フラワーエッセンスの魅力

フラワーエッセンスや植物の魅力を分かち合う情報を発信しています。
2019年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2019年05月
ARCHIVE ≫ 2019年05月
      
≪ 前月 |  2019年05月  | 翌月 ≫

●星形の花

0529-ajisai-780.jpg



今年は星形の紫陽花によく出会います。★”




0529-ajisai2-780.jpg




今日はめったに歩かない

地下鉄駅の乗換え口で

偶然、エッセンスのお仲間に出会いました。


彼女もめったに通らない駅だそう。


嬉しい偶然。

ありふれた日常に、

星のような出来事でした。


関連記事

●【ご感想】新読書会第4回(第4章・6章)

0528-tree-leaves-780.jpg


毎月訳書

バッチのフラワーレメディー

植物のかたちとはたらき


(ジュリアン・バーナード著)を読む

読書会を行っています。



今月の会が終わりました。

先日の日曜の会について

ご許可をいただいた方のご感想を

紹介させていただきます。


次回は6月16日(日)13時からに行います。※


※ウェブ参加可能な会は6月24日(月)10時~


いつからでも自由にご参加いただけます。

どうぞお気軽にお申込みください。


~・*~・*~・*~・*
  

●一番印象に残ったこと


バッチ博士の住まわれていた家や

その周りの写真。


アグリモニーのことを

説明されていたビデオや写真。

とても分かりやすかったし、

写真やビデオは印象に残ります。



●全体のご感想


自分で本を読む以上の内容を

お話してくださるのは、

本当にありがたいです。


そのお話してくださる内容も

とても深く、興味深い内容で、

植物に対する理解が深まります。

本当にありがたく思いました。

~・*~・*~・*~・*


Y.M.様、ありがとうございます。


今月は

いよいよバッチ博士が

1930年に太陽法を開発し、

海辺の町、クローマーで

次々に

レメディを発見されていった内容の

第6章に入りましたね。


次回はアグリモニーに続き、

チコリー、ヴァーベイン、セントーリーと

読み進めていきます。


アグリモニー、チコリー、ヴァーベインは

ハーブとしても親しまれている

多年草です。


本書を導きに

その共通点や独自性を

ご一緒に感じ取っていけたらと思います。


次回もよろしくお願いいたします。

---------------------------

次回は6月16日(日)13時から下北沢にて

少し残席があります。

バッチフラワーをより深く学びたい方、

どうぞお気軽にご参加ください。
   
■詳細>>   ■お申込み>>


ウェブ参加可能な会はこちら

■詳細>>

■お申込み>>

★ウェブ受講のお申込み>>
関連記事
Thank you.
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ