フラワーエッセンスの魅力

フラワーエッセンスや植物の魅力を分かち合う情報を発信しています。
2016年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2016年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年05月
ARCHIVE ≫ 2016年05月
      
≪ 前月 |  2016年05月  | 翌月 ≫

●ジュード・ジ・オブスキュア

20160524_austin1.jpg

昨日ご紹介したジュード・ジ・オブスキュア。
その素晴らしい香りは忘れられないほど
魅力的です。

このバラの名前について調べてみました。
ジュード・ジ・オブスキュアは
作家トーマス・ハーディ(英 1840-1928)が
1896年に発表した小説で、
邦題は『日陰者ジュード』。

えっ、この薫り高いバラに「日陰者」??と
興味を覚えました。

この小説は発表当時あまりの不評で、
作者はこの後二度と小説を書かなかった
そうです。

でも今では再評価され、古典英文学の定番として
世界中で愛読されているとのこと。

因習にとらわれない恋愛について描かれた内容で、
お互いへの愛にあふれた描写が素晴らしいと
言われています。このあたりが名前の由来でしょうか。

ハッピィ・エンドではないところも、読者にとっては
印象深く、余韻を残すストーリーのようです。

ハーディはバッチ博士より40歳ほど年上ですが、
同じビクトリア時代を生きた人です。

今日も良い一日をお過ごしください。

20160524_austin3.jpg



関連記事
Thank you.
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ