フラワーエッセンスの魅力

フラワーエッセンスや植物の魅力を分かち合う情報を発信しています。
2015年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2015年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年03月
ARCHIVE ≫ 2015年03月
      
≪ 前月 |  2015年03月  | 翌月 ≫

●沈丁花のこと

20150324_s01.jpg
  「角」(葉芽)の出る前の、満開の花

沈丁花にはピンク色と白い花がありますが、
花の色によって香りが違う、とTさんは教えて
くださいました。
 
どちらかと言うと白い花の方が
クリアで清楚な感じがするとのこと。
 
香りの感覚は人によっていろいろですが、
わたしも同じように感じました。
 
春の始まりに咲く沈丁花は、
秋までに花芽をつけて冬を越し、
翌年に開花します。
 
花びらのように見える部分は、実はガクで、
雄の株と雌の株があります。
日本にある株はほとんどが雄株で、
挿し木で増やすそうです。
 
花ことばは、「不滅」「不死」「永遠」「栄光」。
一年中葉をつけ、暗く寒い冬を越えて
花を咲かせることから来ているのでしょう。
 
この花をみかけたら、(というより、
香りがそこにあることを教えてくれます)
大きく息を吸って、
春の息吹を受け取りたいですね。
 
素敵な春をお過ごしください。

関連記事
Thank you.
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ