満開になります。


wild rose_s

関連記事
Thank you.
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ