フラワーエッセンスの魅力

フラワーエッセンスや植物の魅力を分かち合う情報を発信しています。
2018年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年12月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ■ 講座・ワークショップ
CATEGORY ≫ ■ 講座・ワークショップ

●【お申込受付中】講座・ワークショップ

マヒナ フラワーカード・リーディング


12月2日(日)、6日(木)
フラワーカードリーディング・ミニセッション

「新しい一年に向けて
 こころを整えるフラワーカードリーディング」


12月5日(水)13:00~14:30
フラワーエッセンス体験ワークショップ

11月25日(日)11:00~17:30
1日集中ワークショップ
「アイ・アム・プラント」
 
<キャンセル待ちをお受けしています>

12月23日(日)14:00~17:00
読書会
バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき
ジュリアン・バーナード著
「第19章 実践におけるパターン」他
お問合せinfo@fremedy.main.jp

2019年2月スタート予定
~月のサイクルで
フラワーエッセンスを体験する4回コース~
「わたしに出会うフラワーエッセンスシリーズ vol.9
宇宙の時間軸を月と共に生きるフラワーエッセンス」


※詳細:決まり次第アップします。

●フラワーカードリーディング・ミニセッション

2018冬じたく展


下北沢にあるマヒナファーマシーさんの主催で
定期的にフラワーエッセンスのクラスを
させていただいています。

そのマヒナさんで
12月2日(日)~24日(月・祝)
月の冬じたく展」が行われます。

期間中の2日間【12月2日(日)/6日(木)】
フラワーカード・リーディングの
ミニセッション
をさせていただきます。

新しい一年に向けて
こころを整えるフラワーカードリーディング


ピンときた方はぜひお出かけください。

■お申込み>>
お申込みフォーム
ご予約可能時間帯から
ご希望の日時を第3希望まで
お選びください。



冬至/新年に向かう大切な節目の時期に心を整える、

花のカードが導くメッセージをお伝えします。


~・*~・*~・*~・*

■実施日程:

*12月2日(日)
 14:30~/15:30~/16:30~/17:30~

*12月6日(木)
 13:30~/14:30~/15:30~/16:30~/17:30~


■所要時間:30分


■料  金:3000円※
 ※エッセンス・ボトルご希望の方は別途2000円、税込)


■お申込み>>
お申込みフォーム
ご予約可能時間帯から
ご希望の日時を第3希望まで
お選びください。



マヒナファーマシー:ウェブサイトからご案内

マヒナ フラワーカード・リーディング


新しい一年に向けて
こころを整えるフラワーカードリーディング


「宇宙から発する情報とダイレクトにつながる植物。

わたしたちは宇宙の元に生まれて、
毎日、宇宙の影響を受け続けています。...

●【ご感想】フラワーエッセンス体験ワークショップ

体験ワークショップ


毎月、おもにフラワーエッセンスを
初めて知る方を対象にした
フラワーエッセンス体験ワークショップを
行っています。

参加された方のご感想を紹介させていただきます。

~・~*~・~*~・~*~・~*~・~*~・~*


「フラワーエッセンスはバッチレメディのみを
知っていましたが
バッチレメディ自体をもっと深く知りたいと
思いました。

選んだワイルドローズは、
今までに使ったことのないものでしたし
自分に必要だと思ったこともなかったので
これを自分の無意識から選んだということは
意外でした。

また、みよこ先生のお話は、優しく
聞きながら泣きそうになったことも
しばしばあり

心の琴線に触れる何かが、
そのお話の中にあるのだなと
思いました」


●時間の設定や長さ、会場の雰囲気などについて

「時間は、当初1時間半と思っていたので、
実質2時間出会ったことに得した気持ちと
それでも長くもなく、充実した2時間でした。

会場は、神社にいるようなとてもいい氣が
流れていて
また行きたいと思うところでした。

みよこ先生のお話する空気感というのも
ご一緒させていただいた方とも穏やかな
時間を送れたように思います」


●これからもフラワーエッセンスを使っていこうと思いますか?

「はい。
フラワーエッセンスは日々の私の
感情に向き合うツールとして
使い続けたいと思います」

~・~*~・~*~・~*~・~*~・~*~・~*

T.N.様、ありがとうございます。

当日は90分のところ、
120分で実施し、失礼いたしました。

今月はちょうど
ケルト暦の新年の明けた、
新月直前のワークショップでした。

次回は12月5日(水)13:00から
マヒナファーマシーストアで行います。

フラワーエッセンスを体験してみたい方、
体験したことはあるが、よくわからないと
感じている方、自然の植物療法に
ご興味おありの方他、

どうぞお気軽にご参加ください。


■詳細 >>
12月5日(水)13:00~14:30
フラワーエッセンス体験ワークショップ

■お申込み >>

■お問合せ >>

●【ご感想】フラワーエッセンス応用クラス

trees-winter.jpg

先月終了した
「フラワーエッセンス応用クラス」の
ご感想を紹介させていただきます。

~:+~:+~:+~:+~

改めてテキストを読んで初回からの自分の変化を振り返ってみました。

こんなに物事が動いていくのは不思議な感じがしています。

不安や恐れから今も流れをせき止めているような感じがあるので、これからも自分の壁や枠を取り払って本来の姿に戻っていけるようにフラワーエッセンスの助けを借りていきたいと思います。

* * *

●一番印象に残ったことは?

毎回の学びがあって、回を重ねるごとに理解が深まっていきました。

最終回によくわからないのですが頭の理解を超えた理解?体感がありました。

『特にあらゆる生き物は共鳴し、特定のエネルギーパターンで振動しているということです。同じ振動パターンを持つ2つの物体は共鳴し合います』

という一文がとても印象に残っています。


●体験を重ねながらエッセンスを学ぶカリキュラムについて

エッセンスの背景を知ったことでさらに変化が促されたと思います。理解がひろがったというかああそうなんだという感じです。

今振り返ると毎回のテーマにそって自分もリンクして変化していったようです。

そういうタイミングだったのか流れだったのか不思議でなりません。


●受講中の自分自身の変化や気づきについて

 全ては偶然ではなく起こることがこのタイミングで起きているのだなと感じています。

  自分でコントロールしないで流れに任せることが大切だと思いました。


●時間の設定や長さ、会場の雰囲気などについて

安心できる場と安心できる方々にめぐまれて表面的ではない理解が得られたと思います。

シェアの時間が深いので時間が経つのを忘れてしまうことがありました。でも時間的には適切な設定だと思います。

●今後のフラワーエッセンスの利用について

たぶんずっと使い続けると思います。

とても支えられていて私にとってはなくてはならないものです。

●最後に、自由にご感想をお書きください。

フラワーエッセンスについての理解はまだまだ途中ですがもっと深く知りたいです。

知れば知るほど全体が見えてきて本当にフラワーエッセンスは奥深いと思いました。

勉強することが自分自身の理解につながっているような感じです。

~:+~:+~:+~

K.T.さま、ありがとうございました。


この応用クラスは、基礎クラスを修了した方を対象としています。

次回の基礎クラスは来年2月スタートの予定です。


詳細をご希望の方はこちらのお問合せページから「基礎クラス詳細希望」とご明記の上、メールアドレス等をご入力ください。  
●お問合せ>>

●ケルトの新年に

celt.jpg


ケルトの新年にちなみ、

ケルトや植物、フラワーエッセンスの

お話をさせていただきます。
  
お時間おありの方は是非お出かけください。

ーーーーーーーーーー
2018年11月01日(木)
@渋谷・道玄坂
 
神聖な樹のお告げを受け取る
「ケルトの新年会」
with本物の風水を学ぶ会

 
主催:アズ直子先生(著述家、講演家)

お申込み >>
ーーーーーーーーーー
  
風水界の権威、

山道帰一(やまみち きいつ)先生と

植物研究家、東昭史先生のご講演、

風水鑑定、守護樹鑑定などの

楽しいブースも多く出展される

とても楽しみなイベントです。



~・*~・*~・*~・*~・*~・*

フラワーエッセンスが初めての方の
 体験ワークショップ
11月7日(水)13:00~14:30 下北沢にて


10月の読書会
10月28日(日)14:00~17:00 下北沢にて

ジュリアン・バーナード著
『バッチのフラワーレメディー
  植物のかたちとはたらき』

「第18章 無関心、憂鬱、絶望」
  スイート・チェストナット
「第19章 実践におけるパターン」

 ・お問合せinfo@fremedy.main.jp
Thank you.
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ