フラワーエッセンスの魅力

フラワーエッセンスや植物の魅力を分かち合う情報を発信しています。
2019年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年08月
TOP ≫ CATEGORY ≫  バラ
CATEGORY ≫  バラ
       次ページ ≫

●香りの魅力

jude4_780.jpg



今年も会えました。

ジュード・ジ・オブスキュア

この香りをずっと嗅いでいたい。




jude3_780.jpg




この芳香をどのように説明できるでしょう...




jude2_780.jpg



柔らかい柑橘系で

アプリコットのような香りもします。



このバラを生んだ

デビッド・オースティン社では

「時おり強烈なシトラス香の混じったグアバと、

甘口の白ワインを思わせる香り」と

説明されています。



jude1_780.jpg



~・*~・*~・*~・*~・*

【フラワーエッセンスを知りたい方に】

6月3日(月)新月
11:00〜13:00/19:30〜21:30
「フラワーエッセンス・わたしのための月と太陽のレメディ作り」
主催:mahina pharmacy

9月11日(水)10:30~12:30
「フラワーエッセンス体験ワークショップ」


【フラワーエッセンスをより深く学びたい方に】

5月19日(日)13:00~17:00(リアル講座のみ)
新読書会
「自由への探求~その先のバッチ・フラワーエッセンス(第4回)」
 バッチ博士の著作の特徴と主な概要、
 花のレメディ探し~植物の特徴と歩いた場所(第4、5章)

5月27日(月)10:00~13:00(Web受講可)
新読書会
「自由への探求~その先のバッチ・フラワーエッセンス(第3回)」
最初の3種のレメディー「ミムラス」 (第2章)、バッチ博士の著作の特徴と主な概要(第4章)


6月23日(日) 10:00~17:30
1 Day ワークショップ「アイ・アム・プラント」


◆使用テキスト
バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき
ジュリアン・バーナード著 他

●四季咲きのバラ

rose5.jpg


先日久しぶりに

ローズガーデンに

立ち寄りました。


rose2.jpg


冬に咲くバラに

5月に満開になった時のような

勢いはありません。


葉も緑色より

茶色や黄色の方が多いので

花の色が浮き立つ度合も少ないのですが、


冬の季節に合う

落ちつきがあるように感じます。


rose4.jpg



5月に咲き誇る

「グラハム・トーマス」も

つつましい感じで咲いています。


rose_gt.jpg



この日満開だったのは

「ブラッシング・ノック・アウト」というバラです

(2004年、フランス)。


花のとても薄いピンク色が清楚な印象で


花びらの広げ方に

独特な優雅さがありました。


rose1.jpg


冬の花の存在感は圧倒的─

バラはやはり特別な花です。




フラワーエッセンス体験ワークショップ

floweressence_blog_s.jpg

1930年代に英国の医師によって開発された

植物療法、フラワーエッセンスのワークショップです。


ストレスの多い毎日に

心のバランスを取り

心かろやかに過ごす助けになります。


体験ワークショップでは
今のご自分に共鳴し
心のバランスを整える花のエッセンスを選び、
その働いかけをお伝えします。

選んだエッセンスをご自分用に作り、
持ち帰って飲んで体験していただく
「エッセンス・ボトルのおみやげ」付きです。


<内容(予定)>

・フラワーエッセンスの効用

・アロマとどう違う?

・今の自分に合うエッセンスは?

・開発者、医師エドワード・バッチ博士のこと


<こんな方におすすめです>

□毎日をこころ軽やかに過ごしたい方に

□人間関係をスムーズにしたい方に

□もっと強くなりたい方に

□自分らしさを実感したい方に

□植物の力に関心のある方に

□自信のなさや自己嫌悪に悩んでいる方に


詳細>>   お申込み>>

●満開の時期を過ぎても

ジュードジオブスキュア

  
バラは満開の季節を終えましたが、

まだいくつか遅咲きの花が

美しく咲いています。
  

先日Tさんのお庭には

ジュード・ジ・オブスキュアという

コロッと丸い形をした花が

咲いていました。
  

うっとりするほど

良い香りを放っていました。
 

甘くて爽やかな

フルーツの香りです。


この香りを嗅ぐだけで、

幸せな気分でいっぱいに。


一瞬でバラの魔法にかかりました。


過去の投稿 >>


。*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・
   

6~8月「フラワーエッセンス体験ワークショップ」

━ あなたのストレスの隠れた恵みを知る ━



garden1.jpg


日時
<各回、独立したワークショップです>
   
6月27日(水)13時~14時半/ 7月25日(水)13時~14時半/ 8月22日(水)13時~14時半


会場:
下北沢・マヒナファーマシーストア

講師
谷口みよ子(花療法家、フラワーエッセンス翻訳者)
 

主催: フラワーエッセンスの魅力|スペースハナ 


 ■お申込み>>  ■詳細>> ■お問合せ>>

●バラの花のメタモルフォーゼ「チャールズ・ダーウィン」

IMG_6207_2.jpg


  
バラはその花の美しさとともに

つけられた名前を知るのも

とても興味深いものです。
  


IMG_6208_2.jpg



人の名前がついていると、

このバラのような人なのかしらと

イメージが広がります。
  

IMG_6210_2.jpg



この美しい花の名前は

「チャールズ・ダーウィン」。
  

IMG_6211_2.jpg




「種の起源」を提唱した

イギリスの自然科学者の名前が

付けられています。
  


ダーウィンは、

「全ての生物種が

共通の祖先から

長い時間をかけて、

彼が自然選択と呼んだ

プロセスを通して

進化したことを明らかにした」

Wikipedia チャールズ・ダーウィンより)

歴史に残る

著名な人物です。
    


IMG_6209_2.jpg



この美しいバラを見ていたら、

ダーウィンの、

全ての生物は共通の祖先から進化した、

という考えが

とても嬉しく感じられます。
  

私たちもこのバラと

共通の祖先から生まれていると

いうことなのですから ━━。



 
。*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・


<5月のミニセッション>
花のオラクルカード・リーディング

満月祭

5月29日(火)満月祭にて


場所:渋谷フォーラムエイト
時間:11:00~17:00(出入り自由)
入場料:3000円
詳細 >>

花のオラクルカード・リーディング
 料金:2000円(10分)※
 ※香りとエッセンスのスプレーボトルのおみやげ付き

●バラの花のメタモルフォーゼ「アイスバーグ」

1.jpg


バラにはたくさんの品種があり、

それぞれに興味深い名前がついています。

ぴったり!と思ったり、

なかには不思議に思うものもあります。


2.jpg


このバラの名前は

アイスバーグ(英語:氷山)、

シュネーヴィチェン(ドイツ語:白雪姫)。

3.jpg


ドイツで作出されているので、

もともとは「白雪姫」と呼ばれていたのでしょう。
  

IMG_6517.jpg


アイスバーグ「氷山」という呼び名について、

たしかに白い花ですが

氷山のような冷たい印象はありません。
  

先日その由来がわかる気がしました。
  

IMG_7079.jpg


ある方のお庭の生垣は

このアイスバーグで彩られ、  

その見事にたくさんの花をつける様が

陽光に当たる氷山と繋がりました。
  

花の一つ一つは可憐でとても美しいので、

白雪姫という名もやはりピッタリです。
    

IMG_6524.jpg


この花を前にすると、

美しい純白に包まれるかのよう。
  
清められて、気持ちが引き上げられます。


無条件に幸せになれる花です。


 
。*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・

<5月のミニセッション>
花のオラクルカード・リーディング

満月祭

5月29日(火)満月祭にて


場所:渋谷フォーラムエイト
時間:11:00~17:00(出入り自由)
入場料:3000円
詳細 >>

花のオラクルカード・リーディング
 料金:2000円(10分)※
 ※香りとエッセンスのスプレーボトルのおみやげ付き
Thank you.
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ