フラワーエッセンスの魅力

フラワーエッセンスや植物の魅力を分かち合う情報を発信しています。
2019年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年07月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2019年06月
ARCHIVE ≫ 2019年06月
≪ 前ページ       
≪ 前月 |  2019年06月  | 翌月 ≫

●【ご感想】新読書会第3回(第2章・4章)

0611-book-780.jpg

毎月訳書

バッチのフラワーレメディー

植物のかたちとはたらき


(ジュリアン・バーナード著)を読む

読書会を行っています。


ウェブ講座同時開催の会は、

ナチュラルメディスン研究所様の運営により、

毎月第四月曜日に実施しています。


代表の佐藤真理さんが

SNSに投稿されたご感想を

こちらでも紹介させていただきます。


佐藤真理さんは、

長年フラワーエッセンス、ホメオパシーを含む

ナチュラルメディスンを活用され、

その魅力や利用法などについて

情熱的に伝えていらっしゃいます。

またご自身が

フラワーエッセンスの作り手でもあります。


真理さんの情熱が伝わってくる文章です。

  
~・*~・*~・*~・*
  
●ご感想
   
昨日はバッチ博士の

毎月恒例のwebセミナーでした。


私の大好きな場所「病の真の原因」でした。

またまた、衝撃を受けました。


ジュリアン・バーナード氏の著書

植物のかたちとはたらき」を読み解く講座です。


年代を追って彼が死を迎える時までの講演の記述、

また話す内容が対象者によって配慮されていました。



医学界やホメオパスたちに爆弾を投じ

新たな医療を信念を持って伝えてます。



ナビゲーターの谷口さんは、

セミナーの資料ではその記述を

エドワード・バッチ著作集の中からも

紹介してくれています。



年代を追って

バッチ博士が最後に伝えたかった

フラワーエッセンスの真髄に

改めて私のハートを掴まれた 笑



彼は確実に亡くなってからも

仕事をし続けている。


未来の病院を私はイメージしてきました。

その構想そのものでした。


「治癒すること」の

この半年ぐらいのテーマの答えが

やはりここにあった。


フラワーエッセンスは

やはり生活と共にあったことを

改めて実感しました。


人生にすごい宝物を得ていたような気がします。


15年もの歳月ここから離れられなかった意味も

今なら理解できます。


「シンプルに」


前半はあと2回。


後半6回もまた続きます。


~・*~・*~・*~・*
  

真理さん、ありがとうございます。

シンプルであることは

フラワーエッセンスやバッチ博士の考え方の

大きな特徴であり、魅力ですね。


そしてシンプルであると同時に

とても深遠な世界です。


本書を通じて

楽しく探求していけたらと思います。

次回もよろしくお願いいたします。
  
--------------------------
    
次回のウェブ講座同時開催の読書会

6月24日(月)10時から下北沢にて。
  
バッチフラワーをより深く学びたい方、

どうぞお気軽にご参加ください。
     
■詳細>>  ■お申込み>>

★ウェブ受講のお申込み>>
  
バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき
(ジュリアン・バーナード、英国フラワーレメディー・プログラム発行)
  
関連記事

●こんな時にこころのサポートを(581)

star_s.jpg


「あの時のショックがずっと続いてる。

でも気にしないで。

平気だから。

自分で何とかするから、

放っておいて。」




過去に受けたショックや

心の傷が

どこかにずっと

残っていると

感じることはありませんか?



人からの慰めや助けも

有難いことではあっても

受け入れる気になれず、

放っておいてほしいと思う時



スター・オブ・ベツレヘム」の

フラワーエッセンスが

おすすめです。



市販のストックボトルから

2滴ずつ、1日4回を目安に

舌下にたらして

飲んでみてください。




心に落ち着きを取り戻す

サポートになります。



自分の中で

ショックを和らげるために

神経や感受性を

麻痺させているような時に


心のゆがみを整え、

滞っていた生命力をよみがえらせて

現実に取り組む後押しになる

とても頼りになるレメディです。



...ダビデの星は

2つの三角形でできています。

この形は天と地の合一の象徴として

用いられることもあります。


下向きの三角形が

霊的な世界を表し、


上向きの三角形が

物質界を表します。


これらの三角形は、

調和と健康に繋がる

バランスのとれた力を

象徴しています。


これがスター・オブ・ベツレヘムの

ポジティブな状態、

秩序のある

バランスのとれた状態です。


スター・オブ・ベツレヘムの

花の星型には、

このような幾何学的形状の

全てが表れています。



─ジュリアン・バーナード
バッチのフラワーレメディー
植物のかたちとはたらき
』p.247 より

  


~新読書会~
『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』
「自由への探求~その先のバッチ・フラワーエッセンス」


■6月16日(日)13:00~17:00
第5回
クローマーで発見した植物~愛するクローマー(第6章 p.93~)
 詳細>>  お申込み>>


■6月27日(月)10:00~13:00(Web受講可)
第4回
バッチ博士の著作の特徴と主な概要(第4章 p.80~)
花のレメディ探し~植物の特徴と歩いた場所(第6章)
 詳細>> お申込み>> ウェブ講座お申込み>>

関連記事

●こころ豊かなカフェ時間

0607_florist.jpg


5月のある日のこと。

ぜひB子さんと

植物カフェをご一緒したいと

数か月前から約束し、

楽しみにしていたミーティング。


やっと実現しました。



素敵な花屋さんの上が

カフェになっています。



0607_florist5.jpg



広尾は

月に一度、

広尾88アカデミー

バッチフラワーの

インストラクターの先生方を対象とした

フォローアップ講座に

お伺いしていることなどで

縁のある場所です。



講座の後は

参加された先生方と

ランチをご一緒するので、

当然こちらにも

立ち寄ったことがあります。


けれど、4月から

毎週火曜日定休になったとのこと。

講座はちょうど火曜日のため

食事ができませんでした。


(→今回カフェの方に伺うと、

実はそれは花屋さんだけで、

カフェは営業していたそうです。)




0607_florist6.jpg



入口の上のツリー・ハウスが目印です。


3Fは室内のテーブル席、

4Fはテラス席になっていました。



階段のコーナーには

植物モチーフの

素敵なオブジェが。


0607_florist3.jpg


この日はお天気が良く

気持ちの良い風が吹いていたので、

テラス席に座りました。

まだ蚊もいない時期で、

とても気持ち良かったです。




メニューは

健康に配慮した野菜中心の食事や

ナチュラル系のドリンクが中心です。


迷った末、

ヘルシーランチをいただきました。


0607_florist4.jpg


野菜が豊富なだけでなく、

食べていると、こころも満たされる

豊かで幸せなランチ。


忙しいとつい忘れがちですが、

食事とは本来そういうものですね。


プレートにのせられたお惣菜も

ちょっとした工夫で

普段も作れそうなもののよう。

参考になりました。




植物が大好きな方、

心地よい風の吹く素敵なお店です。


Cafe Les Grands Arbres

カフェ レ・グラン・ザルブル

(「大きな木」という意味だそうです)


★火曜日もカフェは営業しているとのこと。

インストラクターの先生方、

講座の後、ぜひご一緒しましょう。


0607_green_500.jpg
関連記事

●【ご感想】新読書会第4回(第4章・6章)

0607_b00k_780.jpg



毎月訳書『バッチのフラワーレメディー
植物のかたちとはたらき
』を読む

読書会を行っています。


5月の会のご感想を

ご許可をいただき紹介させていただきます。
  

~・*~・*~・*~・*
  
●印象に残ったこと
  

病気というものが、

自分の生き方を変える明確な機会となること

(74・75ページ)。


このフレーズを読んだり、聞くたびに、

自分の経験を振り返ります。


15年ほど一緒に歩んでしまった病は、

自分にとってどんな意味があったのか、

これから自分をどう変えていくことが大切なのか等を考えますが、

まだ気づけていない、取り組めていないとも思っています。


まだ、向き合えていないのかもしれないと内省も始まります…。


自分に気づく・自分を変える・変える

勇気を持つことが大切かなと思います。
  


●全体のご感想
  

皆さんと学ぶということに、

本当に意味があると思います。


私にはない価値観や気づきを

いただける貴重な機会です。


また、疑問や感想を発信することで、

様々な解釈をみよ子先生よりいただき、

解釈の幅が広がります。


言葉にして、自分から出すことの大切さも

実感しました。 


自分に置き換えながら、読み進めています。

いつもながら、頭で考えすぎかも…と思いますが、

自分を俯瞰してみる良い機会にもなっています。
 

~・*~・*~・*~・*
  

R.S.様、ありがとうございます。


バッチ博士ご自身も30歳で

癌を患い、余命3か月と言われながら

復活した経験をお持ちです。


その後の人生は、

「なぜ自分は病気になったのか」という疑問も含め、

人はなぜ病気になるのか、

どうしたら回復するのかを

明らかにする過程でもありました。


毎回本書をご一緒に読むことを通じても

「自分を癒す」機会を

さまざまな角度から与えられているように思います。


*各レメディについて知ること、

*植物のかたちとはたらきの詳細を知ることで
その背後にある見えない意図を探ること、

*当時のバッチ博士の状況や研究過程を掘り下げること など...


次回も

その発見過程とレメディを知ることを通じて

あらためて自分を知り癒す機会になればと思います。


どうぞよろしくお願いいたします。


--------------------------
  

次回は6月16日(日)13時から下北沢にて
  

バッチフラワーをより深く学びたい方、

どうぞお気軽にご参加ください。


■お申込み>>

~・*

※ウェブ参加可能な会は6月24日(月)10~13時


いつからでも自由にご参加いただけます。

どうぞお気軽にお申込みください。
  
関連記事

●夏至直前のサポートに

0607_mahina wild rose


6月3日(月・新月)

ウェブマガジン mahina pharmacy に寄稿させていただきました。
  

夏至の前に振り返り、気持ちを整えて

ハートに暖かさを取り戻す助けになるレメディをご紹介しました。


ピンク色のハート形の花びらを持つ

ワイルド・ローズ」は

夏至の頃満開になります。


wild rose_s

関連記事
Thank you.
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ