フラワーエッセンスの魅力

フラワーエッセンスや植物の魅力を分かち合う情報を発信しています。
2019年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年06月
TOP ≫ CATEGORY ≫  お申込み受付中

●【お申込受付中】講座・ワークショップ

graham_780.jpg


【フラワーエッセンスを知りたい方に】

6月3日(月)新月
11:00〜13:00/19:30〜21:30
「フラワーエッセンス・わたしのための月と太陽のレメディ作り」
主催:mahina pharmacy

9月11日(水)10:30~12:30
「フラワーエッセンス体験ワークショップ」


【フラワーエッセンスをより深く学びたい方に】

5月27日(月)10:00~13:00(Web受講可)
新読書会
「自由への探求~その先のバッチ・フラワーエッセンス(第3回)」
最初の3種のレメディー「ミムラス」 (第2章)、バッチ博士の著作の特徴と主な概要(第4章)


6月16日(日)13:00~17:00(リアル講座のみ)
新読書会
「自由への探求~その先のバッチ・フラワーエッセンス(第5回)」
 花のレメディ探し~植物の特徴と歩いた場所(第6章)


6月23日(日) 10:00~17:30
1 Day ワークショップ「アイ・アム・プラント」


◆使用テキスト
バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき
ジュリアン・バーナード著 他

● 「フラワーエッセンス体験ワークショップ」

garden1.jpg


「フラワーエッセンス体験ワークショップ」

9月11日(水)10:30~12:30


わたしたちは日々ストレスにさらされています。
そのすべてが悪いものではないはずですが、
悩まされることは多いものです。

できるなら ストレスとうまくつき合いたい


このワークショップでは
アンバランスな心を整える
フラワーエッセンス(フラワーレメディ)を通じて
自分のストレスとうまくつき合う糸口を見つけます。


フラワーエッセンスは、
80年前にイギリスの医師、
エドワード・バッチ博士が完成させた
植物療法です。

おもに植物の花と石清水を使い、
ストレスでマイナスに傾いた心を、
調和のとれた状態へと調整し、

その人が本来の魅力や実力を
発揮できるように働きかけるものです。


 ・感情を受け止めることができる

 ・足りない面からではなく、物事の全体を
  みることができる

 ・自分の欠点ではなく、長所を見直すことが
  できる

 ・心が穏やかになり、日々を軽やかに過ごす
  ことができる

 ・リラックスして、人と接することができる


201704_star02.jpg



わたしがフラワーエッセンスに出会ったのは、
これからの生き方を
模索している時でした。

自信がなく、
自己嫌悪でいっぱいな自分を
受け入れて好きになるために、
いろいろなセラピーやワークショップに
参加しました。


けれども
どんなにすばらしいセラピーや
ワークショップを受けても、

時間がたてばもとの
思考パターンや感じ方に
戻ってしまう。

そんな自分がいやで、
また自分を責めるサイクルに
陥ることもあるなかで
フラワーエッセンスに出会いました。


エッセンスをのみながら
エッセンスについて学び、

その時々の感情や思考パターンを
受け止めることで、
少しずつ自分を責めるのをやめ、
受け入れる方向へと道筋ができていきました。

もちろん今でも
ネガティブな思いが湧くことはあります。

が、その時に対応するエッセンスを
とることで、

感情にはまり込み過ぎず、

自分の思いを受け止め

今できることに集中するよう
切り替えることができます。


IMG_7049.jpg



私たちは気づかぬうちに
できない自分、足りない自分を責めて
ストレスを大きくしてしまうことがあります。

責めることで、
前に進めない言い訳にしたり、

「自分は悪くない」と開き直って自分を守り、
周りのせいにしたり、

「どうせだめだ」と投げやりになって、
あきらめたりします。


「それではいけない」と、
心のどこかでわかっているので、

また自分を責めて否定する感情の
サイクルにハマり、
ストレスを大きくしてしまうことも
多いものです。



フラワーエッセンスは、
自分や周りを責めたり傷つけるのをやめ、
物事を現実的に、あるがままに受けとめる
後押しになります。


感情を通して
物事を見ることから

物事をありのままに
見る方向へと変化します。

そうすると、
では今何ができるのか、

答えが一つずつ
自分の中から湧いてきます。

具体的な行動を
起こせるようになったり、

自分を責めてしまうパターンから
抜け出すヒントを得られる
ようになるのです。



IMG_6207_2.jpg




開発者のエドワード・バッチ博士は、
外科医、内科医を経て、

免疫学の研究で高い評価を得た
有名な医師でした。


腸内細菌が健康にとって重要であることを、
今では多くの人が知っていますが、

博士は80年以上前(日本では大正時代)に、

慢性病やガンと腸内細菌の関係について
論文を発表し、レメディー(治療薬)を開発
しました。

その博士が最終的に気づいたのが、
病気に対する心理状態の影響でした。

病気の根本的な原因は、
ネガティブな感情、心の状態にあると考え、

それを調整するものを、自然の野山に育つ
野草(ハーブ)に見出したのです。

フラワーエッセンスは薬ではないので、
副作用や依存性もなく、
アロマテラピーのように、香りもありません。

自然豊かな場所に育つ植物の生命力を
役立てる植物療法です。


*当日はこんなことを学びます

 ・自分のストレスをはっきりさせる方法

 ・私たちの心理状態を理解する7つの扉

 ・不調和な心の状態からわかる本来の可能性 

 ・ご自分の悩みの助けになる植物とは?


このワークショップでは、
ご自分で選ばれたフラワーエッセンスの
調合ボトルを作っていただきます。


作ったボトルを持ち帰り、
のんで体験しながら、
変化を感じ取っていただけます。


*このワークショップで・・・

 ・自分のストレスをより深く理解できます

 ・ストレスを持つ自分を肯定的に受け止められます

 ・問題を前向きにとらえられます

 ・気持ちが落ち着きます

 ・物事に興味や好奇心が湧いてきます


 IMG_1368 (3)s


「フラワーエッセンス体験ワークショップ」
 
9月11日(水)10:30~12:30

講師
谷口みよ子(花療法家、フラワーエッセンス翻訳者)
 

持ち物:
 筆記用具

会場:
下北沢・マヒナファーマシーストア

会費:
 実施日の2週間前まで
 【早期割引価格】3,000円※

 2週間前以降のお申込み
 【定価】3,500円※

 (税込み、資料とフラワーエッセンス調合ボトルのおみやげ付き)

※ 事前にお振込みください。
(お振込み後の返金はいたしかねますのでご理解の上お振込ください。)
※ やむを得ずキャンセルされる場合は、当日を含む2日前までにご連絡ください。

主催: フラワーエッセンスの魅力|スペースハナ 


 ■お申込み >>   ■お問合せ >>

●6月3日新月「わたしのための月と太陽のレメディ作り」

mahina WS 2019夏至_bs


6月3日(月)新月のワークショップ

下北沢・マヒナファーマシー主催
 
フラワーエッセンス・わたしのための月と太陽のレメディ作り
  
夏至の前に

「わたし」の月と太陽に通じる面と

わたし自身を調和させ、

整えるためのワークショップです。


このワークショップでは

ご自身のための

「私の月と太陽のレメディ」を作ります。


作られたボトルを持ち帰り、

夏至前後の1か月、

使って体験していただけます。


*マヒナファーマシー製
自然の力に満ちたオリジナル・ハーブティー、
ご自身のバースチャートとオリジナル・ボトル付きです。

詳細・お申込みはこちら>>

●1 Dayワークショップ「アイ・アム・プラント」

i am a plant


訳書

『バッチのフラワーレメディー
植物のかたちとはたらき』

ジュリアン・バーナード
英国f.r.p.発行)の中から

特に

「光の特質」と

「植物の特徴(ジェスチャー)」に

焦点を当てて

フラワーエッセンスやレメディーの植物を

より深く理解するためのワークショップです。


bach ff


このワークショップを通じて
本書に親しみ、
より深い理解が得られます。


人間と植物の共鳴について
学ぶことで、

「調和」の視点に基づいて
共感力を高め、

フラワーエッセンスを
選び、活用し、伝えていく
ことができます。



フラワーエッセンスが
花の生命力を含む
ただの小瓶ではなく、


自然界に調和して生きる植物と
人間をつなげる媒介であることを
よりリアルに感じ取れるでしょう。


人間(自分)も自然の一部であり、
互いに共鳴する存在だということが
「四大元素」の視点からも
理解できます。



このワークショップでは
植物と人間のジェスチャーの対応と
その共鳴に焦点を当て、

「16章 光の到来」と
「付録6」の内容を確認しながら、

その意味を理解し
深く感じ取っていけるよう
デザインされています。


自分が植物だったら、
どんな植物か?


植物としての
ご自分のポートレイトを
描くことからスタートします。

そして著者ジュリアン・バーナード氏が
長い年月をかけて詳細に観察してきた
バッチ・フラワーエッセンスの植物や
その植物たちに関わる情報をもとに、

植物と人間の内にある「四大元素」と
「光」の要素を中心に学びます。



このワークショップを通じて
本書を読み進めて生かしていくための
「旅」のガイドブックが完成します。

植物の映像から
ジェスチャーを確認しながら

植物の「語りかけ」を聞き、

ご自分独自の視点や感じ方を育て
感度を上げていくためのワークショップです。



iamaplant150704.jpg



----------------
おもな内容(予定)
----------------
1 Day ワークショップ
「アイ・アム・プラント」

― あなたが植物ならどんな植物?
・植物としての自分のポートレイトを描く

● 「16章 光の到来」「付録6」を読む
・光とは? 光の本質と虹の7色
・植物の様々な特徴、性質を「かたち」から理解する
 ~根・茎・葉・花・種子のジェスチャー
・人間の内にある植物と同じ要素を確認する
 ~人間と植物の内なる四大元素
・植物と人間の共鳴について

● ジェスチャーにみる個性・人間像


-----------------
日程・場所・会費
-----------------
● 日程:2019年6月23日(日)

● 時間:10:00~17:30(途中ランチ休憩あり)

●参加費: 37,000円 (資料代:税別)※
 ※参加費・資料代ともに、事前のお振込をお願いしております。
 ※これまでに基礎活用、応用講座/
  フラワーカード・リーディング講座等を
  受講された方:割引価格とさせて
  いただきます。お問合せください。
 
●お持ち物:
・『バッチのフラワーレメディー
 植物のかたちとはたらき
』※

 (お持ちの方は
 『写真でたどるバッチフラワー
 内なるエッセンス』フラグランスジャーナル社)

・筆記用具、色鉛筆・クレヨンなどお好きな画材

※本書を未購入の方は、当日会場にてお求めいただけます。
当日購入をご希望の方は、お申し込み時にお知らせください。

● 場所:下北沢・マヒナファーマシーストア

● 後援:フラワーレメディー・プログラム・ジャパン

  お申込み>>   お問合せ>>

●ワークショップ「アイ・アム・プラント」フォローアップ会

I am a plant


これまでに「アイ・アム・プラント」のワークショップを

受けられた方を対象とした

フォローアップ会を予定しています。
  
少し残席があります。ピンと来られた方はどうぞご参加ください。
  
詳細>>

  
~・*~・*~・*~・*~・*~・*
  
植物としての自分をイメージして

大地に根を張り、茎をのばし、

葉を広げて呼吸し、花を咲かせて、

種を付ける・・・。
  

根・茎・葉・花・種子の一連の動作から

私たちの内にある植物と共鳴する

感覚を呼び覚まし、

自分自身を整えていくためのワークショップです。
  

前半は植物と人間の中にある

四大元素の対応について振り返った後に

行います。
  
詳細>>

~・*~・*~・*~・*~・*~・*  

1 Day ワークショップ
「アイ・アム・プラント」フォローアップ会

  
4月7日(日)10:00~12:30
下北沢・マヒナファーマシーストアにて


*講師
桜内操(操ヨガ代表)

*ナビゲーター
谷口みよ子(フラワーエッセンス講師、訳者)

*会費 5000円