フラワーエッセンスの魅力

フラワーエッセンスや植物の魅力を分かち合う情報を発信しています。
2019年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年12月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ■ フラワーエッセンスとは?
CATEGORY ≫ ■ フラワーエッセンスとは?
       次ページ ≫

●こんな時にこころのサポートを(591)

centaury-armin-780.jpg


「断るなんてできない。

役に立ちたいの!

あの人のためなら何でもやるわ!」



人が喜ぶならと

自分を捨てて

尽くしてしまうような時には

セントーリー」のフラワーエッセンスを。


人の役に立つのは素敵なことです。

けれど、そこはバランスが大事ですね。


やり過ぎて自分のことを忘れてしまうと

いつか人の言いなりにだけなって

自分のことがわからなくなって

しまうこともあるかもしれません。


まずは自分のかじを自分で取る

強さを取り戻しましょう。


セントーリー」のエッセンスを

市販のストックボトルから

2滴ずつ、1日4回を目安に

舌下にたらして

飲んでみてください。


centaury-armin-long-700.jpg


人を思いやる優しさや行動力を持ちながら

自分のことも大切にする、

必要な時には断る強さを持って

人と接していく助けになります。



~フラワーエッセンス体験ワークショップ~

floweressence_blog_s.jpg


今のご自分の心理状態に共鳴する
花のエッセンスと
植物のことをお伝えします。

選んだエッセンスをご自分用に作り、
持ち帰って飲んで体験していただく
「エッセンス・ボトルのおみやげ」付きです。


<内容(予定)>

・フラワーエッセンスの効用

・アロマとどう違う?

・今の自分に合うエッセンスは?

・開発者、医師エドワード・バッチ博士のこと



<こんな方におすすめです>

□人といると疲れてしまう方に

□人間関係をスムーズにしたい方に

□もっと強くなりたい方に

□自分らしさを実感したい方に

□植物の力に関心のある方に

□自己嫌悪から自由になりたい方に


詳細 >>  お申込み >>

●こんな時にこころのサポートを(590)

Willow by armin-780


わたしって

いつも損な役回り。

どうしてだか

貧乏くじひいちゃうんだ。

私ばっかり..

本当に不公平!




こんな気持ちになることは

ありませんか?

皆はうまく生きているのに

なんで自分ばっかり

こんな思いをしなければいけないのかと。



そんな風に感じる自分にも

腹が立ってがっかりする。



人には知られたくないから

口に出さない。

けれど、こころの中では

怒りや不満が

複雑に渦巻いている。


まわりの状況も

自分のことも許せなくなって、

強いストレスを感じることは

ありませんか?


そんな時は

ウィロウ」の

フラワーエッセンスがおすすめです。



市販のストックボトルから

2滴ずつ、1日4回を目安に

舌下にたらして

飲んでみてください。




うまくいっていないことに

気持ちが集中してしまう自分から

抜け出す助けになります。



「うまくいかない」ことに

焦点を当てれば、

物事はそのように見えます。

人生は不公平かもしれません。



けれど、全体を見たら、

それは一面に過ぎず、

もっといろいろな要素を

含んでいるでしょう。


ウィロウは

自分の一面的な見方に気づき、

物事の全体をとらえる助けになります。


コップの水を

「これしかない」ととらえるのか、

「こんなにある」ととらえるのか..。


ウィロウは

あるがままに受け入れることを

助けます。



他の人との比較を超えて、

見える形での

「うまくいく・いかない」を超えて

現実をとらえることができたら、

自分にどれだけ多くの恵みが

もたらされているかも

自然と見えてくるでしょう。



自分自身の魅力や実力、

もたらされている機会を

建設的にいかすことも

できるでしょう。




そんなサポートになるのが

ウィロウのエッセンスです。




自分が自分自身の現実を

受け入れることができたら、

こころはやわらいで広がるので、

自然と優しさや思いやりは

外から流れて入ってきます。




そのようにして

ウィロウは、

世界と仲良く、

繋がりを取り戻す

助けになるのです。


...... このようにウィロウを植えて刈り込めば、

商業的に利益が得られるので、

この木は人間に利用されてきました。

ヴァインと同様に、

この種に強さと生命力があることで、

利己的に利用されているのです。

ウィロウはこの事実を

どのように感じているでしょうか。

腹を立てているでしょうか。

ウィロウは元気に次の枝を伸ばして反応し、

実際に生命を肯定する姿を表します。...


─ジュリアン・バーナード
バッチのフラワーレメディー
植物のかたちとはたらき
』p.215 より


~・*~・*~・*~・*~・*~・*~・*  

■11月13日(水)10:30~12:30
フラワーエッセンス体験ワークショップ」、

10月20日(日)13:00~17:00(リアル講座)
新読書会
自由への探求~その先のバッチ・フラワーエッセンス(part 2 第1回)
 第9章 4ヘルパーズ
 (ゴース、オーク、ヘザー、ロック・ウォーター)

10月27日(日)13:00~17:00(ウェブ講座)
新読書会
自由への探求~その先のバッチ・フラワーエッセンス(part 2 第1回)
 第9章 4ヘルパーズ
 (ゴース、オーク、ヘザー、ロック・ウォーター)

使用テキスト 
バッチフラワー・ポスター(ヒーリングハーブ社)
バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき
ジュリアン・バーナード著 他

●バッチ博士の人物像

oak-tree-780.jpg


先日の24日、

バッチ博士のお誕生日のこと。

バッチフラワーを愛する方々が

それぞれのやり方で

博士のお誕生日を祝い、

フラワーレメディや

植物に向き合われたというお話を

何人もの方から伺いました。



人々が今も

愛と敬意と親しみを持ってやまない

バッチ博士とはどんな人だったのでしょうか?



2冊の本から博士の人物像を

辿ってみたいと思います。

*ノラ・ウィークス著
『心を癒す花の療法』(中央アート出版)

ジュリアン・バーナード著
バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』(英国f.r.p.)



vintage-780.jpg



●幼少期

体が弱かったそうですが、成長するにしたがって

だんだん丈夫になっていったと

伝えられています。


博士は幼少期、

ご自身が肉体的に弱かった経験もあって

後年、病気の人や

何かしらの弱さで苦しむ人に共感し、

優しい目を持ち続けられた、ということも

あるのかもしれません。



バッチ少年は、

目的意識が高く、

何かに興味を持つと夢中になって、

邪魔されるのを好まなかったそうです。


冒険や遊びが好きで、いたずら好き。

けれども一方では、

一人を好み、

静かで内省的な面もありました。



ウェールズ人の家系に生まれ、

自然や美しいものを愛する、

直観力に優れた子どもだったと

言われています。


ウェールズの野山を歩き、

自然や植物、鳥たちに親しみました。


fields-1-780.jpg



●多面的な性質と夢

ユーモアがあり積極的で人気者の面と、

一人の時間を好み

田舎を放浪して

自然の景観や木々に親しむこともありました。


子どものころから

苦しむ人や動物をみると

その苦しみをとって助けたい

という強い気持ちを持っていました。


幼少期から

万病を癒す治療法を発見する夢を見て、

医師になる夢は

未来への確信に変わっていきました。


●ウェールズとのつながり

ウェールズ地方に強く惹かれ、

子どものころから

幾度となくウェールズを訪れました。


自然が好きで、

ウェールズの山を歩き、

野鳥や木々、野の花とともに

過ごすのが好きだったと伝えられています。


後のフラワーレメディ発見につながる要素は

すでに幼少期に

あったことがわかりますね。


人を治療して助けたいという気持ちと

自然への親愛と畏敬の念を

博士はすでに小さい頃から

持っていたのです。


star sky 780




●成人したバッチ博士

バッチ… 植物のかたちとはたらき』を読むと、

博士は何事においても

スピードが速く、直観的で

直情的な面もあったようです。


ゆったり構えた社交的な人ではなく、

孤独を愛し、

衝動的で確信があり、

強い信念に基づく頑固さがありました。..



同僚で友人の医師たちや

レメディの仲間の

ビクター・ブレンの文章が

紹介されています。


バッチは頭の回転が早く、

独創的であった…

勇敢で恐れを知らず、

利他的で寛大であった…

帽子をかぶるとイライラしていた…」

「振り落とそうとでもするかのように

『無自覚に、首を小刻みに振って』いた…


ということです。


tree-moon-780-2.jpg


そして、

バッチは素直にものを言う性格だったので、

自説をくどくど説明したり、

議論で人を納得させようとすることは

なかったと述べています。

決断が早く、

動作も早く、

怒りっぽかったと言います。..



また他の人が遅いと

苛立つこともあったと記されています。..



... 怒りはすぐに治まりましたが、

その怒りは

彼の思いやりや優しさをくじき、

他の人を励ますような自信をそいだと

語っています。…



●バッチ博士のタイプレメディ

このようなことから、

博士自身のタイプレメディは

インパチェンス」だったのではないかと

言われています。

(インパチェンスは

短気でイライラしがちな人の気持ちを和らげ、

物事をおおらかにとらえる助けになるレメディです。)


「インパチェンス」を

発見したのは、

フラワーレメディ 全38種類の

いちばん最初です。

1928年、博士42歳のことでした。





バッチフラワー38種は

発見順から3つのグループに分けられます。

・「魂のタイプ」に対応する12種類
「12ヒーラーズ」

・その12種類を補助する役割を持つ7種類、
「7ヘルパーズ」

・後半の19種類
「セカンド・19」です。


バッチ博士にとって

魂のタイプのレメディが

インパチェンスだとすると、

その性質を補助する役目として

7ヘルパーズの

どのレメディが特に親和性が

あるでしょうか?




7ヘルパーズのレメディは、

成長の過程でつちかった

(後天的な)振舞いや行動パターンを示します。


子どものころから

高い理想や目的意識を持っていたと言われる

バッチ博士には

ロック・ウォーター」が

その性質を中和させる助けになったかもしれません。




38種のバッチフラワーの体系を

わかりやすく図示している

カラーポスターがあります。

poster01.jpg


このポスターを見ると、

全体的に調和のとれた

38種の体系の要素が

あらためてよくわかります。
 

発見順の3つのグループ、

「12ヒーラーズ」と

「7ヘルパーズ」、「セカンド19」が

ピタッときれいに

図におさまっています。


この点だけでも、

バッチフラワーの

美しく調和のとれた

体系が読み取れます。


9月29日(日)13時から

このカラーポスターを題材にして

バッチフラワーを

立体的にとらえる

ワークショップがあります。


あと1名様のお席があります。

ご興味お持ちの方、どうぞご参加ください。

9月29日(日) 13:00~15:00
バッチフラワー・ポスター講座

●旅気分の時間とフラワーエッセンスの魅力

cow-780.jpg




昨日のバッチ博士のお誕生日、

自然療法サロン「クプクプ」さん主催のもと、

Dr.バッチ 38種のフルピクチャー」と題した、

カラーポスターのワークショップを

実施させていただきました。



poster-ws-2-500.jpg



皆さんと

記念すべき大切な日に

バッチフラワーの全体像を探求できたこと、

その後、ライアーの美しい演奏

バッチ博士の文章の朗読を聴き、

お誕生日を祝う

バースデー・ランチ を

ご一緒できたことは

本当にうれしい心豊かな時間でした。


hb-1-780.jpg


主催者クプクプさんの
詳細レポートはこちら>>





そんな素晴らしい時間を過ごした後、

クプクプの樋渡しのぶさんの発案で

近くにある

こだわりのソフトクリーム屋さんに

立ち寄りました。


0924-780-2.jpg

山本牛乳店

yamamoto-780.jpg


北海道の牧場で

放牧で大切に育てた牛の

お乳を材料にした

ソフトクリームとプリンと

数種の飲み物だけの

小さなお店です。


店内に入ると

普段東京で見られる

お店の雰囲気とは異空間。



旅先で偶然立ち寄ったカフェのよう。


0924-780-4.jpg


しばし旅気分で

バッチフラワーのことや

当日のワークショップのこと、

Soraさんのライアー演奏について、

リニューアルオープンしたクプクプ

新メニュー、

「三ツ星ワークショップ」のことなど、

こころのまま、自由に語り合いました。



旅気分が盛り上がり、

記念撮影まで。笑


0924-780-3.jpg


0924-780-1.jpg



バッチ博士のお誕生日ということもあり、

自然と話題の中心は

バッチフラワーに…。



000_194x132.jpg



これまでバッチのフラワーエッセンスを

ご自分に役立て、

さまざまな領域で活躍する方々との

充実したお話に

たくさんの

元氣をいただきました。



そこで再確認したことは、

フラワーエッセンスの魅力です。



何かができるようになったり、

自己実現していくためのツールは

世の中にたくさんあります。



flowers-780.jpg



フラワーエッセンスも

その一つと言えますが、


実はそれ以前に必要な、

こころの素地を耕し

整えるような

はたらきもするのです。



それは、

その人の力を底上げするような

はたらきです。




飲んですぐ夢がかなうというより

(そういう例もありますが)、


落ち込んでいる場合には

まず

その落ち込んでいる自分を

良しとして受け止め、

前向きに行動する力を

取り戻すようにうながします。



そのようにして

本人自身の気持ちを引き上げ、


毎日を興味や関心を持って

行動する方向へ、

健やかに前向きに生きる方向へと

穏やかにうながすのです。


flower-780.jpg



旅気分で大いに笑い、

自由に語り合いながら、

それぞれの分野で

愛する仕事を

独自のアイディアとアプローチで

情熱的にされているお話を伺い、


あらためて

フラワーエッセンスの

魅力と可能性を

実感しました。



daisy2-500.jpg




私たちは

本来の力を

どれだけ使っているのでしょう?





フラワーレメディ(エッセンス)は、

日々の経験を通じて

そんな未知の力に気づいて

いかして生きる

後押しになります。




remedies-780.jpg




フラワーエッセンスを通じて

自然界に力強く育つ

植物と共鳴し、

こころの不調和を調整して

本来の力を取り戻す

サポートを

あなたも役立ててみませんか?


【フラワーエッセンスを体験する】

9月30日(月)13:00~/17:30~(全4回)
マヒナファーマシー主催
月のめぐりとともにフラワーエッセンスを体験する
宇宙の時間軸を月と共に生きるフラワーエッセンス

11月13日(水)10:30~12:30
フラワーエッセンス体験ワークショップ


【フラワーエッセンスをより深く学ぶ】

9月29日(日) 13:00~15:00
バッチフラワー・ポスター講座

10月20日(日)13:00~17:00(リアル講座)
新読書会
自由への探求~その先のバッチ・フラワーエッセンス(part 2 第1回)
 第9章 4ヘルパーズ
 (ゴース、オーク、ヘザー、ロック・ウォーター)

10月27日(日)13:00~17:00(ウェブ講座)
新読書会
自由への探求~その先のバッチ・フラワーエッセンス(part 2 第1回)
 第9章 4ヘルパーズ
 (ゴース、オーク、ヘザー、ロック・ウォーター)

◆使用テキスト 
バッチフラワー・ポスター(ヒーリングハーブ社)
バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき
ジュリアン・バーナード著 他

●バッチ博士と数字

numbers-780.jpg


バッチ博士は数字に強い関心を持っていたと

言われています。


博士は自身の研究を

とくに「7」と「12」に

まとめることが

多くありました。




7 number-780


」は

一般的に

「ラッキー・セブン」として知られ、

幸運を意味する数字ですね。


「6」が象徴する調和や美の一段上にあり、

さらに高い調和や美を表すとも言われています。





12-gate-780.jpg



12」は

一つのまとまりを表す数字。

たとえば、時計の文字盤や

1年のカレンダー

占星術の星座が

12でひとめぐりします。


私たちはその1つのめぐりを基礎に

生活しています。




バッチ博士は

腸内細菌を研究し、

7種の細菌グループを発見して

慢性病の治療に役立てました。



その後、病気の本当の原因は

病原菌やそれに類する細菌ではなく、

心理的な不調和だと考えるようになってからも、

魂の学びや人間の基本概念などを

7つにまとめて発表しました。



7 rocks-780


フラワーレメディについては、

12の魂のタイプ(性格のタイプ)を基本に

12種類のレメディ(12ヒーラーズ)が

作られました。


その後、

その働きを助けるレメディとして

7種類(7ヘルパーズ)を発見しました。


全38種類の体系が完成した後は

心理状態によって

7つのカテゴリーに分類しています。



7 colors-2-780



人間のエネルギー・センターと言われる

チャクラは

おもに7色で表現されますが、

バッチフラワーの

7つのカテゴリーは

チャクラに対応しているのではないか?

と私たちは興味を掻き立てられます。



その点について

バッチ博士自身が残した

文章はありません。



けれども、

かつて博士は

各グループのために

色を選んだことがあるそうです。


その色を通して

チャクラと

7つのカテゴリーとの結びつきを

自由に考察していくことができます。



これはとても興味深い作業です。

レメディについて

新しく気づくことがありそうですね。


参照
バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき
(ジュリアン・バーナード、英国f.r.p.)p.135, 333


7 colors-1-780



38種類の全体をとらえる時、

バッチ・カラーポスター」など

図示したものを役立てるのは

とても参考になります。


数字の面など、

フラワーレメディにまつわる

目に見えない背景も含め、

ことばで理解するだけでなく、

視覚的にイメージを通しても

記憶に落とし込むことができます。



バッチ博士のお誕生日である

9月24日(火)と29日(日)に

この美しいカラーポスターを導きに

バッチフラワー38種全体を概観する

ワークショップがあります。


実際に色を塗るなどのワークを通じて

バッチフラワーの全体像を

有機的、立体的に捉えていく内容です。

皆様のご参加をお待ちしています。


9月24日(火)10:00~14:30
クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン主催
Dr.Bachお誕生日会&38種のフル・ピクチャー


9月29日(日) 13:00~15:00
バッチフラワー・ポスター講座

poster01.jpg

Thank you.
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ