フラワーエッセンスの魅力

フラワーエッセンスや植物の魅力を分かち合う情報を発信しています。
2015年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2015年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年04月
ARCHIVE ≫ 2015年04月
      
≪ 前月 |  2015年04月  | 翌月 ≫

●アグリモニーの語りかけ

freebigpictures_com_20150427_agrimonia-eupatoria_2s.jpg
写真提供: http://freebigpictures.com/

毎月、日曜の昼と木曜の夜に1度ずつ
読書会行っています。

読む本は、
『バッチのフラワーレメディー
 植物のかたちとはたらき』
(ジュリアン・バーナード著)
です。
わたしはこの本を読む旅の案内役を
させていただいています。

昨日から「6章 クローマーで」に入り、
アグリモニーの部分を読みました。

《今日は少し長い投稿になります。》

バッチ博士がとても気に入っていたと言われる
海辺の町クローマー。ここで1930年に
6種のレメディーが作られました。

昨日はこの町がどんな場所かを映像で見た後、
アグリモニーの写真や著者の動画を
参照しながら本文を読みました。

バッチ博士が最初に発見した12種類
(12ヒーラーズ)については、
本文の前に博士の説明を年代順に読み、
キーワードをメモした後に本文に入ります。

アグリモニーの人は複雑です。
人に見せる態度と内心が違っています。
明るく冗談を言って楽しそうに見えるけれど、
実は心の内に苦しみや不安を抱えています。

感受性が強く、周囲の影響を受けやすい人。
悩みがあることを他の人に(親友にさえ)
見せません。

自分の感情(苦しみや不安)を見るのが難しく、
自分のことより周囲の平穏を最優先する人。

心の内の思いや感情に向き合うかわりに、
他の刺激で気を紛らわせる人。

このような人は、どんな状況にあっても
心の平和を保つことができる可能性を
秘めています。

著者は、アグリモニーの人が苦痛を乗り越える
鍵は、魂を理解することにあると記しています。

本を通じて見ていくと、
アグリモニーの人の多様な面は
植物のジェスチャーに表れていることが
分かります。

例えば、黄金色をした花の様子や
花穂のジェスチャーから、
また茎や葉、根の様子から見てとれます。

バッチ博士はアグリモニーの通称
「チャーチ・スティープル(教会の尖塔)」にちなんで
花穂を教会の尖塔に、種子を教会の鐘と
結びつけて説明されています。

freebigpictures_com_20150427_agrimonia-eupatoria_s.jpg
写真提供: http://freebigpictures.com/
関連記事
Thank you.
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ