フラワーエッセンスの魅力

フラワーエッセンスや植物の魅力を分かち合う情報を発信しています。
2016年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2016年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年05月
ARCHIVE ≫ 2016年05月
      
≪ 前月 |  2016年05月  | 翌月 ≫

●はなちゃんと話す植物のこと (11)

はなちゃんのタイトルイメージgreen02ss

はなちゃん、こんばんは。
今日は暑かったね。元気ですか?

今夜は、植物が太陽の光を材料にして
栄養を作れるという話をしましょう。

太陽の光を栄養に変えられるのは、植物だけです。
他の生き物は、植物が光から栄養に変えたものを食べて
生きています。だから植物はわたしたちの命のもとです。

はなちゃんは植物がどのようにして光を栄養に変えると
思う?

葉っぱの中にある緑色の「葉緑素(クロロフィル)という
色素が働いています。

人間と植物を並べたとき、葉っぱは手のように見えましたね。
でも詳しく見ると、葉っぱの下に細い茎(または柄)が
ついているものも多くあるの。これは木の姿を見ると
わかりやすいと思います。

20160506_03beech.jpg

だから人間の手にあたる部分は、中心から横に伸びる茎だと
言ってもよいでしょう。

(「チコリー」のように直接茎に葉っぱがつくものもあります。)

20160506_02chicory.jpg

葉っぱは、太陽の光エネルギーを受け取って、二酸化炭素という
空気に含まれる物質と水から、栄養と酸素を作っています。
この働きは「光合成」と呼ばれているの。

また人間と同じように酸素を取り入れて二酸化炭素を出す
「呼吸」もしています。そう考えると、葉っぱは人間の
肺のような役もしていることになりますね。

葉っぱの役割はまだありますよ。人間が汗をかくように、
植物も余分な水分を葉っぱから出しているの。

何年も生きる植物は、作った栄養を根っこに蓄えて冬を
越しています。

人間に根っこはないけれど、人間も何年も生きますね。
はなちゃんは6歳だから、生まれてから6年がたつけれど、
おじいちゃんは66年です。

人間より長生きする植物もたくさんあります。大きな木の中には
何十年、何百年も生きるものがあります。
それに成長が早い木も、遅い木もあります。

明日は根っこの話をしましょうね。

関連記事

●開く直前の花

20160506_01.jpg

おはようございます。

名前がわからないのですが ...

これから咲こうとしている花の形に
ワクワクしています。

今日も良い一日をお過ごしください。


20150506_02.jpg
関連記事
Thank you.
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ