フラワーエッセンスの魅力

フラワーエッセンスや植物の魅力を分かち合う情報を発信しています。
2016年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2016年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年09月
ARCHIVE ≫ 2016年09月
      
≪ 前月 |  2016年09月  | 翌月 ≫

●こんな時に心のサポートを(63)

「ちょっとそれ取って。

 早くっー!!

 いいから、早くこっちにかしてっ!」

。*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・

 とにかく気が急いて、待てない時、
 もっと早く!とイライラする時、
  
 心を鎮め、
  
 相手の状況を察する余裕を持つ
 後押しとなる
 フラワーエッセンスがあります。

20160717_impatiens_c.jpg
関連記事

●今日の花:ラッパスイセン

20160906_daffodil.jpg

以前投稿したアザミ
スコットランドの国花で、

その後投稿したシロツメクサ
アイルランドの国花。

では、ウェールズの国花は?
と、興味が湧きました。

ウェールズはバッチ博士の発見した
フラワーレメディー(エッセンス)
ゆかりの土地です。

この国を象徴する花は
ラッパスイセンでした。

3月1日の聖デイヴィッドの日、
ウェールズでは

ラッパスイセンか、
リーキ(西洋ネギ)を
身につける習慣があるそうです。

もともとリーキが国を代表する
植物だったのですが、

後年、
春一番に開花する
ラッパスイセンを
国のシンボルにしたとのこと。

同じ頃、
バッチ・フラワーエッセンスの1つ、
ゴースも花の最も多い時期を迎えます

(ゴースは年間を通じて花をつけています)。


春の訪れを告げる黄色の花は
希望の象徴です。

関連記事
Thank you.
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ