フラワーエッセンスの魅力

フラワーエッセンスや植物の魅力を分かち合う情報を発信しています。
2016年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2016年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年05月
ARCHIVE ≫ 2016年05月
      
≪ 前月 |  2016年05月  | 翌月 ≫

●はなちゃんと話す植物のこと (12)

はなちゃんのタイトルイメージgreen03ss

はなちゃん、こんばんは。
今日も暑かったね。元気にしてたかな?

今夜は根っこの話をしましょう。

最初に植物と人間を並べた時、形が似ていると
話したでしょう?
tulip.jpg
けれど、ひとつ違うのは、人間は根っこを
持っていないことです。

人間や動物は動き回るから、植物のような
根っこを持っていません。

植物の根は土の中にあること、はなちゃんも
知ってるでしょう?

植物は土に含まれる水や養分を吸い上げて
生きています。

だから根っこの働きの一つは、土の中の
水と養分を吸収することです。

生き物は皆つながっていると前に話したけど、
覚えてるかな?

落ち葉や生き物のふん、死体などが腐った後、
土の養分になるんだったね。

その養分を、植物は根っこを通じて取り入れ
てるの。

そして、茎の中の通り道を通って、からだの
すみずみに運んでいます。

葉っぱは太陽の光を栄養に変えられると話した
でしょう?
その栄養も、茎を通って根っこに届けられます。

だから水分と栄養は、茎を通じて上にも下にも
運ばれてるの。

それからもう一つの根っこの働きは、植物の
からだを支える茎の「土台」になることです。

深く根を張った植物は、根っこにしっかりと
支えられて安定がよいです。反対に、根が
浅くて背の高い植物は不安定になるね。

乾燥した地面に生きる植物も、根の浅いことが
多いです。それはその方が、少ししかない水分を
取り入れやすいから。

だから根が深い・浅いは、良い・悪いという
ことではありません。
その植物らしい「個性」なのです。

不利なことがあっても、それを補う力も持って
いるの。 これは人間も同じだね。

明日は種の話をしましょう。
良い夢を見てね。おやすみなさい。


関連記事

●花と昆虫

20160507_01.jpg

バラの花咲く美しい季節がやってきました。

テントウムシはバラの天敵、アブラムシを
食べてくれる益虫とのこと。

すごい食欲でアブラムシを退治してくれるそうです。

今年のバラも楽しみですね。

今日も良い一日をお過ごしください。

20160507_02.jpg

関連記事
Thank you.
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ