フラワーエッセンスの魅力

フラワーエッセンスや植物の魅力を分かち合う情報を発信しています。
2019年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年07月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2019年06月
ARCHIVE ≫ 2019年06月
       次ページ ≫
≪ 前月 |  2019年06月  | 翌月 ≫

●【ご感想】新読書会第5回(第6章)

0624-book-780.jpg


毎月訳書

バッチのフラワーレメディー

植物のかたちとはたらき


(ジュリアン・バーナード著)を読む

読書会を行っています。


先日の第5回は、

アグリモニーの後半から

チコリーヴァーベイン

セントーリーまで

読み進めました。


これらのレメディーは

1930年、

バッチ博士が太陽法を開発された後

クローマーで発見されたエッセンスです。


アグリモニー、チコリー、ヴァーベインは

ハーブ療法でも使われている

多年生の植物で、

共通点も多くあります。


これから満開の時期を迎えます。

観察するのが楽しみな花たちです。


~・*~・*~・*~・*~・*~・*~・*

ご感想

一番印象に残ったのは、

ここまで読んできたレメディの植物の

種の実らせ方や放ち方が

全て違っているということで、

植物や自然界の多様性を感じました。


それぞれがその植物にとって、

恐らく最善の方法に進化した結果で、

そこには正解も不正解もないと考えると、

レメディのマイナスやプラスと表現される状態も、

良い悪いと捉えられがちだけれど、

多様性と捉えればいいのかなと

思いました。


ミムラスが果敢に水に種子を放つ姿は

素晴らしく、

アグリモニーの

2つの種子が1つの殻に一緒に入っていて、

何かに引っ付いて移動する姿も

なんだか微笑ましくて好きです。


~・*~・*~・*~・*~・*~・*~・*

agrimony-780.jpg


T.I.様、ありがとうございます。


確かに種子の放つ様子が

アグリモニーまですべて違っているのは

とても興味深いですね。


種子の放ち方を見るだけでも

植物の個性とそのレメディの状態を

うかがいしることができます。


その違いを知ることで

「プラス・マイナス」、

「良い・悪い」という判断を超えた

高い視点が得られます。


物事は「良い」でも「悪い」でもない

個性であり、

私たちがそれをどうとらえるかに

よるのだと気づかせてくれます。


自分を痛める方向ではなく、

物事の本質をとらえて

取り組むサポートにもなる

フラワーエッセンスについて

あらためて理解が深まります。



次回は英国で自生しない

唯一の植物「セラトー」から

読み進めます。


バッチ博士がセラトーに出会う前、

当時のチベットからもたらされた物語も

とても興味深く、

示唆に富んでいます。


来月もよろしくお願いいたします!


   ~*~

次回の日曜の会は、

7月21日 13~17時です。

第6章でセラトー、スクレランサスを

第7章でウォーター・バイオレット、

ゲンチアン、ロック・ローズまで

読み進める予定です。

残席が少しあります。

ピンと来られた方、

どうぞお気軽にご参加ください。>>

~・*~・*~・*~・*~・*~・*~・*  

~新読書会~
『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』
「自由への探求~その先のバッチ・フラワーエッセンス」

■7月21日(日)13:00~17:00
第6回
クローマーで発見した植物~愛するクローマー(第6章 p.109~)、
12ヒーラーズの完成(第7章)
 詳細>>  お申込み>>


■7月22日(月)10:00~13:00(Web受講可)
第5回
クローマーで発見した植物~愛するクローマー(第6章)
 詳細>> お申込み>> ウェブ講座お申込み>>
関連記事

●【ご感想】新読書会第5回(第6章)

book01_bs.png


毎月訳書

バッチのフラワーレメディー

植物のかたちとはたらき


(ジュリアン・バーナード著)を読む

読書会を行っています。


先日、「第6章」で読んだ、

アグリモニー

チコリーヴァーベインは、

ハーブ療法でも使われている

多年生の植物で、

共通点も多くあります。


これから満開の時期を迎えます。

観察するのが楽しみな花たちです。


~・*~・*~・*~・*~・*~・*~・*

ご感想

今回講座を受ける前に

東京都薬用植物園に行ったことが

理解の助けになりました。


ちょうどチコリーとヴァーベインが開花していて、

アグリモニー(葉っぱだけでしたが)も

見ることができました。


ヴァーベインは儚げで可愛らしい花が

なぜ強いのだろうと疑問に思っていましたが、

実際に植物全体を見ると茎が直線的で強そう。

なんだかツンツンしてどことなく

近寄りがたい印象を受けました。

花が本当に小さく

うっかり前を通り過ぎてしまいそうでした。

植物の部分だけではなく全体を見ると

新たな発見があり少し植物に近づけたようです。


今回はみなさんの体験や疑問などを

聞くことができて楽しかったです。


いっしょに学んでいる方のことも

少しづつですが知ることができて

レメディの理解も進むような気がしました。


映像を見ること、

体験を聞くこと、

実際に植物に触れて見ること。


どちらかというと

感覚で物事を理解していくタイプの私には

とても有意義でした。


いろいろなタイプの方が

いらっしゃると思うので

それぞれだとは思いますが、、、。


また次回もよろしくお願いいたします。


~・*~・*~・*~・*~・*~・*~・*

vervain2-780.jpg


K.T.様、ありがとうございます。


ちょうどレメディの植物を実際に見た後に

今回ご参加いただいたとのこと。

とてもよいタイミングでしたね。


これから満開を迎える

今回のレメディ・フラワーでしたが、

開花前の様子にも

各部位からレメディの心理状態の多くを

読み取ることができます。


本書にあるように、

五感を通じて観察することで、

五感(視覚、聴覚、触覚、臭覚、味覚)を超えた第六感、

すなわち目に見えない

植物の特質を感じ取る力
」(p.42)を

鋭敏にしていきたいですね。


次回は物語の多い「セラトー」から

読み進めます。


来月もよろしくお願いいたします!


   ~*~

次回の日曜の会は、

7月21日 13~17時です。

セラトー、スクレランサスを読んだ後

第7章に入り、

ウォーター・バイオレット、

ゲンチアン、ロック・ローズの発見まで

読んでいく予定です。

残席が少しあります。

ピンと来られた方、

どうぞお気軽にご参加ください。>>

~・*~・*~・*~・*~・*~・*~・*  

~新読書会~
『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』
「自由への探求~その先のバッチ・フラワーエッセンス」

■7月21日(日)13:00~17:00
第6回
クローマーで発見した植物~愛するクローマー(第6章 p.109~)、12ヒーラーズの完成(第7章)
 詳細>>  お申込み>>


ウェブ同時開催の読書会は、6月24日(月)10時~13時。
【お申込み受付中】です。


■6月24日(月)10:00~13:00(Web受講可)
第4回
バッチ博士の著作の特徴と主な概要(第4章 p.80~)
花のレメディ探し~植物の特徴と歩いた場所(第6章)

 詳細>> お申込み>> ウェブ講座お申込み>>

関連記事

●【ご感想】新読書会第5回(第6章)

book book_bs


毎月訳書

バッチのフラワーレメディー

植物のかたちとはたらき


(ジュリアン・バーナード著)を読む

読書会を行っています。


先日の第5回は、

アグリモニーの後半から

チコリーヴァーベイン

セントーリーまで

読み進めました。


これらのレメディーは

1930年、

バッチ博士が太陽法を開発された後

クローマーで発見されたエッセンスです。


アグリモニー、チコリー、ヴァーベインは

ハーブ療法でも使われている

多年生の植物で、

共通点も多くあります。


これから開花の時期を迎えます。

観察するのが楽しみな花たちです。


~・*~・*~・*~・*~・*~・*~・*

ご感想

今回は2回目でしたので、

とてもリラックスして参加出来ました。

時間もあっという間に過ぎて

終了になってしまいました。

バッチ博士のこと、バッチフラワーレメディのこと、

知れば知るほど奥深く、

その素晴らしさに圧倒されます。


バッチ博士も、各々のお花を発見した時には、

例えばインパチェンスは一年草だとか、そういうことは

あまり知らなかったと思うのですが、

それでもインパチェンスの花の特徴を

即座に正確につかんでレメディにしていったのは

すごいなと思いました。


ヴァーベインは、やり過ぎのレメディだということは

分かっていましたが、

インパチェンスとの違い、

感情的と思考的など、なるほどと、とても納得しました。


植物のジェスチャーから

いろいろなことが読み取れるというのは、

とても興味深く、とても納得出来ます。


参加されている方のレベルがとても高いので、

私もがんばろう!と思います。

テーブルが一つだと一体感があっていいなと思いました。

また来月もどうぞよろしくお願いいたします。


~・*~・*~・*~・*~・*~・*~・*

vervain-armin-780.jpg


Y.M.様、ありがとうございます。

レメディの心理状態の違いを

植物のジェスチャーからとらていくと、

その個性や違い、似ている点も

よくわかりますね。

次回は物語の多い「セラトー」から

読み進めます。


バッチ博士の考えられた

フラワーレメディ(エッセンス)は

ご存知のように、誰もが自由に使える

セルフヘルプの植物療法です。


「レベル」ということはさておき、

自由な心で興味を持って

植物とフラワーレメディの奥深い世界を

探求していけたらと思います。


来月もよろしくお願いいたします!


   ~*~

次回の日曜の会は、

7月21日 13~17時です。

セラトー、スクレランサスを読んだ後

第7章に入り、

ウォーター・バイオレット、

ゲンチアン、ロック・ローズの発見まで

読んでいく予定です。

残席が少しあります。

ピンと来られた方、

どうぞお気軽にご参加ください。>>

~・*~・*~・*~・*~・*~・*~・*  

~新読書会~
『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』
「自由への探求~その先のバッチ・フラワーエッセンス」

■7月21日(日)13:00~17:00
第6回
クローマーで発見した植物~愛するクローマー(第6章 p.109~)、12ヒーラーズの完成(第7章)
 詳細>>  お申込み>>


ウェブ同時開催の読書会は、6月24日(月)10時~13時。
【お申込み受付中】です。


■6月24日(月)10:00~13:00(Web受講可)
第4回
バッチ博士の著作の特徴と主な概要(第4章 p.80~)
花のレメディ探し~植物の特徴と歩いた場所(第6章)

 詳細>> お申込み>> ウェブ講座お申込み>>

関連記事

●こんな時にこころのサポートを(582)

Sweet Chestnut Armin 780


「どうしたらいいのか.. もう無理、何もできない..」


苦しい時、

私たちは何とか乗り切ろうと

自分なりに

勇気と希望をもって

取り組みます。


けれど、それも限界と感じると、

追い詰められた気分になり

途方に暮れてしまいます。



どうしたらよいのか...

答えは見つからず、

なすすべがない、と

絶望的な気持ちになる時、


スイート・チェストナット」の

フラワーエッセンスが

助けになります。



市販のストックボトルから

2滴ずつ、1日4回を目安に

舌下にたらして

飲んでみてください。


心に落ち着きをもたらします。


苦しい時というのは

何かしらの変化を促されている時。


これまでのやり方やあり方、

人間関係や物事に対する思いなど、

どんなこと(もの)にも執着せず

変化していく軽やかさと柔軟性を

もたらしてくれます。



自分の内面的な変化を受け入れ、

苦しくても

明けない夜はないことを信頼して

困難を前向きに乗り切っていく

後押しとなる

力強いエッセンスです。



...... エッセンスが出来上がると

母液はマホガニー材のような濃い赤褐色になります。

── ピリッとする味があり、

刺激を与え、

意識を目覚めさせます。

しかし、

その時に生まれる感覚は

穏やかで、

ハートの中が金色に輝くようです。

助けを求める叫びは聞き届けられる... 』と

バッチ博士は記しました。

闇夜の後に、太陽は上ります。


─ジュリアン・バーナード
バッチのフラワーレメディー
植物のかたちとはたらき
』p.275 より


~・*~・*~・*~・*~・*~・*~・*  

~新読書会~
『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』
「自由への探求~その先のバッチ・フラワーエッセンス



■6月27日(月)10:00~13:00(Web受講可)
第4回
バッチ博士の著作の特徴と主な概要(第4章 p.80~)
花のレメディ探し~植物の特徴と歩いた場所(第6章)
 詳細>> お申込み>> ウェブ講座お申込み>>


■7月21日(日)13:00~17:00
第6回
クローマーで発見した植物~愛するクローマー(第6章 p.109~)
 詳細>>  お申込み>>


■7月22日(月)10:00~13:00(Web受講可)
第5回
バッチ博士の著作の特徴と主な概要(第4章 p.80~)
クローマーで発見した植物~愛するクローマー (F&F 第6章)
 詳細>> お申込み>> ウェブ講座お申込み>>

関連記事

●楽しい季節がやってきた

ajisai01.jpg



アジサイの「アナベル」が

美しく咲き乱れるTさんのお庭。




ajisai02.jpg


その反対側に

毎年この季節、

ワクワクする場所が

あります。


アナベルの優雅な雰囲気とは正反対の

とても「現実的」と言えそうなエリア。


turu04.jpg



夏を前に

どんどんつるを伸ばす

植物たちの育つ場所です。



この様子を見ていると、

なぜだか元気が湧いてきます。笑


巻き付くものを

さがす様子も

turu01.jpg





出会ったものに

しっかりと巻き付く様子も

turu03.jpg


見ていると

楽しくなって

無条件に元気になる。


つる性の植物の

不思議なチカラ..。


楽しい季節がやってきました。


turu02.jpg
関連記事
Thank you.
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ