フラワーエッセンスの魅力

フラワーエッセンスや植物の魅力を分かち合う情報を発信しています。
2014年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年07月
ARCHIVE ≫ 2014年07月
       次ページ ≫
≪ 前月 |  2014年07月  | 翌月 ≫

●Tさんのお庭とフラワーエッセンス体験クラス

20140729_00s.jpg

数年前にご縁をいただき、毎月フラワーエッセンスの会を
Tさんのお宅でさせていただいています。
とても素敵なお庭があり、毎回伺うのが本当に楽しみです。

20140729_t_garden_01s.jpg 20140729_t_garden_02s.jpg


お庭はとても自然で、今の季節は一見 “草ぼうぼう” にも
見えますが(植物がとても元気で、青々としています)、
そこには趣と美しい調和があります。

草木がミミズやトカゲ、虫や鳥たちと共に暮らしている
のがわかります。

20140729_07s.jpg 20140729_03s.jpg

20140729_02s.jpg 20140729_04s.jpg


まるでお庭を担当している自然界の存在たちが協力して、
Tさんと一緒に草木の世話をし、お庭を盛り立てているかの
ようです。Tさんも無意識でそれを感じ、自然に対するセンス・
オブ・ワンダーを肌で感じながら、お庭をお手入れされている
ように見えます。

20140521_roses_00.jpg 20140729_06ss.jpg
写真 左: 5月、良い香りを放つ満開のバラ
右: 今日はたくさんの実(ローズヒップ)をつけていました



20140528_olive_flower01s.jpg 20140729_olive_01s.jpg

今年は5月にオリーブの木が満開になりました。この数年で初めてです。
「めったに満開にならない」そうで、逆に心配だと伺いましたが、
今日見た限りでは、木はとても元気そうで、かわいらしい実をつけて
いました。

20140729_gekkabijin01s.jpg

今夜は月下美人が咲きそうと、Tさんはとても楽しみにされていました。
流星群の夜空の下に咲く月下美人とは、なんと素敵なのでしょうか。

関連記事

●夏至のハニーサックル

早いもので、夏至からもうすぐ1か月になります。
少し前になりましたが、夏至に箱根に行ったことを
書きたいと思います。

20140718_05.jpg

今回は数年ぶりに芦ノ湖の西岸を歩きました。西岸は
元箱根のある賑やかな東岸とは違い、静かなハイキング
コースになっています。

20140718_02.jpg

特に目立った特徴や景観の美しさがあるわけではないので、
わざわざ歩く人は少ないようです。芦ノ湖に沿って、
ゆるやかなアップダウンを繰り返しながら、4時間ほど歩き
ました。


緑の豊富なこの時期に来たのは初めてでしたが、たくさんの
植物に出会う素晴らしい時間を過ごしました。

20170718_09.jpg
満開のこの花の芳香に包まれたウォーキング



関連記事

●植物のかたち

20140717_01_1.jpg

4月から植物の「かたち」について学ぶ、「植物形態学」の
講座
を受講しています。村上先生が毎回とても親しみやすく
授業を進めてくださり、とても楽しく学ばせていただいて
います。

私たちは、植物を日ごろ目にはしていても、「かたち」に
注目したりじっくり観察することは、あまりありませんよね。

それをあらためて集中的に見て、そこにどんな意味(役割)が
あるのかなどを教えていただけるので、いつも新しい
発見と学びがあり、喜びの連続です。

これから時々復習を兼ねて、ポイントをブログに記録して
いけたらと思い立ちました。

関連記事

●「庭の記憶」

20140710_00.jpg

先日、ウェブマガジン「Niwa」(庭)に、フラワーレメディー
(エッセンス)について取材していただいた記事が掲載されました。
http://niwa-magazine.com/

書いてくださったのは、このマガジンの中心人物、小川敦子さんです。

「庭の記憶」というタイトルで、フラワーレメディー(エッセンス)
のことを、ご自分の体験とともにつづってくださいました。

とても素敵な文章です。よろしければ、ご一読ください。
http://niwa-magazine.com/smell/niwa-no-kioku/

今日は、小川敦子さんの記事のお知らせと合わせて
もうひとつ、フラワーレメディー(エッセンス)について、
思い至った個人的なことを書かせてください。
関連記事

●6/27・WS「わたしに出会うフラワーエッセンス」

20140628_mahina ws02

夏至の後の新月の日に、マヒナファーマシーさんの主催で
ワークショップをさせていただきました。

一年のなかでも大切な節目である夏至。この時を
過ぎると、太陽はだんだんと低くなり、日照時間も
短くなっていきます。これから夏に向かうので、少し
意外な気もしますが、実際はそうなのですよね。

夏至までの期間は、太陽の光が強まるのに応じて、私たちの
意識は活発になり、やる気や意志の力、行動力が高まります。

そして、夏至を過ぎた今は、ゆっくりと冬至に向かって内省の
時期に入っていきます。心の声や体の声、そして内なる
子どもの声を聞き、無意識に深く分け入っていくのによい
時期です。

今回は、そのようなサイクルに入った最初の新月の日の
ワークショップでした。

20140628_mahina ws07

満月と新月も、夏至と冬至に似たサイクルを持っていますね。
満月に向かう時期は豊かに肥える「吸収」の時。一方、新月に
向かう時期は、軽やかに手放す「放出」の時です。

太陽は私たちの意識の領域や男性性をつかさどり、月は
無意識の領域や女性性に繋がりがあります。昼間は意識が活発に
はたらき、夜(特に睡眠中)は無意識が活発になります。

すべてのことに、満ちては引く潮の流れと月の満ち欠け、
太陽の動きに象徴されるサイクルがあります。

フラワーエッセンスは、このようなサイクルにも同調しながら、
私たちの心に働きかけます。
関連記事
Thank you.
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ