フラワーエッセンスの魅力

フラワーエッセンスや植物の魅力を分かち合う情報を発信しています。
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年04月
ARCHIVE ≫ 2017年04月
      
≪ 前月 |  2017年04月  | 翌月 ≫

●ステーショナリー ♡

20170419_sta_01.jpg


こちらも

DELFONICSから発売されている

コイヌマ ユキさんのイラストの

5つに分かれた書類ホルダー。
  


便利さに加え、

持っているだけで楽しくなるのは、
  

ステーショナリーの

大事なポイントです(笑)。


20170419_sta_02.jpg


。*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・


5月のフラワーエッセンス体験ワークショップ

0511_体験WS_タイトルフォト新_500x

 「罪悪感から抜け出したい人のための
 フラワーエッセンス体験ワークショップ



*日時 2017年5月11日(木)
    19:00~20:45

*場所 青山タウンヴォイス
   (地下鉄「青山一丁目」「外苑前」駅よりから徒歩5分)

*会費 【早期お申込み】
     4月29日(土・昭和の日)まで3,000円※
    【定価】4月30日(日)以降3,500円※  
     (いずれも税込み、調合ボトルのおみやげ付)

*内容
 ・自分を責めてしまう心
 ・自責の思いから自由になるアプローチ
 ・心を整える植物療法「フラワーエッセンス」の説明と使用法
 ・成り立ちと開発者、英国人医師バッチ博士
 ・あなたに寄り添う植物をみつける
 ・花が示すこと
  
*申込み締切 5月8日(月)

 ■詳細>>

 ■お申込み>>
関連記事

●こんな時に心のサポートを(241)

White Chestnut Armin 500x (2)


「わたし、誤解されてるみたい。

 でなければ、

 あんな言い方されるわけがない。


 でも、気のせいかな。

 何か悪いことでもあったのな。


 聞いてみようか、

 でも、わざわざ聞くのもヘンだよね。


 でも、聞いてみたら、

 全然たいしたではないかもしれない...


 次に会うのはいつだったけ .......

 来週会った時では遅いかな。


 電話してみようか、

 でも、それも唐突すぎるから、

 メールにしようか...


 でもやっぱり

 やめとこうか。。


 (ああでもない、こうでもないと

 考えることを止められない ...)」
 

 
。*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・
  

同じ問題について、

繰り返し考えてしまう時、


答えの出ないことを

いつまでも考えて、

目の前のことに集中できない時、



頭の堂々巡りを落ち着け、

今に集中するサポートになる

よいものがあります。
  

それがフラワーエッセンスです。


。*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・
 

5月のフラワーエッセンス体験ワークショップ

0511_体験WS_タイトルフォト新_500x

 「罪悪感から抜け出したい人のための
 フラワーエッセンス体験ワークショップ



*日時 2017年5月11日(木)
    19:00~20:45

*場所 青山タウンヴォイス
   (地下鉄「青山一丁目」「外苑前」駅よりから徒歩5分)

*会費 【早期お申込み】
     4月29日(土・昭和の日)まで3,000円※
    【定価】4月30日(日)以降3,500円※  
     (いずれも税込み、調合ボトルのおみやげ付)

*内容
 ・自分を責めてしまう心
 ・自責の思いから自由になるアプローチ
 ・心を整える植物療法「フラワーエッセンス」の説明と使用法
 ・成り立ちと開発者、英国人医師バッチ博士
 ・あなたに寄り添う植物をみつける
 ・花が示すこと
  
*申込み締切 5月8日(月)

 ■詳細>>

 ■お申込み>>
 
関連記事

●花と人間2

20170419_sakura.jpg

小説『花いくさ』
(鬼塚忠原作)を読んで、

人と花との関わりにも

意識が向かいました。


日本には古くから

四季折々の変化を愛でる

風習があります。


日本には古くから

四季折々の変化を感じ、

あらゆる場面で生かす

風習があります。
  

花についても

花をテーマにした

文学、美術、音楽があり、


生活の中でも

季節の花は

さまざまな形で

親しまれてきました。
  


花暦(はなごよみ)

花詩(はなことば)

花合わせ

花歌留多(はなかるた)

花尽くし など。
   

女性のきものや帯にも

美しく描かれています。
   

4月の花は、

現代の花暦(太陽暦)では

「桜」です。

関連記事
Thank you.
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ