フラワーエッセンスの魅力

フラワーエッセンスや植物の魅力を分かち合う情報を発信しています。
2015年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2015年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年03月
ARCHIVE ≫ 2015年03月
      
≪ 前月 |  2015年03月  | 翌月 ≫

●内なる平和

20150311_01.jpg

今日はとても大切な日。

難しい状況があるなかで、
小さな自分に何ができるだろうと問いかける。

はっきりした答えは出てこないけれど、
あらためて選択することがある。

それは心の内に平和を育てること。

現実を前に、いろいろな思いや感情があっても、
それを受けとめて行動したいと思います。

できればあなたとご一緒に...。

みんなが内なる平和を育てたら、
きっと大きな力になるはずだから―。

関連記事

●虹乃美稀子さんと「母子保養週末プロジェクト ちいさなたびJapan」

20150311_02.jpg

仙台に住むシュタイナー幼児教育者の虹乃美稀子さんは、
わたしにとって「天使のような優しい戦士」という印象の方です。

穏やかな物腰と語り口の奥に、凛とした強さと潔さをお持ちです。
バッチ財団登録プラクティショナーでもいらっしゃいます。

お会いしたのは、3年ほど前 ― 東北の方々のために何かできる
ことはないだろうかと「エッセンス・ウィズイン・プロジェクト」を
なかやまあきこさん(mahina pharmacy)が始められた時、ご一緒に
関わらせていただいて、やがて美稀子さんに繋がりました。

その後「母子保養週末プロジェクト ちいさなたびJapan」として
仙台チームを東京チームがサポートする形で、放射能汚染地区に
住む母子のための週末保養プログラムが定期的に行われています。

chiitabi01.jpg


今週の金曜日、響探求会で
「今に生かすシュタイナー博士とバッチ博士の教え」
と題し、
美稀子さんにお話いただきます。

シュタイナーは物質主義の時代を「ミカエルの時代」と呼ばれた
そうです。

ミカエルは、人類がつらい運命にぶつかった時、その運命を
携えて高次へと変容させ乗り越えていくことを助ける大天使。

力を与えるのではなく、人間が奥底からつかみ取れるように
促す存在と伺いました。

まだ数名お席に余裕があります。参加をご希望の方は
お気軽に右上のメールフォームからお問合わせください。

母子週末保養プロジェクト ちいさなたびJapanでは随時
ご支援を受付されています。
詳細はこちらをご覧ください。

chiitabi02.jpg

母子週末保養プロジェクト ちいさなたびJapan について
2011年秋、活動を開始。

放射能汚染地区におり、様々な事情のために避難移住できない
母子のために、週末に比較的汚染程度の低いエリアの
宮城県内で合宿し、母子双方の心身の保養を助けることを目的と
している。

また今後は週末保養に限らず、遠方の支援者とつながり、遠方
保養の実施にも取り組んでいく予定。

2014年度はちいたび奄美との共同開催として、鹿児島県奄美
大島保養を開催。


虹乃美稀子さんプロフィール
spaceship 仙台ゆんた、虹のこども園 園長/担任、シュタイナー
幼児教育者、バッチ財団登録プラクティショナー

仙台市保育士として保育所や児童相談所で7年間勤務後、
シュタイナー幼児教育を学び、2006年より自宅を開放した
コミュニケーションスペース「spaceship仙台ゆんた」にて、各年齢
ごとの親子育児クラスと、ちいさな保育の場「虹のこども園」を主宰。

子どもたちをありのままに、健やかに育てることが困難な現代において、
自然育児に光を見いだす母親と子どもたちのための育児サポートを
行っている。 全国各地で、“Organic Mothering 講座”やワーク
ショップを開催。

音楽と旅と平和を愛し、シュタイナー教育には、人間の本質的な
「魂の自由」を一番大切にしている在り方に魅力を感じている。

関連記事
Thank you.
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ