フラワーエッセンスの魅力

フラワーエッセンスや植物の魅力を分かち合う情報を発信しています。
2019年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2019年04月

●【ご感想】ウェブ新読書会第2回(第2章)

pine-leaves-780x.jpg


毎月第4月曜日に行っている読書会は、

ウェブでもご参加いただけます。

(運営:ナチュラルメディスン研究所)


ウェブとリアルの同時進行の会です。

下北沢で参加されている方のご感想を

ご許可をいただき紹介させていただきます。


~・*~・*~・*~・*


●ご感想

先日はありがとうございました。

毎回とても楽しく、

時間の経つのがアッと言う間です。

来月も楽しみです。


一番印象に残ったことは、

クレマチスの種子がひし形で

土の中に入りやすくなっており、

意外と強いというところ。
  


バッチ先生の姿が見えるような説明で、

とても解りやすいです。


初めてこの勉強をさせて頂いておりますが、

その時々の背景等の説明もあり、

とても解りやすく、

もっと知りたいと思うようになりました。

ありがとうございました。


~・*~・*~・*~・*


M.T.様、ありがとうございます。

本当に、知れば知るほどもっと知りたくなる

バッチ博士のフラワーレメディの世界ですね。
 
植物と人間の共鳴についても興味深く、

新たに気づくことが多くあります。

来月も深く楽しく読み進めていきたいと思います。

よろしくお願いいたします。


バッチフラワーをより深く学びたい方、

いつでも自由にご参加いただけます。

どうぞお気軽にお申込みください。


ff-map-780x.jpg


来月の★ウェブ参加可能な会はこちら

詳細>>

ウェブお申込み>>
  

リアルの会のみの日曜の会は

5月18日(日)13時から下北沢にて。
   
詳細>>   お申込み>>



新読書会:
『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』(F&F)
「自由への探求~その先のバッチフラワーエッセンス講座」<Part 1>

ジュリアン・バーナード
バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき
関連記事

●【ご感想】ウェブ新読書会第2回(第2章)

leaves-sunlight-500x.jpg


毎月第4月曜日に行っている読書会は、

ウェブでもご参加いただけます。

次回は5月27日(月)10時~13時

(リアル受講は下北沢にて)


ウェブ講座はナチュラルメディスン研究所様が

運営してくださっています。

代表の佐藤真理さんが

本の著者、ジュリアン・バーナード氏の

動画「植物のことば」とともに

ご自身の感想をSNSに投稿されました。

こちらへの掲載をご快諾いただき、紹介いたします。


~・*~・*~・*~・*

●ご感想

「もっと深く学ぶために花に帰る」

この言葉はわたしの中でも

とても大切にしたい言葉です。


バッチフラワー植物のかたちとはたらき

ジュリアン・バーナード氏の著書です。

翻訳者の谷口みよこさんのナビゲートで

毎月開催しています。


昨日の友人の感想の中にもあった、

言葉で学ぶのではなく

花の全体像のエネルギーをキャッチして欲しい。

そこにはポジティブもネガティブもない。

あるのはただ植物の情報だけ。


長年フラワーレメディーと関わると

植物と人のエネルギーと重なります。

いつも人を見てレメディーを

思い浮かべています。

悩みや相談を受ける時にも。


深くセッションするなら

そのエネルギーのキャッチから入ると

見えてくる世界が非常に違ってくるかもしれません。


今回のwebセミナーも

その人のエネルギーと植物の全体像の

エネルギーと重なります。


わたしの夢は

たくさんの方をフラワーレメディーの虜にしたい。


この学びは、わたし自身の生きる指針になっています。

そして何よりも宇宙の真理だと確信しています。

ジュリアンさんいいなぁー。

こんな目で植物を取らえられると

自然栽培もまた新たな楽しみが見えてくるかも!


でもバッチフラワーレメディーは凄いわ❣️

奥が深すぎ〜〜〜。


【動画】「植物のことば」ジュリアン・バーナード

language of plants 500x
©Healing Herbs/Bach Educational Resource


~・*~・*~・*~・*


真理さんの明るいお人柄と、

フラワーレメディへの

愛と情熱が伝わってきますね。

ありがとうございます。

来月もよろしくお願いいたします。


バッチフラワーをより深く学びたい方、

いつでも自由にご参加いただけます。

どうぞお気軽にお申込みください。


来月の★ウェブ参加可能な会はこちら

詳細>>

ウェブお申込み>>
  

リアルの会のみの日曜の会は

5月18日(日)13時から下北沢にて。
   
詳細>>   お申込み>>



新読書会:
『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』(F&F)
「自由への探求~その先のバッチフラワーエッセンス講座」<Part 1>

ジュリアン・バーナード
バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき
関連記事

●【ご感想】ウェブ新読書会第2回(第2章)

tree-sunlight-500x.jpg


毎月第4月曜日に行っている読書会は、

ウェブでもご参加いただけます。

次回は5月27日(月)10時~13時

(リアル受講は下北沢にて)


ウェブ講座はナチュラルメディスン研究所様が

運営してくださっています。

こちらへの掲載をご快諾いただき、

代表の佐藤真理さんが

SNSに投稿されたご感想を紹介いたします。


~・*~・*~・*

今日webセミナーでした。

バッチのフラワーレメディ植物のかたちとはたらき

今日はインパチェンスとクレマチスでした。

植物の全体像と人間の全体像と同じ?
  

翻訳者谷口みよこさんのナビゲートで

植物のかたちや植物のジェスチャーを

ジュリアンさんの著書から学ぶ時間です。
  

「バッチのレメディーを理解するには

花に立戻らないといけません」

たくさんのバッチを学んできた方にも是非お伝えしたい。

参加者の方からの感想が寄せられています。


●ご感想

「ジュリアンさんの本、読んだの初めてだった。

翻訳者ならではの理解と解説があるね。

ホメオパシーのレメディの理解と一緒。

字づらだけでは、本当に理解できると言えない。

やはりエネルギーを受け取るには、

植物そのものの観察が必須だとすごく感じた。

ホメオパシーの勉強もそうだよー。

それが人間のエネルギーにリンクする。

私は、自然界のそこと人間が繋がってることを

感じる時に感動を覚える。

まりさんのエッセンスづくりにも通じるね。


ハーネマンは特徴表示説に賛成しないところもあった。

だから、この本をとることが遅れてしまったけど、

これは単に花の形とか色とかの特徴だけの話しではない。

植物の振る舞い、エネルギー、エッセンスを知ること。

それはすごく大事だし、それが理解できたら、

本当にエネルギーが受け取れるようになると思う。


レメディがネガティブ、ポジティブの話しではないというのも、

すごく腑に落ちた。

いわゆる一般的なフラワーレメディの説明には

疑問はずっとあったから。


まりさんがジュリアンさんに

感動した意味がわかった。」


~・*~・*~・*


来月の★ウェブ参加可能な会はこちら

詳細>>

ウェブお申込み>>
  

リアル受講のみの日曜の会

5月18日(日)13時から下北沢にて。


バッチフラワーをより深く学びたい方、

どうぞお気軽にご参加ください。
   
詳細>>   お申込み>>



新読書会:
『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』(F&F)
「自由への探求~その先のバッチフラワーエッセンス講座」<Part 1>

ジュリアン・バーナード
バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき
関連記事

●【ご感想】新読書会第3回(第2章・4章)

tree-moss-500x.jpg


毎月訳書『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』を読む

読書会を行っています。



先日の日曜の会について

ご許可をいただいた方のご感想を

紹介させていただきます。


次回は5月19日(日)14時からに行います。※

ウェブ参加可能な会は5月27日(月)


いつからでも自由にご参加いただけます。

どうぞお気軽にご参加ください。


~・*~・*~・*~・*
  

●一番印象に残ったこと

第4章 p.70の下の方で、

バッチ博士が誤解や誤用を恐れて、

フラワーレメディの霊的な

物質を超えた世界の実在について

伝えなかったのであろうという部分。


バッチ博士でさえも誤解されずに

伝えらることが難しいと考えていたこと思うと、

私が人にお伝えするときに難しいと感じることは

自然なことなのだと思えました。


目に見えず、物理的に証明できないものの力を

伝える難しさは今も昔も変わらないことを感じました。
  


●全体のご感想

クレマチス、ミムラスと読み進んで、

植物の知恵の素晴らしさを今回も感じました。

汝自身を癒せがどういう状況で書かれたのか、

次回の読書会も楽しみです。  


~・*~・*~・*~・*
  

ff-map-780x.jpg


T.I.様、ありがとうございます。


私たちは時に

フラワーレメディ(エッセンス)を伝えることの

難しさを感じることがあります。


物質的に証明できないものを

いかに伝えるかは大きな課題です。


またその背景にある考え方や心の調和、

霊的な側面を伝えることについては

さらに難しい場面にも直面します。



本書を通じて、

バッチ博士がどのように伝えられ、

どのように生きたのかを知ることは

とても参考になり、

また私たちの大きな勇気のもとでもあります。


来月も深く楽しく本書を読んでいきたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。


次回は5月18日(日)13時から下北沢にて。

バッチフラワーをより深く学びたい方、

どうぞお気軽にご参加ください。
   
詳細>>   お申込み>>



★ウェブ参加可能な会はこちら

詳細>>

ウェブお申込み>>


新読書会:
『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』(F&F)
「自由への探求~その先のバッチフラワーエッセンス講座」<Part 1>

ジュリアン・バーナード
バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき
関連記事

●6月3日新月「わたしのための月と太陽のレメディ作り」

mahina WS 2019夏至_bs


6月3日(月)新月のワークショップ

下北沢・マヒナファーマシー主催
 
フラワーエッセンス・わたしのための月と太陽のレメディ作り
  
夏至の前に

「わたし」の月と太陽に通じる面と

わたし自身を調和させ、

整えるためのワークショップです。


このワークショップでは

ご自身のための

「私の月と太陽のレメディ」を作ります。


作られたボトルを持ち帰り、

夏至前後の1か月、

使って体験していただけます。


*マヒナファーマシー製
自然の力に満ちたオリジナル・ハーブティー、
ご自身のバースチャートとオリジナル・ボトル付きです。

詳細・お申込みはこちら>>
関連記事
Thank you.
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ