フラワーエッセンスの魅力

フラワーエッセンスや植物の魅力を分かち合う情報を発信しています。
2016年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2016年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年04月
ARCHIVE ≫ 2016年04月
≪ 前月 |  2016年04月  | 翌月 ≫

●チューリップ 2

20160428_Tulip2.jpg

子どものころ、花の絵といえば、チューリップを
描いていました。

ずいぶん昔のことですが(笑)、当時
チューリップの形は一つしかなかったように
思います。

今は本当に多様な形と色をしたチューリップが
ありますね。

写真は先日府中にあるTさんのお庭で出会った
チューリップです。

はじめに花弁の色に惹かれました。
微妙なグラデーションのある藤色をしています。

そして中心部分は、薄いクリーム色に
深い群青色がのっています。

自然と心が引き上げられました。

今日も良い一日をお過ごしください。

関連記事

●はなちゃんと話す植物のこと (2)

はなちゃんのタイトルイメージ_pinkブログ用

はなちゃん、こんばんは。
今日はどんな一日だったかな?
お兄ちゃんと仲良くしてた?

時々お兄ちゃんははなちゃんのこと、
からかったりいたずらするけど、実は
はなちゃんのこと、大好きなの。
でも、お兄ちゃんも気づいていないかも
しれないね。

はなちゃんも「お兄ちゃん、大嫌い!」と
思うことがあっても、
いないとさみしいでしょう?
それとおんなじなの。

さて、今日もお花のお話をしますね。

。*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・

お花は人間の顔みたい、って話したよね。
人のお顔、いろんな形があるでしょう。

はなちゃんは卵のかたちかな。
お父さんはちょっと四角いお顔をしてる。
お母さんも花ちゃんに似て、卵のかたち。
お兄ちゃんはどうかしら?

お花にもかいろんな形がありますね。
はなちゃんの好きなチューリップと
お母さんの好きなバラの形は
ちがいます。

お花の形は何で決まると思う?
それはね、好かれたい相手の虫さんに
よって変わるの。

お花にミツバチやちょうちょがとまって
いるのをはなちゃんもよく見るでしょう?

チョウチョやミツバチは、お花から、
ごはんになるみつや花粉をもらって
いるのね。

同じように、お花もミツバチや
チョウチョに手伝ってもらっている
ことがあるの。

お花にはおしべとめしべがあるのを
はなちゃんも知っているかな?

断面図

おしべの花粉がめしべにくっつくことで
お花はたねを作れるの。
草や木などの植物は、たねを作る
ためにお花を咲かせています。

お花は自分でめしべやおしべを動かす
ことができないから、
虫にそれを手伝ってもらっているの。

そのお礼に、お花は虫に、花粉や
みつをあげています。
みつや花粉は、虫さんの大切なごはん
だから、虫もがんばって花粉を
集めたり、蜜を吸うのね。

お花によって、助けてくれる虫が
違います。

ミツバチを相手にしているお花や
ちょうちょに来てほしいお花も、
ほかの虫に来てもらいたいお花もあるの。
だから、お花は来てほしい虫が
とまりやすい形をしています。

ミツバチははたらきもので、いちばん
たくさん花粉を運んでくれるから、
多くのお花が来てほしいと思ってるのね。
だから、お花はたいていミツバチが蜜を
吸いやすい形をしています。

ちょうちょは長いストローを自分の口に
持っているので、お花はこんなすぼまった
形をして、奥に蜜をしまっています。

蝶のとまる花
アブやハエやコガネムシも、お花に
とまるのね。
そんなお花は、アブたちがとまりやすい
ように、平たい形をしていることが
多いです。

アブ・ハエのとまる花

今度お花を見たら、どんな虫が
とまっているか見てみてね。

明日は雨が降るようだから、
お日様を好きなお花は開かないと
思います。チューリップはどうかしら。
観察してみてね。

明日もよい一日になりますように。


関連記事

●5/11(水)の響探求会

20160413_hibiki_fb.jpg

●5/11(水)の響探求会
東昭史さんによる「バッチ博士のたどった道―ホメオパシーから花の療法へ」
 
1929年、バッチ博士は次のように記されています。
 
「7つのバクテリア・グループの代わりに
7つの野草を提供できればと私は願っているのです。
なぜなら、病に関係するものを症状の治療に使うということに、
多くの人が多少とも違和感を覚えているように
見受けられるからです。」
(『心をいやす花の療法』(ノラ・ウィークス著、中央アート出版社)より
 
この文章から、バッチ博士がフラワーレメディーに移行する思考のプロセスを
うかがいしることができます。
 
今回、ホメオパシーとフラワーレメディーの両方に精通された東さんが
バッチ博士のたどった道についてお話くださるのは、本当に興味深く
ありがたい機会と思っています。
 
お申込みは響探求会ブログの右上のメールフォームからからどうぞ>>


関連記事

●チューリップ1

おはようございます。

先日さまざまな形のチューリップに出会いました。
チューリップも、スター・オブ・ベツレヘムと同じユリ科です。
よく見ると形が似ています。

20160427_1_blog.jpg



関連記事

●6歳の女の子と話す植物のこと

これから花や植物のことを6歳の女の子、はなちゃんに
話してみようと思います。

フラワーエッセンスのことも、伝えられるとよいなと
思っています。大きなチャレンジです。

。*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・

はなちゃん、暖かくなりましたね。
お元気ですか?
今日も幼稚園は楽しかったかな?
春になって、公園にはたくさんのお花が
咲いていますね。

はなちゃんはチューリップが大好きだけれど、
今日もお花の絵をかきましたか?

チューリップの絵のとなりに、人の絵を
並べてみると、なんだか似ていますね。

tulip.jpg

お花がお顔で、茎はからだ、葉っぱは手みたい。
お花に足はないけれど、土の中に根っこが
あります。根っこでからだを支えているの。

はなちゃんのお顔が、お母さんやお兄ちゃんに
似ているように、
お花にも、かたちのよく似た家族があります。

ときには似ていない家族もいるの。
おじいちゃんとお父さんの顔みたいにね。

今、外は気持ちがいいから、たくさん
遊べるでしょう?

そろそろ帽子をかぶる頃かな。

明日は雨になりそうだけれど、
よい一日なりますように。

関連記事
Thank you.
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ