フラワーエッセンスの魅力

フラワーエッセンスや植物の魅力を分かち合う情報を発信しています。
2016年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2016年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年05月
ARCHIVE ≫ 2016年05月
      
≪ 前月 |  2016年05月  | 翌月 ≫

●はなちゃんと話す植物のこと (13)

20160510_土・種s

はなちゃん、こんばんは。
昨日ははなちゃんに久しぶりに会えて
嬉しかったな。
はなちゃんは会うたびに大きくなっていて
びっくりします。
背も伸びたし、重くなったね。

昨日少しだけ話した植物の種(たね)のこと、
続けましょうね。

花は虫に来てもらうために、目立つ形や色をして、
よい香りを出していること、はなちゃんはもう
知っていますね。

なぜ花は虫に来てもらいたいかというと、
種を作って自分の子どもを残すためです。

はなちゃんがお母さんから生まれたように
種は花から生まれるの。

花のおしべの花粉がめしべくっついて
種ができます。

種ができると、植物はそれをいろいろな
形で運んでもらって子孫を増やそうとします。

風に飛ばされたり、
土に落として動物に運んでもらったりするの。

例えば、はなちゃんが秋に拾ったドングリは
リスやネズミのごちそうです。

20160510_01.jpg

リスはドングリを食べて
大切に土の中に隠して保存するのね。
けれど、隠したことを忘れてしまうの。
かわいいね。

忘れられたドングリや木の実は
そのあと土の中から芽を出します。

また動物の毛にくっついて運ばれる
種もありますよ。
自分から種を飛ばす植物もあります。

そうやって植物はみんな自分の子ども(種)を
うまく残せるように工夫しているの。

明日また続きを話しましょう。
今日も良い夢を見てね。おやすみなさい。

関連記事
Thank you.
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ