フラワーエッセンスの魅力

フラワーエッセンスや植物の魅力を分かち合う情報を発信しています。
2019年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年08月
TOP ≫ CATEGORY ≫  読書会

●【ご感想】新読書会第4回(第4章・6章)

053--book-780.jpg


毎月訳書『バッチのフラワーレメディー 

植物のかたちとはたらき
』の

読書会を行っています。



5月の会が先日終わりました。

ご許可をいただいた方のご感想を

紹介させていただきます。
  

~・*~・*~・*~・*
  
●印象に残ったこと
  


フラワーエッセンスの選び方は

自由ということでした。


日常的、内なる神性の

両方に使えるということ、


意思を持って選ぶ、

委ねて選べる、などがわかり、


フラワーエッセンスの奥深さ、

愉しさを改めて感じました。



●全体のご感想
  
いつも気づくことや

はっとすることがあるのですが、

今回もいろいろありました。


先生の解説とともに、

本と自分に向き合える貴重な時間でした。


こまめに休憩をとっていただき、

ありがとうございました。


みなさまとの時間が心地よく、

あっという間に時間が過ぎました。



~・*~・*~・*~・*
    

A.S.様、ありがとうございます。


今回はご質問もいただきましたので、

来月以降の会で

皆さんと話し合いながら

理解を深め

レメディを使う可能性を広げて

いきたいと思います。


来月もよろしくお願いします。
    
--------------------------
  

次回は6月16日(日)13時から下北沢にて。
  


バッチフラワーをより深く学びたい方、

どうぞお気軽にご参加ください。
   

■詳細>>

■お申込み>>

  
★ウェブ参加可能な会はこちら

■詳細>>

■お申込み>>

★ウェブ受講のお申込み>>
https://ws.formzu.net/fgen/S56859369/
  
バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき
(ジュリアン・バーナード、英国フラワーレメディー・プログラム発行)

 

●【ご感想】新読書会第4回(第4章・6章)

0528-tree-leaves-780.jpg


毎月訳書

バッチのフラワーレメディー

植物のかたちとはたらき


(ジュリアン・バーナード著)を読む

読書会を行っています。



今月の会が終わりました。

先日の日曜の会について

ご許可をいただいた方のご感想を

紹介させていただきます。


次回は6月16日(日)13時からに行います。※


※ウェブ参加可能な会は6月24日(月)10時~


いつからでも自由にご参加いただけます。

どうぞお気軽にお申込みください。


~・*~・*~・*~・*
  

●一番印象に残ったこと


バッチ博士の住まわれていた家や

その周りの写真。


アグリモニーのことを

説明されていたビデオや写真。

とても分かりやすかったし、

写真やビデオは印象に残ります。



●全体のご感想


自分で本を読む以上の内容を

お話してくださるのは、

本当にありがたいです。


そのお話してくださる内容も

とても深く、興味深い内容で、

植物に対する理解が深まります。

本当にありがたく思いました。

~・*~・*~・*~・*


Y.M.様、ありがとうございます。


今月は

いよいよバッチ博士が

1930年に太陽法を開発し、

海辺の町、クローマーで

次々に

レメディを発見されていった内容の

第6章に入りましたね。


次回はアグリモニーに続き、

チコリー、ヴァーベイン、セントーリーと

読み進めていきます。


アグリモニー、チコリー、ヴァーベインは

ハーブとしても親しまれている

多年草です。


本書を導きに

その共通点や独自性を

ご一緒に感じ取っていけたらと思います。


次回もよろしくお願いいたします。

---------------------------

次回は6月16日(日)13時から下北沢にて

少し残席があります。

バッチフラワーをより深く学びたい方、

どうぞお気軽にご参加ください。
   
■詳細>>   ■お申込み>>


ウェブ参加可能な会はこちら

■詳細>>

■お申込み>>

★ウェブ受講のお申込み>>

●3月の新読書会、無事に終わりました

cafe zincの花


昨日と今日、

新読書会
「バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき」
がありました。

今回もちょっとしたハプニングが..。

でも、無事に終了しました。


ご参加くださった皆様、

ありがとうございました。


終了後はナチュラルメディスン研究所の

Hitomiさんと大好きなカフェでほっと一息。


IMG_1270 (2)

IMG_1271 (2)


お手洗いの花が

いつも本当に素敵で

心身ともにリフレッシュできる空間。

大切な穴場カフェです。


4月の新読書会
「バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき」


詳細 >>

●2つの新読書会『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』

bookand flowers


2月/3月に新読書会が始まりました。

昨年12月に4年の歳月をかけて読了した
「読書会」の経験を踏まえ、
新しいスタイルの「新読書会」です。

できる限り内容をまとめてポイントを絞り、
楽しみながら読み進めていきたいと思います。

2月スタートの会は日曜日に、
3月スタートの会は平日・月曜の午前中に実施しています。

いつからでもご参加いただけます。

バッチフラワーの学びを深めたいとお思いの方、
どうぞお気軽にご参加ください。

ご感想 >>>


読書会イメージ写真


~・*~・*~・*~・*~・*

新読書会:
『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』(F&F)
「自由への探求~その先のバッチフラワーエッセンス講座」<Part 1>

~・*~・*~・*~・*~・*

日曜の会:開催日程(下北沢にて)

*第1回 2月17日(日)14:00~17:00(途中休憩あり)
 バッチ博士の一生と時代背景、医学の発展(F&F 序文~1章)
終了

*第2回 3月17日(日)(日)14:00~17:00(途中休憩あり)
 最初の3種のレメディー(F&F 第2章)
終了

*第3回 4月14日(日)13:00~17:00(途中休憩あり)
 バッチ博士の著作の特徴と主な概要(F&F 第4章)

*第4回 5月19日(日)14:00~17:00(途中休憩あり)
 花のレメディ探し~植物の特徴と歩いた場所(F&F 第5・6章)

*第5回 6月16日(日)14:00~17:00(途中休憩あり)
 クローマーで発見した植物~愛するクローマー(F&F 第6章)

*第6回 7月21日(日)14:00~17:00(途中休憩あり)
 12ヒーラーズの完成と12種の構成(F&F 第7章)


月曜の会:開催日程(ウェブ講座同時開催)

*第1回 3月18日(月)10:00~13:00(途中休憩あり)
 バッチ博士の一生と時代背景、医学の発展(F&F 序文、第1章)
終了

*第2回 4月22日(月)10:00~13:00(途中休憩あり)
 最初の3種のレメディー (F&F 第2章)

*第3回 5月27日(月)10:00~13:00(途中休憩あり)
 バッチ博士の著作の特徴と主な概要 (F&F 第4章)

*第4回 6月24日(月)10:00~13:00(途中休憩あり)
 花のレメディ探し~植物の特徴と歩いた場所 (F&F 第5・6章)

*第5回 7月22日(月)10:00~13:00(途中休憩あり)
 クローマーで発見した植物~愛するクローマー (F&F 第6章)

*第6回 8月26日(月)10:00~13:00(途中休憩あり)
 12ヒーラーズの完成と12種の構成 (F&F 第7章)

~・*~・*~・*~・*~・*

●使用テキスト:
『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』(F&F)
 (ジュリアン・バーナード著、英国フラワーレメディー・プログラム発行)

●参考図書:
 「エドワード・バッチ著作集」「バッチフラワー 内なるエッセンス」
 (ジュリアン・バーナード編/著)

●ガイド役
 谷口みよ子(花療法家、訳者)

●会費(事前振込み)[基本として実施月の前月末までにお願いいたします]
 *各回払い:5500円(税/資料代込)
 *お振込みいただきました会費は、キャンセルの場合もご返金いたしかねます。ご了解の上お振込みくださいますようお願いいたします。

●持ち物
 筆記用具、(必要に応じて)ご自身のお飲み物、体温調節できるものなど

●主催
 フラワーエッセンスの魅力|スペースハナ

●ウェブ講座運営
 ナチュラルメディスン研究所

●後援
 フラワーレメディー・プログラム・ジャパン

ー・-・-・-ー・-
お申込み

 *日曜の読書会>>

 *月曜のリアル受講(下北沢)>>

 *月曜のウェブ受講の詳細 >>

ー・-・-・-ー・-

●平日の新読書会「イントロ・セミナー」終了しました

poster01.jpg


昨日、平日の新読書会
バッチのフラワーレメディー
植物のかたちとはたらき
』の

イントロ・セミナー」を実施しました。

美しいカラーポスターを通じて、
バッチフラワー38種の全体像を
確認しました。


イントロセミナー写真


ウェブ講座同時開催という
新しい試みの会でもありました。

不慣れで手間取る場面もありましたが、
ナチュラルメディスン研究所さまの
強力なサポートと、
参加された皆様に暖かく見守っていただき、
無事に会を終えることができました。

本当にありがとうございました。


いよいよ来月から
月曜の新読書会もスタートします。

ポスターで確認した全体像の
詳細をみていきます。

バッチフラワーの世界を掘り下げ、
広げていく機会をご一緒させていただけたらと思います。

よろしければ、どうぞご参加ください。


読書会イメージ写真

 
~・*~・*~・*~・*~・*

新読書会:
『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』(F&F)
「自由への探求~その先のバッチフラワーエッセンス講座」<Part 1>

~・*~・*~・*~・*~・*

●開催日程(ウェブ講座同時開催)

*第1回 3月18日(月)10:00~13:00(途中休憩あり)
 バッチ博士の一生と時代背景、医学の発展(F&F 序文、第1章)

終了
*第2回 4月22日(月)10:00~13:00(途中休憩あり)
 最初の3種のレメディー (F&F 第2章)
終了

*第3回 5月27日(月)10:00~13:00(途中休憩あり)
 バッチ博士の著作の特徴と主な概要 (F&F 第4章)
終了

*第4回 6月24日(月)10:00~13:00(途中休憩あり)
 花のレメディ探し~植物の特徴と歩いた場所 (F&F 第5・6章)
終了

*第5回 7月22日(月)10:00~13:00(途中休憩あり)
 クローマーで発見した植物~愛するクローマー (F&F 第6章)

*第6回 8月26日(月)10:00~13:00(途中休憩あり)
 12ヒーラーズの完成と12種の構成 (F&F 第7章)


●使用テキスト:
バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』(F&F)
 (ジュリアン・バーナード著、英国フラワーレメディー・プログラム発行)

●参考図書:
 「エドワード・バッチ著作集」「バッチフラワー 内なるエッセンス」
 (ジュリアン・バーナード編/著)

●ガイド役
 谷口みよ子(花療法家、訳者)

●会費(事前振込み)[実施月の前月末までにお願いいたします]
 *各回払い:5500円(税/資料代込)
 *6回(全回)おまとめ払い:30,000円(税/資料代込)
 *お振込みいただきました会費は、キャンセルの場合もご返金いたしかねます。ご了解の上お振込みくださいますようお願いいたします。

●持ち物
 筆記用具、(必要に応じて)ご自身のお飲み物、体温調節できるものなど

●主催
 フラワーエッセンスの魅力|スペースハナ

●ウェブ講座運営
 ナチュラルメディスン研究所

●後援
 フラワーレメディー・プログラム・ジャパン

ー・-・-・-ー・-・-・-ー・-・-・-

◆下北沢のリアル講座へのお申込み >>

◆ウェブ講座の詳細・お申込み >>
ー・-・-・-ー・-・-・-ー・-・-・-
Thank you.
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ