フラワーエッセンスの魅力

フラワーエッセンスや植物の魅力を分かち合う情報を発信しています。
2012年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2012年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年04月
ARCHIVE ≫ 2012年04月
       次ページ ≫
≪ 前月 |  2012年04月  | 翌月 ≫

●個人セッションB

・フラワーレメディー(エッセンス)を初めて体験される方、
・飲んだことがあるがあまり手ごたえが感じられなかった方、
・適切なエッセンスを確認したい方のためのセッションです。

フラワーエッセンスをていねいに感じ取っていただけるよう
今のご自分に合うフラワーレメディーをお選びし、エッセンスに
ついての基本的なポイントと、花のメッセージをお伝えします。

こんな方におすすめです
・初めてフラワーエッセンスを飲まれる方で、きちんと適した
 エッセンスを選び体験したい方
・フラワーエッセンスがどんなものか試してみたい方
・これまでに1,2度飲んだことがあり、今一つ効果が感じられ
 なかった方



ショート・セッションの流れ

お申込み
こちらからお申込みください >>
3日以内に返信し、ご予約日時についてご相談させていただきます。
日程が決まりましたら、ご予約内容とお振込先をメールでお送りします。
5日たっても返信のない場合は恐れ入りますが、念のため再度メールを
お送りください。

セッションの「日時/所要時間」をご相談のうえ決定します
 所要時間の目安:

 ◇20分:
  エッセンスを試してみたい方、自分で選んだエッセンスを確認したい方に。
 ◇30~40分:
  事前に記入された内容も踏まえ、対話を通じて感情や思考を明確にとらえて
  エッセンスを選ぶ場合に。
 ◇60分~:
  対話の時間を十分に取り、深く内省してエッセンスを選びたい方に。

セッション当日
●次の3通りの選び方からお好きな方法でエッセンスをお選びします。
 *レメディーの説明から選ぶ *筋反射テストで選ぶ
 *花の写真で選ぶ

●選ばれたエッセンスの状態と、その植物の性質や特徴について
 ご説明します。

●トリートメントボトルを作り、できるだけゆったりしたお気持ち
  で、レメディーを飲んでいただきます。

●ご感想や、花(植物)の性質と同じような面がご自分の中にも
  あるかどうかなどを簡単にお話しください。

●時間の許す限り、フラワーエッセンスの基本的な内容もお話
  させていただきます。

●レメディーカードをお渡しします。
選んだレメディーについての情報と、関連するご自身の心の状態
などを書き込んでいただけるレメディーカードをお渡しします。
レメディーを飲まれる約2週間の間に、気づいたことや心理的な
変化などを何度でも書き加え、ご自分がご自身と仲良く調和の
とれた状態に変化していくためのセルフヒールのツールとして
お役立てください。
※基本の所要時間は20分です。延長をご希望の場合は、有料に
 なりますが、90分まで延長していただけます(10分ごとに
 1,000円をお願いいたします)。


フォローアップ
フラワーエッセンスはゆっくりと作用していくことが多いので、
3回程度継続されることをおすすめしています。
3回までご必要に応じて《リピート・ミニセッション》を
させていただきます。



●個人セッションA

20140521_9.jpg

心がバランスをくずしているときに

心の不調和はどんなメッセージを示しているのでしょうか?
心のアンバランスを入口に、よりご自分らしい調和に向かう
変化の方向性を、フラワーエッセンスをひとつの導きにして
ご一緒に探っていきます。

fr_btl03s.jpg

フラワーエッセンスは、約90年前に英国人医師、エドワード・
バッチ博士によって開発された自然の療法です。
植物が一番生命力に満ちている時に咲かせる花と、自然界の
4つの元素、地・水・火・風の力を生かして作られています。
(お薬の成分はまったく含まれていません。)

植物の調和した生きる力のパターン(情報)が私たちの心の深い
部分に響き、不調和な状態が本来のバランスのとれた状態へと
戻っていきます。

フラワーレメディー(エッセンス)では、人が本来の自分自身と
調和していれば、健康で幸福であり、満ち足りていると考えます。

フラワーレメディーは、不調和に陥った心のバランスを取り戻す
サポートです。飲んだ瞬間から別人のように性格が変わるような
“魔法”のような妙薬ではなく、本来の自分らしさにゆっくりと
戻る後押しとなります。

0000_fr01s.jpg

マイナスに傾いた心のバランスを整える過程では、それまでの
不健康な生活パターンや思いグセに気づいたり、もっと楽しい
ことに目がいくようになったり、また逆に心地よくない点が気に
なったりと、反応は人によって、またその時によってさまざま
です。その人のそれまでの感じ方やものの見方、体験を通して
知らないうちに心にたまった不調和の因子が、ゆっくりと調整
されていきます。

セッションでは、私自身がこれまでフラワーレメディーを活用
してきた経験や遠隔リーディングさせていただいた内容を
フルに生かしながら、心理学的なアプローチやアファーメー
ション(自分に対する肯定的な言葉)、ハワイの伝統的な問題
解決法であるホ・オポノポノの視点も取り入れ、不調和な状態
が示してくれている、その経験の意味や、本来のご自分らしい
調和のとれた状態に向かうヒントをご一緒に探っていきます。


20140518_w4.jpg

こんな方におすすめです

◆心理的な面でのご相談
・ いつも感情に巻き込まれてしまう
・ 自分なりに頑張っているが、結果が出ず焦っている
・ 自分の方向性に疑問を感じる
・ どうしても自分(またはある特定の人)のことが許せない

◆肉体的な面でのご相談
・ストレスによる体調不良がある
・過食が止められないため体調が今ひとつ
・体調がよくないのは、精神的なことが理由だと自分で
 わかっている
・医療と併用できる「プラスα(アルファ)」の何かを得たい




20140521_5.jpg

セッションの流れ

お申込み
こちらからお申込みください >>
3日以内に返信し、ご予約日時についてご相談させていただきます。
日程が決まりましたら、ご予約内容と事前の記入用紙(pdf)※、
お振込先をメールでお送りします。5日たっても返信のない場合は
恐れ入りますが、念のため再度メールをお送りください。
※ 記入用紙は郵送も致します。ご記入内容をもとにセッション当日の朝、
遠隔リーディングをいたしますので、前夜8時頃までに届くように、郵送/FAX/pdfにて
お送りください(返信用封筒を同封します)。


セッション当日
お話を伺い、今のお心の不調和やその影響、関連した事柄など
からエッセンスをご一緒にお選びします。
エッセンスの意味やその植物の特徴を通じて【調和に向かう
方向性】を探っていきます。

プロセス・カードをお渡しします
お選びするフラワーエッセンスやセッション内容を記録して
いただくための「プロセス・カード」をお渡しします。
必要に応じて、セッションを通じて気づいたことやメモなどを書き
加え、よりご自分らしく変化していくためのセルフヒール・ツール
としてお役立てください。

フォローアップ
フラワーエッセンスを継続的に飲んでいかれたい方に、
《リピート・セッション》や《体験ワークショップ》があります。
フラワーエッセンスはゆっくりと作用することも多いので、3回
程度継続していただくと、ご自分なりに変化を意識される例が
多いようです。

●フラワーエッセンスとは

0000_fr02s.jpg

植物の調和した生きる力のパターン(情報)を、人間の心の
不調和(イライラや落ち込み、怒り、不安など)に役立てる自然の
療法です。
日常で経験するさまざまなストレスや不調和な感情のバランスを
取る助けになります。

1936年に英国人医師エドワード・.バッチ博士によって体系化され
ました。おもに自然豊かな場所に自生する植物の花を使って、
38種類のレメディーが作られています。また緊急用の(レスキュー)
レメディーとして、5種類の花を組み合わせたレメディーもあり
ます。

植物は一番生命力に満ちている時に、花を咲かせます。その花を
満開直前に摘み、自然界の4つの力 ―「大地」「水」「火」「風」の
力― を生かして作られます。物質的な薬効成分は含まれていません。
植物の生命力をフルに生かした自然で調和的なセルフヒール/セル
フケアのサポートとして、世界中で役立てられています。
関連記事

●いろいろな使い方

1000_fr06s.jpg

フラワーエッセンスは基本的に飲用しますが、その他にもさまざまな
使い方があります。安全な自然のものなので、使う人の創意工夫と
インスピレーションで自由に役立てられています。
ここではその代表的な使い方をご紹介します。

《飲む》

1000_fr03s.jpg

基本の飲み方:
市販のストックボトルから飲む場合と、調合して飲む場合があります。

★市販のストックボトルから飲む場合:

fr_btl02.jpg

基本的に1日4回(睡眠の直前と直後、日中に2回)、
1回2滴を目安に、直接口に含んで飲むか、飲み水に
入れてゆっくりと飲みます。

★トリートメントボトルを調合して飲む場合:

1000_fr01s.jpg

基本的に1日4回(睡眠の直前と直後、日中に2回)、
1回4滴を目安に、直接口に含んで飲むか、飲み水に
入れてゆっくりと飲みます。

・トリートメントボトルは、スポイト付の遮光ボトルに
水とブランデー(茶さじ1杯・保存料として)を入れ、
選んだエッセンスを2滴ずつを加えて作ります。※

※ストックボトルとトリートメントボトルの濃度は
異なりますが、作用は変わりません。
スペースハナのセッションやワークショップでも、
このトリートメントボトルをお持ち帰りいただいています。

◎飲むタイミングについて

0000_fr11s.jpg

エッセンスを心に浸透させるには、量を多くとるより頻度を
上げていただくのが有効です。目安の頻度や滴数はありますが、
飲みたいと感じる時は自由にとっていただいて構いません。
飲み忘れた時も、その分を調整する必要は特にありません。
エッセンスの純粋な生命力のリズム(バイブレーション)を
根づかせるには、1回の量を多くとるより回数を多くして
いただくとよいでしょう。



《お風呂に入れる》
 ストックボトルから12~15滴を入れてよく混ぜて入浴します



《皮膚に塗る》
 気になる部分にストックボトルから適量を塗ります。また、
 意識のない状態や飲ませにくい場合は、唇、手首の脈の部分、
 こめかみや耳の後ろなど、エネルギーのポイントにつけます。



《オイルやクリームに混ぜる》
自然のクリームやオイルに、ストックボトルから
2,3種を2~4滴ずつ混ぜて使います。



《スプレーにする》トリートメントボトルを作る要領でスプレーボトルを
作り、からだの周囲や周りの空間にスプレーします。
自分のオーラや空間を清め、活性化することができます。

0000_fr70s.jpg

関連記事

●つくり方 「太陽法」と「煮沸法」

フラワーレメディー(エッセンス)は
  《太陽法》《煮沸法》のどちらかで作られています。


どちらも、【生命力にあふれる植物が咲かせるほぼ満開の花】と、
【湧いたばかりの新鮮な水】が使われ、自然界の4つの力―【大地】
【水】【火】【風】の力 ― を通してでき上がります。

【火】の力は、太陽法では〔太陽の光〕から得られ、煮沸法では
人間が点火した〔炎〕から得られます。

開発者であるバッチ博士は、フラワーレメディーの作り方について
次のように説明しています。

「この過程で、自然界の四大元素が作用していることに注意
してください。
それは、植物に滋養を与える『大地』、植物を育む『空気』、
植物が自らの力を分け与えられるように働く『太陽』
あるいは『火』、そして植物の力を集め、
有益な磁気治療力で満たされる『水』です」


           『エドワード・バッチ著作集』
           (J.バーナード編、BAB出版刊)より



関連記事
Thank you.
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ