フラワーエッセンスの魅力

フラワーエッセンスや植物の魅力を分かち合う情報を発信しています。
2014年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年05月
ARCHIVE ≫ 2014年05月
      
≪ 前月 |  2014年05月  | 翌月 ≫

●芳香蒸留水のワークショップ後...

20140518_w1.jpg

くーみんの芳香蒸留水「Fairy Drop」ワークショップの後から、
歩く時の視線が植物中心に変わりました。

道を歩きながら、「ん?これは蒸留できるかな?」と…(笑)。

まずは植物さんにお許しをいただいてから、ですね。
もし「Yes!」だったら、ぜひ蒸留水を作りたいと思っています。
こういった方向からも、植物たちと仲良くなる道が開けました。

蒸留すると、有害物質は水の底部に沈むので、
上に上がった物質=芳香蒸留水は安全に飲むことが
できるとのこと。蒸留水器は今のこの時代の必需品と
言えそうです。

もうひとつ、芳香蒸留水で思い出すのは、
バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき
(ジュリアン・バーナード著)の文章です。

ff1.jpg

著者は、ハーネマンが著書『オルガノン』の注釈で
バラの蒸留水(ローズ・ウォーター)について記述していた点に
ついて触れています。〔第1章・感受性の高まり p.24〕
《以下 本文より・引用開始》
関連記事

●芳香蒸留水のワークショップに参加しました

20140530_01_long.jpg

今日はマヒナファーマシーさんの第一回目のワークショップ(WS)、
芳香蒸留水「Fairy Drop」に参加させていただきました。

とても軽やかでやさしくて、自由さとオリジナリティに富んだ、
楽しい時間でした。

先生は、仙台在住のくーみんこと、及川久実さん。
ご自身のアレルギーをはじめとした不調を、芳香蒸留水を役立てて
改善された方です。

20140530_03s.jpg

もともとはドールハウス作家さんで、専門のご本を何冊も
出されているとのこと。

からだの不調がきっかけで自然療法や植物に興味を
持ち、アロマテラピーを経て芳香蒸留水を知ったそうです。

とてもきれいなお肌の持ち主ですが、つい2週間前にも
アレルギーが出て、このワークショップまでに治るかどうかと
ドキドキされていたとか。
(えー、うそぉ~!と言いたくなるくらいきれいでした。)

芳香蒸留水を使うようになる前は、症状が出ると状態が
落ち着くまでに数カ月以上の長い時間がかかっていた
そうですが、今では数週間でよくなるそうです。

WSでは、まず「オリジナル簡易型蒸留&芳香蒸留水器」のキットを
開け、一つひとつの部品を確認しレクチャーしていただいた後、
実際に作られた芳香蒸留水を十数種類、肌につけて体感しました。
関連記事

●7月から読書会を行います

20140518_w3.jpg

Bach Flower Remedies Form and Function
読書会『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』


7月から毎月1回、本書の読書会をさせていただきます。
順番に音読しながら、要所で本書のイラストをはじめ、
バッチ教育リソースの動画や植物写真なども参照し、
ご一緒に理解を深めていきたいと思います。
翻訳中に参照した資料等も必要に応じてご紹介します。

1994年実施日程:
 ① 7/6(日) ② 8/3(日) ③ 9/7(日) ④10/5(日)
 ⑤11/9(日) ⑥12/7(日)


時間:《前半》15:00~16:30
      《後半》16:40~18:10


場所:JR・京王井の頭線「吉祥寺」駅から徒歩5分
    (詳細はお申込み後にお知らせいたします)


会費:《前半》または《後半》のみ 各3,000円
      《両方》5,000円
     (プリント代、税込み)


お申込み:
 実施月の前月1日から受付スタート
(例:7月の会のお申込みは 6/1から)
 フラワーレメディー・プログラム・ジャパンのウェブページ
 からお申込みください。

関連記事

●6月27日(金)ワークショップを行います

20140515_hasunohana0.jpg
 6/27(金)の新月に
 マヒナファーマシーさんの主催で
 フラワーエッセンスのワークショップを
 させていただきます。

 《お申込み受付終了しました》
 



夏至は、一年のなかで太陽の位置がもっとも高く、光のエネルギーが
もっとも強い時。
夏至を過ぎると、太陽は冬至に向けて徐々にその位置を低くして、
光も弱くなっていきます。

その夏至の後の最初の新月は、自分の心の深い部分とつながり、
また新しいサイクルに向かってリセットするのにとてもよい
タイミングです。

この会では、フラワーエッセンスの花のカードを使いながら、今の
気づきのサポートとなるフラワーエッセンスを選びます。
そして、花のカードが示すメッセージから、その時に浮かぶ思いを
受けとめ、感謝して手放していくプロセスを体験する機会をご一緒
します。ハワイの伝統的な浄化のワーク「ホ・オポノポノ」も役立て
ながら、思いを手放していきます。

花のカードから選んだエッセンスのトリートメントボトルを作り、
持ち帰って1ヵ月ほど飲んでいただくなかで、心がバランスを
取り戻す、静かな流れを感じ取っていただけるでしょう。

関連記事

●バガヴァッド・ギータ

20140504_white rose          
ヨーガの聖典、
ヴァガバッド・ギータ。

読んでいると、なぜか
声に出して読みたくなり、
声に出して読んでいると、
自然と力が湧いてきます。

まさに「聖典」なのだと実感します。


――「第八章 永遠のブラーマンに至る道」より

宇宙には昼と夜がある

賢者はこれを知っている

ブラーマの昼の長さは一千年

夜の長さも一千年と賢者は言う

昼になればすべてが現われ

夜になれば姿を消して

非顕現に帰る


おお王子よ

万物は出現と溶解をくりかえす

夜になると姿を消し

昼になると現われる

すべてはどうすることもできない
関連記事