フラワーエッセンスの魅力

フラワーエッセンスや植物の魅力を分かち合う情報を発信しています。
2018年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年01月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2018年12月
ARCHIVE ≫ 2018年12月

● 「フラワーエッセンス体験ワークショップ」

garden1.jpg


「フラワーエッセンス体験ワークショップ」


<各回、独立したワークショップです。
ご都合の良い日程をお選びください。>

1月16日(水)10:30~12:30/
2月13日(水)10:30~12:30/
3月13日(水)10:30~12:30


わたしたちは日々ストレスにさらされています。
そのすべてが悪いものではないはずですが、
悩まされることは多いものです。

できるなら ストレスとうまくつき合いたい


このワークショップでは
アンバランスな心を整える
フラワーエッセンス(フラワーレメディ)を通じて
自分のストレスとうまくつき合う糸口を見つけます。


フラワーエッセンスは、
80年前にイギリスの医師、
エドワード・バッチ博士が完成させた
植物療法です。

おもに植物の花と石清水を使い、
ストレスでマイナスに傾いた心を、
調和のとれた状態へと調整し、

その人が本来の魅力や実力を
発揮できるように働きかけるものです。


 ・感情を受け止めることができる

 ・足りない面からではなく、物事の全体を
  みることができる

 ・自分の欠点ではなく、長所を見直すことが
  できる

 ・心が穏やかになり、日々を軽やかに過ごす
  ことができる

 ・リラックスして、人と接することができる


201704_star02.jpg



わたしがフラワーエッセンスに出会ったのは、
これからの生き方を
模索している時でした。

自信がなく、
自己嫌悪でいっぱいな自分を
受け入れて好きになるために、
いろいろなセラピーやワークショップに
参加しました。


けれども
どんなにすばらしいセラピーや
ワークショップを受けても、

時間がたてばもとの
思考パターンや感じ方に
戻ってしまう。

そんな自分がいやで、
また自分を責めるサイクルに
陥ることもあるなかで
フラワーエッセンスに出会いました。


エッセンスをのみながら
エッセンスについて学び、

その時々の感情や思考パターンを
受け止めることで、
少しずつ自分を責めるのをやめ、
受け入れる方向へと道筋ができていきました。

もちろん今でも
ネガティブな思いが湧くことはあります。

が、その時に対応するエッセンスを
とることで、

感情にはまり込み過ぎず、

自分の思いを受け止め

今できることに集中するよう
切り替えることができます。


IMG_7049.jpg



私たちは気づかぬうちに
できない自分、足りない自分を責めて
ストレスを大きくしてしまうことがあります。

責めることで、
前に進めない言い訳にしたり、

「自分は悪くない」と開き直って自分を守り、
周りのせいにしたり、

「どうせだめだ」と投げやりになって、
あきらめたりします。


「それではいけない」と、
心のどこかでわかっているので、

また自分を責めて否定する感情の
サイクルにハマり、
ストレスを大きくしてしまうことも
多いものです。



フラワーエッセンスは、
自分や周りを責めたり傷つけるのをやめ、
物事を現実的に、あるがままに受けとめる
後押しになります。


感情を通して
物事を見ることから

物事をありのままに
見る方向へと変化します。

そうすると、
では今何ができるのか、

答えが一つずつ
自分の中から湧いてきます。

具体的な行動を
起こせるようになったり、

自分を責めてしまうパターンから
抜け出すヒントを得られる
ようになるのです。



IMG_6207_2.jpg




開発者のエドワード・バッチ博士は、
外科医、内科医を経て、

免疫学の研究で高い評価を得た
有名な医師でした。


腸内細菌が健康にとって重要であることを、
今では多くの人が知っていますが、

博士は80年以上前(日本では大正時代)に、

慢性病やガンと腸内細菌の関係について
論文を発表し、レメディー(治療薬)を開発
しました。

その博士が最終的に気づいたのが、
病気に対する心理状態の影響でした。

病気の根本的な原因は、
ネガティブな感情、心の状態にあると考え、

それを調整するものを、自然の野山に育つ
野草(ハーブ)に見出したのです。

フラワーエッセンスは薬ではないので、
副作用や依存性もなく、
アロマテラピーのように、香りもありません。

自然豊かな場所に育つ植物の生命力を
役立てる植物療法です。


*当日はこんなことを学びます

 ・自分のストレスをはっきりさせる方法

 ・私たちの心理状態を理解する7つの扉

 ・不調和な心の状態からわかる本来の可能性 

 ・ご自分の悩みの助けになる植物とは?


このワークショップでは、
ご自分で選ばれたフラワーエッセンスの
調合ボトルを作っていただきます。


作ったボトルを持ち帰り、
のんで体験しながら、
変化を感じ取っていただけます。


*このワークショップで・・・

 ・自分のストレスをより深く理解できます

 ・ストレスを持つ自分を肯定的に受け止められます

 ・問題を前向きにとらえられます

 ・気持ちが落ち着きます

 ・物事に興味や好奇心が湧いてきます


 IMG_1368 (3)s


「フラワーエッセンス体験ワークショップ」

 <各回、独立したワークショップです。
ご都合の良い日程をお選びください。>
   
1月16日(水)10:30~12:30/
2月13日(水)10:30~12:30/
3月13日(水)10:30~12:30

講師
谷口みよ子(花療法家、フラワーエッセンス翻訳者)
 

持ち物:
 筆記用具

会場:
下北沢・マヒナファーマシーストア

会費:
 実施日の2週間前まで
 【早期割引価格】3,000円※

 2週間前以降のお申込み
 【定価】3,500円※

 (税込み、資料とフラワーエッセンス調合ボトルのおみやげ付き)

※ 事前にお振込みください。
(お振込み後の返金はいたしかねますのでご理解の上お振込ください。)
※ やむを得ずキャンセルされる場合は、当日を含む2日前までにご連絡ください。

主催: フラワーエッセンスの魅力|スペースハナ 


 ■お申込み >>   ■お問合せ >>
関連記事

●【ご感想】1日集中ワークショップ「アイ・アム・プラント」

-11.jpg


訳書『バッチのフラワーレメディー

植物のかたちとはたらき


(ジュリアン・バーナード、英国 f.r.p発行)の中の

特に光と植物(人間)の部位、四大元素に焦点を当てた

1日集中ワークショップ「アイ・アム・プラント」

先日実施しました。
 

掲載の許可をいただいた方の

感想をご紹介します。


~・*~・*~・*~・*~・*

ワークショップ「アイ・アム・プラント」


●一番印象に残ったこと

とくに光についての所が分かりやすく、

どうして植物と共鳴するのかを

理解する手がかりを頂きました。


●ご感想

植物と人間のジェスチャーの所が

とても楽しく、

話を聞けば聞くほど、

自分が植物になって行くような

気持ちになり、

ますますフラワーエッセンスに

対する信頼感が増しました。


今まで飲んで体験して来た

エッセンスの事を

今回学んだ事と照らし合わせたら、

あらたな発見がありそうだなと思いました。


絵を描くのも楽しかったです。

そこから今の自分を感じることも

でき気づきが多かったです。




合間の休憩や簡単なヨガ体操もあったりと

余裕のある中で学べて良かったです。

好きな場所なので、とてもリラックスできました。


●これからもフラワーエッセンスを使っていこうと思いますか?

はい、そのつもりです。

この何年と言う時間の中で、

フラワーエッセンスを飲んで過ごし、

自分自身との信頼関係が強くなったのを

感じています。


不思議な事に飲んでいなくても、

植物にいつも守られているような

安心感もあったりします。


まだまだ先の話ですが、いつか

人にもセッション出来るようになれたら

いいなと思います。

これからも細く長く学び続けたいです。



~・*~・*~・*~・*~・*

Y.K.さま、ありがとうございます。

次回は来年の春ごろを予定しています。

とても楽しく、バッチ・フラワーエッセンスの

理解を立体的に広げられるワークショップです。

グループでのお申込みもお受けしています。

*内容の詳細はこちら >>

*お問合せ >>
関連記事
Thank you.
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ