フラワーエッセンスの魅力

フラワーエッセンスや植物の魅力を分かち合う情報を発信しています。
2016年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2016年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年05月
ARCHIVE ≫ 2016年05月
≪ 前月 |  2016年05月  | 翌月 ≫

●今日のバラ8:アイスバーグ

20160526_00iceberg.jpg

おはようございます

今日のバラはアイスバーグです。
1958年ドイツで生まれました
(コルデス作出)。

純白の中輪で(花径:7~8cm)、
ほのかな香りがあります。

20160526_03iceberg.jpg

名前のアイスバーグ(氷山)は
この花の色からつけられたのでしょう。
「白雪姫」という別名もあるそうです。

ほとんどのバラがそうですが、
優雅で可憐な蕾が開くと、
生命力あふれる黄色いの雄しべが
現れます。

この変化の様子もバラの魅力だと思います。

今日も良い一日をお過ごしください。

関連記事

●ジュード・ジ・オブスキュア

20160524_austin1.jpg

昨日ご紹介したジュード・ジ・オブスキュア。
その素晴らしい香りは忘れられないほど
魅力的です。

このバラの名前について調べてみました。
ジュード・ジ・オブスキュアは
作家トーマス・ハーディ(英 1840-1928)が
1896年に発表した小説で、
邦題は『日陰者ジュード』。

えっ、この薫り高いバラに「日陰者」??と
興味を覚えました。

この小説は発表当時あまりの不評で、
作者はこの後二度と小説を書かなかった
そうです。

でも今では再評価され、古典英文学の定番として
世界中で愛読されているとのこと。

因習にとらわれない恋愛について描かれた内容で、
お互いへの愛にあふれた描写が素晴らしいと
言われています。このあたりが名前の由来でしょうか。

ハッピィ・エンドではないところも、読者にとっては
印象深く、余韻を残すストーリーのようです。

ハーディはバッチ博士より40歳ほど年上ですが、
同じビクトリア時代を生きた人です。

今日も良い一日をお過ごしください。

20160524_austin3.jpg



関連記事

●今日のバラ7:ジュード・ジ・オブスキュア

20160524_austin2.jpg

今年一番印象深かったバラです。
香りの良さに感動しました。

なんともフルーティで甘く、
でもさわやかで…。

作出社、デヴィッド・オースティン・ローゼズの説明には
「強烈なシトラス香の混じったグアバと、
甘口の白ワインを思わせる香り」とありました。
まさに!柑橘系とグアバの香りです。

1995年にイギリスで生まれたバラです。
名前はトーマス・ハーディ(1840-1928)の小説の主人公、
ジュードに由来するそうです。

今日も良い一日をお過ごしください。

関連記事

●今日のバラ6:ラ・マリエ


20160223_2バラ_ラ・マリエ

この花は、2009年
日本で生まれました(河本純子氏作出)。

中輪でとても良い香りがします
薄紫がかったピンク色をした
花びらの優雅なこと。

四季咲きで、色は季節によって
微妙に変わるようです。

ウエサクの満月を過ぎ、
新しい一週間が始まりましたね。
今週もお元気で、良い時間をお過ごしください。


関連記事

●はなちゃんと話す植物のこと(22)

20160510_土・種s

はなちゃん、こんにちは。

公園でたくさんのパンジーを見て
嬉しくなったこと、聞かせてくれて
ありがとう。

はなちゃんが言うように、
パンジーの花は人の顔みたいね。
かわいらしい顔がこっちを見て
笑っているように見える。
それではなちゃんも自然と楽しく
なったのね。

20160523_0spansy.jpg

植物はそんな風に私たちの心にも
働きかけています。

お薬のもとになって、
人間が病気を治すのを
助けてくれるだけでなく、
元気のない時、
明るい気持ちにしてくれます。

80年位前にそのことに気がついて
心のおくすりにした人がいました。
イギリスのお医者様、
エドワード・バッチ博士という人です。

はなちゃんの好きなヨーグルトは
おなかに良いと言われているでしょ?
それは、おなかに住む良い細菌を増やしたり、
細菌の状態を良くすると考えられているからなの。

バッチ博士は最初、腸の中の細菌を研究して
病気を治していました。
そして、その研究を進めた結果、病気のもとは
心が元気でない状態だと考えたの。

心が弱っている時に、まず心を元気にすれば
病気にはならないと考えたのね。

そしてその心のおくすりを
野山に咲いている植物の中に見つけたの。

それはおもに花から作られていて、
全部で38種類あります。
フラワーレメディーとか
フラワーエッセンスと呼ばれて、
今は世界中で役立てられているの。
お母さんも飲んでいますよ。
実ははなちゃんも飲んでいます。

この間ジャングルジムから落ちてけがをした時、
ショックを和らげるために
お母さんが飲ませてくれていました。
そうすると、ショックが長く残らないですむのね。

バッチ博士は、パンジーからはレメディーを
作っていないけれど、せっかちな人のためには
猛スピードで成長する「インパチェンス」の花から
レメディーを作りました。

お母さんが大好きなバラの花からも、
やる気の出ない人がやる気を取り戻すための
エッセンスが作られています。

20160523_wildrose_s.jpg

植物は、体を治すのを助けてくれるだけでなく、
私たちの心の健康にも役立ってくれているのね。
有り難いなぁって思います。

はなちゃんもパンジーにニッコリしたように、
実はパンジーもはなちゃんにニッコリして
くれたのではないかな。

パンジーとはなちゃんの心が通じ合って
はなちゃんは楽しい気持ちになったのでしょう。

そんなふうに植物が人間の友達だと気づいたら、
いろいろなことが変わってきます。
植物と生きる自然を守りたくなって
地球を汚さないようにもっと気をつけるように
なるよね。
人間も植物も動物も、みんなで元気に生きたいもの。
だから皆にとってよいことを選んでしていこうね。


来月一緒にハイキングに行けること、
とっても楽しみにしています。
きっとたくさん植物にも出会えるね。
ヤマアジサイもきれいに咲いていると思います。
お天気だといいね。

(おわり)


関連記事
Thank you.
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ